【日曜に読む傑作選】アラ還女「ジグソーパズルの最後のひとかけらが彼だった」


テレフォン人生相談 2011年11月24日 木曜日

少しの過ちだけで終わったダブル不倫。
相手は同僚で每日顔を会わせる。
未練が断ち切れない。

パーソナリティ: 市川森一
回答者: 高中正彦(弁護士)

相談者: 女59歳 夫58歳 二人暮らし 長男38歳 長女35歳 次男33歳 子どもはそれぞれ独立して家庭を持っている

スポンサードリンク

市川森一:
もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、こんにちは

市川森一:
ご相談者のお年を・・

相談者:
はい

市川森一:
お伺いしてもよろしいですか?

相談者:
はい。えー59です。はい

市川森一:
えーご家族は?

相談者:
えー主人が、58です。

市川森一:
はい

相談者:
子どもが、

市川森一:
はい

相談者:
男、女、男で、えー、38と、35と、

市川森一:
はい

相談者:
33

市川森一:
はあ

相談者:
それぞれえ、結婚して、

市川森一:
うーん

相談者:
別の場所におります。

市川森一:
えー、そうすっと今は、お二人暮らしですか?

相談者:
そうです。

市川森一:
うん・・さあ、

相談者:
はい

市川森一:
もう、おー、お二人暮らしの中で一体どういう・・

相談者:
はい、あのおー・・

市川森一:
問題が起きたんでしょう?

相談者:
わたしが、

市川森一:
はい

相談者:
気やすく言って不倫ですね。あの・・21歳下の男性と、

市川森一:
はい

相談者:
・・は(わ)、間違いがありまして。

市川森一:
うん

相談者:
・・うん、でもまあ、笑っちゃうぐらい短い間に終わって・・2ヵ月ぐらいの間のことなんで、

市川森一:
ええ

相談者:
それはあ、もう、泥沼になるのを・・が、目に見えてるから止めよう、ということで、

市川森一:
うん

相談者:
終わりになったことで、

市川森一:
うん

相談者:
で、えー、職場のおー・・同僚です、から、

市川森一:
うん

相談者:
毎日顔を合わせるんですけども、

市川森一:
うん

相談者:
普通に仲のいい・・いー、二人でいい、いいだろう、という・・ことで、

市川森一:
うん

相談者:
と向こうが言って(笑)・・向こうが言って終わりに、なりまし・・

市川森一:
うん

相談者:
たけども、自分の心の整理が付かなあ・・い、く、なくて、

市川森一:
うん

相談者:
ま、未練ていうんですね。

市川森一:
うん

相談者:
未練です。

市川森一:
うん

相談者:
うん、でえ・・そのお、どう整理したものか?、あの・・ん、どうさっぱり・・さっぱりくっきりした、らいいか?

市川森一:
うん

相談者:
というところで。

市川森一:
なるほど。

相談者:
お電話しました。

市川森一:
えーっとお・・彼え、は、あー、家庭は持ってない?

相談者:
えっと、あ、結婚してます、もう、8い、年ぐらい前・・で、子どもいない・・

市川森一:
子どもがいない夫婦で。

相談者:
いない、夫婦、お二人です、はい

市川森一:
うん・・それでまあ、ちょっと・・おー、弾みで・・2ヵ月ぐらい・・

相談者:
フッ
・・はい

市川森一:
不倫しちゃった?

相談者:
ああ、弾み・・そうですね。

市川森一:
ええ

相談者:
弾み・・

市川森一:
うん

相談者:
ていうか、はい

市川森一:
「終わらせよう」と言ったのはどっちの方?

相談者:
向こうです。

市川森一:
向こうがね。

相談者:
ええ

市川森一:
彼は、

相談者:
はい

市川森一:
のことは、ご主人は知ってるんですね?

相談者:
両方とも知らないです。

市川森一:
え?

