【日曜に読む傑作選】目の前でキス、2千通のメール。浮気クセの夫をそれでも好きと言うワケ


テレフォン人生相談 2011年9月16日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女40歳 夫40歳 長女高2 長男中1 4人暮らし

今日の一言: 愛と執着を間違えないこと。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、最初に年齢を教えてください。

相談者:
40歳です。

加藤諦三:
40歳。
結婚はしてます?してません?

相談者:
してます。

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
40です。

加藤諦三:
40歳。
お子さんは?

相談者:
と、2人います。

加藤諦三:
何歳でしょうか?

相談者:
と、中2と、高2です。

加藤諦三:
高2。
はい、で、男の子、女の子は?

相談者:
下が、男。

加藤諦三:
はい

相談者:
上が女の子、になります。

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
とお、旦那が、

加藤諦三:
うん

相談者:
浮気をして、いるんですね。

加藤諦三:
あ、今、

相談者:
それが・・

加藤諦三:
今、浮気してるところ?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、い、2回目なんですよ。

加藤諦三:
2回目?

相談者:
はい

加藤諦三:
今、浮気してる相手はどういう人ですか?
ね、年齢とか、結婚してるとか、結婚してないとか。

相談者:
いやあ、わ、全く分からないんですが、大体想像は、つきます。

加藤諦三:
全く分からないで、

相談者:
はい

加藤諦三:
浮気してるということだけは確実なんですか?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
な、何で、浮気してると確信したの?

相談者:
えっと、1週間前に、

加藤諦三:
ええ

相談者:
見覚えのない、携帯電話、他社の電話を、持ってるのを見かけ、見つけたんですよ、車の中から。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、それを、見てしまったんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、分かったんですよ。

加藤諦三:
ああ・・
なんかメールかなんかが?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
どんなメールだったんですか?

相談者:
と・・「一緒になろう」、とか。

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
それ、それ契約しているのが、

加藤諦三:
ええ

相談者:
3か月、前、ぐらいなんですよね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
で、その時期って、と、ちょっと、大喧嘩をしてしまって、

加藤諦三:
うん

相談者:
それをきっかけに、と、深まったのではないか?と。

加藤諦三:
なるほどね。
そうすると・・

相談者:
あと、

加藤諦三:
はい

相談者:
「子供を作ろう」とか、

加藤諦三:
はいはい

相談者:
「欲しい」とか、

加藤諦三:
はい

相談者:
「生理の臭いつけちゃってごめんね」とか、

加藤諦三:
はい

相談者:
内容がもう、凄い、ですね。

加藤諦三:
うーん・・
それが、もう、いくつも入ってるんですか?

相談者:
そうです。
凄い、ほんと3か月ぐらいの間なんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
もう、2000ぐらいが入ってますね。

加藤諦三:
ええ!?

相談者:
もう頻繁だっていうことなんですよね。

加藤諦三:
2000ていうのは凄いですね。

相談者:
2000通って言うんですかね、はい。

加藤諦三:
はい

相談者:
その前から、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか、薄々、いるのではないか?っていう、のは感づいてはいたんですけど。

加藤諦三:
はい。
薄々ってのは何で、わ、感づいたの?

相談者:
えっと、1回目に浮気された、時と、同じ症状になったんですね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
その1回目の浮気というのは、10年ぐらい前でして、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、5年ぐらいで終わったんだと思います。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、その頃から、あの・・旦那の、

加藤諦三:
はい

相談者:
携帯電話鳴った時に、「取ってくれ」って言われて、私が出てたりとか、できたんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
それが、3年ぐらい前から、

加藤諦三:
ええ

相談者:
携帯を、はん、肌身離さず持ち歩いて、

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
とか、あと、私が出ること、ができなくなったんです。
で・・

加藤諦三:
これは10年前もそうだったというこ?

相談者:
そうだったんです、はい。

加藤諦三:
うん、はい

相談者:
同じ症状なので、これはちょっと同じだから、と思いまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
感づいてはいたんですが、

加藤諦三:
うーん

相談者:
それが、

加藤諦三:
うん

相談者:
1回「飲みに行く」と言って、

加藤諦三:
うん

相談者:
朝も帰ってこなく、その、夕方に帰ってきたりとか。

加藤諦三:
うーん

相談者:
それを追及した、3か月前に、大喧嘩になりまして(笑)

加藤諦三:
あ、その、要するに、大喧嘩の原因ていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
浮気いー、

相談者:
はい

加藤諦三:
が、あった、なかったということですね?

