【日曜に読む傑作選】モテそうだったバツ2女とのトンデモ結婚生活。支えは僕を庇う犬


テレフォン人生相談 2011年9月28日 水曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 初婚の男51歳 再々婚の妻50歳 結婚3年目 妻の連れ娘31歳と3人暮らし

今日の一言: 自分を恐れてる人は何をやっても上手くいきません。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?
もし・・

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい

相談者:
こんにちはあ。

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、すいません。

加藤諦三:
最初に、年齢を教えてください。

相談者:
とお、51歳ですね、はい。

加藤諦三:
51歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
結婚して、3年ですね、はい。

加藤諦三:
3年ですか。

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
で、奥さん何歳ですか?

相談者:
今度50なります、はい。

加藤諦三:
50歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、再婚かなんか、なさってんですか?

相談者:
再、々婚で。

加藤諦三:
あなたが再々婚?

相談者:
私が、初婚なんです。

加藤諦三:
あなたが初婚?はい。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでえ、50歳の奥さんが再々婚?

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
1人ですね、はい。

加藤諦三:
1人?
あなたあ、達の、お子さんですか?
それとも・・

相談者:
いや、もう、前の、の・・

加藤諦三:
あ、そうですか。
それでその、1人っていうお子さんは?

相談者:
あのお、娘で、31歳ですね。

加藤諦三:
31歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
ということは今、一緒には暮らしてないの?

相談者:
一緒に暮らすよう、なってます、はい。

加藤諦三:
あ、3人で暮らしてんですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
はい。
あのおー、ですね、結婚して、当初で、彼女の方が、病気になりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、ま、ちょっと神経的な、病気なんですけど。

加藤諦三:
結婚当初して、すぐになったということですか?

相談者:
そうですね、はい。
なんか病気的には、なんか、こう、いろんなストレスの、ま、例えば離婚とか、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、怪我とか、で、なる病気みたいなんですけど。

加藤諦三:
はい

相談者:
それとあと、元々、見た感じはこう、凄い可愛い人な、っぽいんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
やっぱりこう、性格がかなり、キツイ感じなんで、

加藤諦三:
キツイ?うーん。

相談者:
私はどっちかと言うと、こう、穏やかな方で(笑)、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、ちょっと、彼女がもう一方的に捲し立てられちゃうと、

加藤諦三:
はい

相談者:
もう何も言えない状況で。

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
で、逆に黙ってると、どんどん、どんどん責められて、しまう方なんですね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
でえー、実際まあ、なかなか、ちょっと、歳がいった者同士だったんで、上手く、初めもいかなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
会話も、上手く成り立たなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
今、犬が一応、なんか、仲を、取り持ってもらえるような感じなんですけど。
で、娘、が、

加藤諦三:
はい

相談者:
ああ、私を庇ってくれると、こう、「あ、あなたばっかり庇って」とか、娘の方、にも、いってしまうんで。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえー、当初、その娘もなんか、リストカットしたりして、「あなたがしっかりしないから」って(笑)、こう、凄い、逆に、私は責められてしまったんで。
でえー・・

加藤諦三:
要するに、お嬢さんがリストカットをしたのは、あなたが原因ということですか?

相談者:
多分2人の、こう、喧嘩って・・喧嘩っていうか、もう一方的にやられてたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、そういうの見て、「仲良くしてよ」って感じで、

加藤諦三:
うーん

相談者:
こう、リストカットしてしまったんで。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。
まあ、そういうことと、あとですね、うちの方の、あの、母の方が、まあ、別のとこに住んでまして、怪我してしまって、で、いろいろ、

加藤諦三:
はい

相談者:
介護のこととかも、手伝ってくれたりしたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
当初はあのお、退院とかそういうのが、急に決まっちゃったんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
私がそれを、病院でいないなって始めようとしてて、もう、見るに見かねていろんなことを手伝ってくれたりしたんですけど、ただそれがストレスになって、やっぱり、こう、「あんたがしっかりしないん、から」ってことで、殴る蹴るとか(笑)、もうそれが2、3か月続いたんですよね。

加藤諦三:
あんたが怪我する程度、殴られるの?

相談者:
そうですね。
ボールペンの先っちょ、とか、あとハサミで1回(笑)、あの、小さなハサミなんですけど、あの、やられそうになって、手首を止めただけなんですけど、

加藤諦三:
ええ・・

相談者:
そしたら、彼女の方が、アザに、なってしまったんで、「暴力だ」って凄いなんか、ねえ、いろいろ話になったりして。

加藤諦三:
彼女がハサミを持ってあなたを?

相談者:
はい

加藤諦三:
刺そうとした。
それを止め、ようとして?

相談者:
はい

加藤諦三:
彼女の方がアザんなったの?

相談者:
はい、まあ、手首を持ったりしたんでね、それで「離せ」ったら「離さない」って私、言ったりしたんで。

加藤諦三:
んー、はいはい。
それで、彼女はその、今、病院に通ってるわけですね?

相談者:
当初、病院、何軒か通ってたんですけど、やっぱりそこと、上手くいかなくて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
その先生とも、なんか、治療方針が合わなくて。

加藤諦三:
ええ

相談者:
でえ、やっぱり、結構、しつこい、方なんですよね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
そうすと、向こうの病院に、何回も何回も掛けさせて、逆に、向こうの先生から「営業妨害じゃないか」ってことで、逆に怒鳴られちゃったぐらいで(笑)、何軒かそういうのがあって。

加藤諦三:
うーん

相談者:
で、今の病院は、結構、上手く、いくようになって、

加藤諦三:
うーん

相談者:
何とか、今病院を、通ってて、少し逆に、

加藤諦三:
うーん

相談者:
良くなりつつあるんですけど。
やっぱりこう、潔癖症なんですよね。

加藤諦三:
ええ、ええ

相談者:
私はどっちかと言うと、こう、だらしない性格なんで(笑)、

加藤諦三:
ええ

相談者:
私の存在自体でもストレスみたいなんですよね、いろいろ。

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
でえ、当初、彼女の方も離婚とかいう話も、少しは、思ってたらしいんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ね、もう、わたし的にですけど、庇いはしないんですけど、お母さん(に)も良くしてくれるし、何となく、そういう踏ん切り付かなくて。

加藤諦三:
踏ん切りって何?
離婚の踏ん切りですか?