相談者:
向こうの奥様も・・主人も・・

市川森一:
うん

相談者:
あのお、それぞれのことを知らないです。

市川森一:
あー、その関係は全くほんとに二人だけの・・

相談者:
ほんとにそうです。

市川森一:
うーん

相談者:
例えば、あの、携帯を覗くとか、そういう人じゃないし。

市川森一:
うんうん。
でサバサバとして・・

相談者:
サバサバできたらいいんでしょうけども、それが・・なんて言うんだろ、凄く青臭いんですけどお・・

市川森一:
うん

相談者:
嫉妬心があったりい・・何かあるっていうことじゃなくて、事務所の、経理の人と話(はなし)して・・るようなのもお、

市川森一:
うん

相談者:
やきもち焼いちゃったりとかっていうのが、自分で・・嫌だっていうか。

市川森一:
ふーん

相談者:
さっぱりで、スッキリできれば・・したいと、思ってはいるんですけど・・

市川森一:
うーん

相談者:
そんなの時間が・・解決するしかないのかな?とも思うんですが。

市川森一:
うーん

相談者:
あは(苦笑)

市川森一:
これ・・やっぱりい・・こう久しぶりに、燃えましたかねえ?

相談者:
本人にも言・・言ったことあるんですけどお、

市川森一:
うん

相談者:
主人に不満があるとかじゃなくって、

市川森一:
うん

相談者:
一番最後の、ジグソーパズルの一番最後のひとかけら、これが欲しかったんだけど。その欲しい物を持っていると。

市川森一:
・・うーん

相談者:
その相手がですね。

市川森一:
うん

相談者:
持っていたと。

市川森一:
うん

相談者:
・・でも、その、ん・・それが、ないと、完成、できない・・大事な一つだったんだっていう感じで・・あの・・

市川森一:
うーん、何か文学的ですね、それ・・

相談者:
いやいや、そんなことないけど、

市川森一:
んふふ(笑)

相談者:
主人ん、と、よくう・・そんなことでえ、も、あの、言い合いになったり、する事もあるんですけども、

市川森一:
うん

相談者:
例えばあ、相手の事をお、食事して、こ、「これが美味しい」とか・・

市川森一:
うん

相談者:
言ってくれたりい、うん、そういう事を言って欲しいタイプなんですけども、

市川森一:
うん

相談者:
そういう・・わ、悪気なくって、そういう事の出来ない人なんですね。

市川森一:
うん

相談者:
ま、昔の、男の人っていうか。

市川森一:
うーん

相談者:
うん、それで・・そういう事の出来る子なんですよ。

市川森一:
なるほど。どういう弾みで、そんな風な・・事、が・・

相談者:
あー・・えーと・・あの、物・・あの単刀直入、真っ直ぐに言える人でえ、

市川森一:
うん

相談者:
あのお、みんながこう不満に思ってることを、上司に・・あのお、きちっと・・言えー・・たんですね。

市川森一:
うん

相談者:
そういう事を、みんなこう、グズグズ胸に抱えてるだけだったのが、

市川森一:
うん

相談者:
言えた事を、それまでは別に、あの、い、何人もいるスタッフの中のおんなじ一人だったんですけども、

市川森一:
うん

相談者:
そう、その行動を見てえ・・
「すごいじゃん」みたいな事を、言・・ったのがきっかけで。えー・・

市川森一:
だ、それがこう、男女の関係になる・・瞬間てのはどういう・・

相談者:
ああ

市川森一:
どういうことで?

相談者:
で・・その、相手の子は・・もう、ずっと前からあ、わたしい・・を、ま、こんな、こんな年で、おか、言う、言い方おかしいですけど、
「可愛い」って、言っ、思っててくれてて、

市川森一:
うん

相談者:
でもお、自分は嫌われてるみたいに誤解してた・・

市川森一:
うん、うん

相談者:
うん、らしくて、で・・そのお・・ちょっと、その事で、口を利き始めた事から・・あのお、
「ちょっと飲みにでも行こうか」っていう事でえ、

市川森一:
飲みに行った?

相談者:
ですね。
そんなのがきっかけでえ。

市川森一:
うーん・・は(わ)あ、あなたはよくそれに、こう・・ついて行こうって気になりましたね?