相談者:
はい、で、ほんに・・

加藤諦三:
それで、その時に、

相談者:
はい

加藤諦三:
夕方、例えば、帰ってきて喧嘩になった、

相談者:
はい

加藤諦三:
で、その時、ご主人は、認めたわけ?

相談者:
いえ、「いないから」って言いました。

加藤諦三:
はーん・・

相談者:
でも、その私、「いないから」って言われて、でも、ちょっと不安なので、

加藤諦三:
はい

相談者:
たまたま見つけてしまった電話があって、

加藤諦三:
はい

相談者:
でも、これを追及して、

加藤諦三:
ええ

相談者:
本人に、会ってしまったら、

加藤諦三:
はい

相談者:
10年前に、私、浮気相手に会ってしまったんですね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
2人でいるところを。

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、私を目の前にして、2人が、キスをし、抱き合ったんです。

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、それをきっかけに、もう、堂々と付き合うようになったので、

加藤諦三:
ええ

相談者:
これは、メール見ても、

加藤諦三:
ええ

相談者:
会ってはいけないな、知らない振り、で、いような、いた方が良いなと思って、今は我慢はしているんですけど、どうしたらいいのか・・

加藤諦三:
そんな、が、我慢していて、夜寝られますか?

相談者:
寝れないですねえ。

加藤諦三:
寝れないですねえ?

相談者:
でも、また、堂々と、平気で付き合ってしまわれたら、私もちょっと辛いので、それだったら、知らないで付き合われた方が良いのかな。

加藤諦三:
うーん

相談者:
あの、分かったと同時に、殴られてアザになったこともあるので(笑)、それがちょっと・・

加藤諦三:
あ、じゅ、10年前?

相談者:
そうですね。
あと、この前の大喧嘩の時もちょっとありまして、それも、あるので・・我慢は、して、いるのですね。

加藤諦三:
あー・・
そうすと、あなた、ご主人といて、

相談者:
はい

加藤諦三:
まあ、こういうようなアザ、が出来るほどっていうと、あんまり寛げないわけね?

相談者:
・・いえ、んー・・そんなことはないんですよ。
一緒に、いられるんですね。
普通に、接して、くれ、るというか

加藤諦三:
はい・・

相談者:
子供の前の体裁上かもしれないんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
と、一緒に買い物に行ったりとかはするんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
うーん、だけども、あの・・この前、「メールのあなたは好きだけど、お前自体は嫌いだ」と。

加藤諦三:
うん

相談者:
ということは、形上(かたちじょう)ってことなのかな?って思いました。

加藤諦三:
ん?
て、あなたと会ってない時には、あなたが好きだけども、

相談者:
はい、うん

加藤諦三:
実際に、目の前にあなたが来ると、あなたが嫌いっていうことです?

相談者:
あ、そうですね。

加藤諦三:
そういうことですか?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
あー

相談者:
「安らげない」

加藤諦三:
「安らげない」と?

相談者:
「早く、別れてくれ」

加藤諦三:
「早く別れてくれ」と。
あ、今そうすと、もう、離婚の要求は出てるわけですか?

相談者:
一時期、ありました。
あの、大喧嘩した時に。

加藤諦三:
ていうのは、大喧嘩って、3か月前には「別れてくれ」はあったっていうこと?

相談者:
凄かったですね、毎日のように。

加藤諦三:
「別れてくれ、別れてくれ」って言われる?

相談者:
はい。
離婚届を、車に忍ばせてるのは、

加藤諦三:
ええ

相談者:
発見しました。
だけど、私の目の前には、出してないです。

加藤諦三:
うーん、なるほどねえー・・
で、今日のあなたの相談ていうのは?

相談者:
別れたくはない、というのと、この先どうしたらいいのか?と。

加藤諦三:
いうことですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
その、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、女の方に対して会った方が良いのか?旦那に追及した方が良いのか?どうしたら良いのか?

加藤諦三:
はい

相談者:
ていうことですね。

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日は、あの、スタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。