相談者:
まあ、まあそうですね。
で、今、どっちかと言うと、少し穏やかになってきたんで。

加藤諦三:
ええ

相談者:
まあでも、心は揺れますけどね、いろいろ、しょっちゅういろんなことがあった、あるんで。
ええ、「実際、もっと、上手くいくには何かあんのかな?」と思って。

加藤諦三:
うーん。
で、要するに、最初からあのお、あなたは彼女のことを、まあ、可愛い、だけど、結婚してみて、分かったのは、キツかったっていうことですよね?
それはあの、第一印象がとってもにこやかだっていうことですか?

相談者:
第一印象、全然にこやかで、あの、普段の時でも、

加藤諦三:
うん

相談者:
そんなに、あえて、なんか、こう、甘えた感じなんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ちょっとでもなんか、言葉尻とかいろんなことがあると、もう、

加藤諦三:
ええ

相談者:
スイッチが入ったようにこう、昔のこととから言い出して。

加藤諦三:
でえ、その第一印象のとこで言うと、第一印象は笑顔です、か?

相談者:
第一印象笑顔で、なんかもう、

加藤諦三:
ですね?

相談者:
あの、年相応よりも、もっと、10年、20歳ぐらい若いような感じに見える感じで、もう、モテるような感じですよね、凄いね。

加藤諦三:
うーん・・
ま、基本的に凄いナルシストで、あの、自己中心の人なんだと思いますけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた自身もなんか振り返って、いろんな、辛いこととか、いろんな、いろいろ、今までの人生であったわけですか?

相談者:
そうですね、あのお、子供の、と、もう、分かん、時期から、親が離婚して、

加藤諦三:
うーん

相談者:
でえ、あと、親が結核になっちゃったんで、

加藤諦三:
うん

相談者:
小学校は、までは、叔父さんに、養子として育てられたりして、

加藤諦三:
あー

相談者:
中学校から、一緒お、に、住むようににはなったんですけど。

加藤諦三:
うーん。
いや、大体2人の、

相談者:
はい

加藤諦三:
は、分かりました。
それで今日のあなたの相談てのはどういうことですか?

相談者:
離婚ってわけは、今ちょっと、考えを、改めるってわけじゃないんですけど、そう思ってなくて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
今後ね、僕はどういう努力すれば、こう上手く、もっといくのかな?と思って。

加藤諦三:
そうすると、あなたあ、としては、「もう離婚しますか?」って言うと、「いや、するんだけど、しない」っていう話になって、「しないんですか?」って言うと、「いや、したい」っていう話になるから、

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに自分、でも自分が何を望んでるか分からない?

相談者:
そう、ですね。
でも、ま、いろいろなこと考えると、ま、なるべく、離婚をしないで、実際、上手くこう、で、のお、ことを考えてんですけどね。

加藤諦三:
うーん。
要するに、あなた自身、既にもう、ずうっと努力してきてんだよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
一生懸命努力してきたんだけど、思ったような、期待したものが、自分に返ってこないってことでしょ?

相談者:
いや、別に自分に返ってこないってわけじゃないんですけどね。
それは思ってないです(笑)

加藤諦三:
ん?うーん。
なんか自分のために、自分、あの、きっちり色んなことを要求するってのは、なんかもう、悪いことのように感じてんだね?

相談者:
はい

加藤諦三:
今のあなたね?
なんかその、叔父さんに、あの、のとこに預けられてた時も、いろんな辛いことがあったの?

相談者:
まあでも、比較的、辛いってのはまあ、ね、そんななくて、結構まあ、大事には育てられたと思うんですよね。

加藤諦三:
あー・・
あの、人を悪くう、

相談者:
はい

加藤諦三:
言えないのね、あなたね。

相談者:
そうでしょう、かね、はい。

加藤諦三:
どうしても人を、良く言うんだけど、

相談者:
はい

加藤諦三:
何でそんなに、人のことを良く、言うんだろ?
今までこんな、いろんな辛いことがあったのに。

相談者:
はい

加藤諦三:
ほんとの自分が怖いんでしょ?

相談者:
よく分かんないですね、それ(笑)

加藤諦三:
ほんとの自分が怖いと、なると、自分に、怯えたままこの事態、解決できないよね?

相談者:
はい・・

加藤諦三:
今、誰が一番嫌い?

相談者:
やっぱ、誰も、嫌いってわけじゃないですけど(笑)

加藤諦三:
じゃ、誰が好き?

相談者:
いないっていうか、まあ、母親と犬とか、ですね。

加藤諦三:
犬が好きか・・

相談者:
庇ってくれますからね、犬が。

加藤諦三:
うーん

相談者:
あのお、僕とかちょっと、ちょっかい出そうとするとなんか、庇ってくれたりしたんで(笑)

加藤諦三:
うーん。
小さい頃から誰も庇ってくれなかったんだねえ?

相談者:
・・

加藤諦三:
今、一番心の支えは犬だ。

相談者:
そうですね(笑)

加藤諦三:
犬がいなかったら生きてかれない?

相談者:
はい

加藤諦三:
分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はスタジオに、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
いろいろ伺ってみてください。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。