相談者:
食事ぐらい・・のつもりでいたし、

市川森一:
うん

相談者:
#$%◆は、別に・・もう、主人以外絶対あり得ないと思ってましたから。

市川森一:
うーん

相談者:
こ、ほんと、その人にも言いましたけど、

市川森一:
うん

相談者:
そんな事になった時に、

市川森一:
うん

相談者:
あのお・・不倫とかって絶対にあり得ないと思ってたって。

市川森一:
うーん

相談者:
世の中にいっぱいに、夫婦、色んな形見てますけども、

市川森一:
うんうん

相談者:
自分に関しては・・あり得ないと思ってた。

市川森一:
絶っ対、不倫なんかするわけがないとね?

相談者:
するわけがないというか・・

市川森一:
うん

相談者:
主人が一番だと思ってましたからあ。

市川森一:
ええ、ええ
じゃ、ま、あのお、もうじゃあ、もう結婚前も・・結婚後も、もう男性は、ご主人しか知らなかったんですね?

相談者:
あ・・そうですね。

市川森一:
と言ってもいいくらい?

相談者:
そう、その通りです。

市川森一:
うん・・そうすっと、ほんとに生涯に二度目の・・

相談者:
あっは(笑)二度目の、ハイ。

市川森一:
うーん

相談者:
はは(笑)

市川森一:
どうでした二度目の感じ?

相談者:
いや・・どうもこうも、あのお・・テクニシャンじゃないので、きっとガッカリしたと思ってます。で、おまけに、痩せっぽっちだから、そのことで・・

市川森一:
じゃそれ自体は、あんま、あんまり・・もう、とろけるような・・

相談者:
きっと・・

市川森一:
感じじゃなかったんですね?

相談者:
(苦笑)きっと相手は、ガッカリしてる。うふ(笑)

市川森一:
相手がガッカリした?

相談者:
相手がガッカリして、きっともうこれっきりにしようと思ったんだと思う(苦笑)#$%◆

市川森一:
あはは(笑)そう?
うーん・・でも・・でもそれが・・それっきりにならなかったんですね?

相談者:
・・いえ、あの・・

市川森一:
ま、とりあえず2ヵ月続いたんでしょ?

相談者:
うーんと、最後の2、2回だけです。その2ヵ月の間で、ずっと、そういうことはなかった。

市川森一:
・・ああ、じゃあ・・

相談者:
あの・・

市川森一:
じゃあそういう・・

相談者:
お酒を飲みに行ったりい・・

市川森一:
うん・・あっ、そういうことはあっても・・

相談者:
キスぐらいはしたけどお。

市川森一:
ああ・・そう、そういう、その、例えば、ホテルに行ったりするというような事は・・

相談者:
最後の2回ぐらい。
した・・

市川森一:
さ、2回ぐらいしかないのね?

相談者:
ええ

市川森一:
じゃあ、お互いに・・あんまりそういう事の欲求があるわけではない?

相談者:
・・わたしがもっとこう・・官能的な、人だったら(苦笑)

市川森一:
うん

相談者:
わたしも向こうも・・話は変わってたかもしれない。

市川森一:
うーん

相談者:
と思います。

市川森一:
・・今の話の感じでは・・そんなに58歳のご主人に、もう、もう離婚をしたいんだと。

相談者:
あ、絶対ないです。

市川森一:
ねえ?

相談者:
ええ

市川森一:
あの、そういう事でもない中での・・もう生活も安定して、

相談者:
はい

市川森一:
そして・・そういう、うー、59歳のあなたに30代の・・とても素敵な彼が・・ふわっと現れて、

相談者:
フッ・・でも・・

市川森一:
でもね、こうやって話聞いてて、一体この話がどこへ行くのか見当もつかなくなったので、

相談者:
はい

市川森一:
これから弁護士の高中正彦先生と・・

相談者:
ええ

市川森一:
お話し合いになってみて下さい。

相談者:
お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。