長男を「殺したい」63歳の女。市川森一が大原敬子に反論するの巻


テレフォン人生相談 2012年1月13日 金曜日

パーソナリティ: 市川森一
回答者:  大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 女63歳 パチンコにはまっている長男43歳 次男38歳

スポンサードリンク

市川森一:
もしもし?
テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは。

市川森一:
相談者のお歳を伺ってもいいですか?

相談者:
はい、63です。

市川森一:
はい、ご家族のほうは?

相談者:
ああ、男2人です。

市川森一:
ご主人は?

相談者:
あ、亡くなっています。

市川森一:
そうですか。
お子さんがお2人?

相談者:
はい

市川森一:
ん、おいくつ、おいくつですか?

相談者:
よんじゅう、さん(43)と、

市川森一:
43と、

相談者:
よ、38です。

市川森一:
さんじゅう、うー、両方とも、あの、男のお子さん?

相談者:
男です、はい。

市川森一:
うん。
一緒に暮らしてらっしゃるんですか?

相談者:
は、いえ、次男の、あ・・

市川森一:
それぞれ?
そしたら、

相談者:
はい

市川森一:
今ご相談者は一人、お一人暮らしですか?

相談者:
ああ、はい、そうです。

市川森一:
そうですか。
63歳で。
さて、今日はどういう、心のお悩みでしょうか?

相談者:
あの、すいませんが、長男のことでえ。

市川森一:
43歳の?

相談者:
はい

市川森一:
はい

相談者:
パチンコにはまってえ、借金だらけで、

市川森一:
あら

相談者:
それで、嫁さんと別れて、

市川森一:
うん

相談者:
こっちの家(うち)に、はまり、入り込んでしまったんです。

市川森一:
困りました、43歳ってのは、普通は働き盛りなのにねえ~?

相談者:
・・です。

市川森一:
それでも止めない?

相談者:
はい

市川森一:
仕事は?

相談者:
してるかしてねえか分かんない。

市川森一:
あ~、それで、ま、勿論、お母さんとしては、意見をするでしょう?

相談者:
ええ、そしたら、

市川森一:
うん

相談者:
物を投げたりい、怒鳴り散らすんです。

市川森一:
あ~、怒鳴り散らすんだね~?

相談者:
はい・・

市川森一:
困った息子だ。

相談者:
だから一緒にいるのが嫌で、

市川森一:
はい

相談者:
どうしても家から出て行ってもらいたいんですよ。

市川森一:
ああ、まだ一緒にいるからねえ?

相談者:
はあい。
だから、すごくイライラとなってきてて・・

市川森一:
あ~・・
38歳の次男のほうはどうですか?

相談者:
あ、次男の野郎は、優しくて、

市川森一:
うん

相談者:
農家も出て、ちゃんと、よくやってるのでえ、

市川森一:
あ~、そこがせめてもの救いですねえ?
う~ん

相談者:
ええ、それだけは、たまにい、良かったんですよねえ。

市川森一:
あ、良かったねえ?
こっちは家庭もちゃんとしてて?

相談者:
はい、そうです。

市川森一:
う~ん・・
その次男のほうから兄さんに意見してくれたりは?

相談者:
1回、「お金貯まったら出て行ってくれ」とは言ったようだけどもお、

市川森一:
うん・・

相談者:
その耳が、違う、聞いてる耳、$#*・・

市川森一:
う~ん・・
このパチンコっていうのは、なにしろこれ、中毒みたいなものでねえ~、

相談者:
そう、な~んでって・・

市川森一:
な~かなか、これ・・

相談者:
前も1回、これ、爺さんがね、

市川森一:
うん・・

相談者:
借金で、ほら、利子が利子になるんだけ、って

市川森一:
はい

相談者:
1回払ってくれたんですよお。

市川森一:
お~・・

相談者:
それを、味を占めたのか、またやってしまってえ、でもどうしようもなくなってしまって、

市川森一:
う~ん・・

相談者:
私1人で、んだけって、どうすればいいだかなあ?と思って、

市川森一:
ああ・・

相談者:
で、家から出したくて出したくて、

市川森一:
う~ん・・
お母さんは本当に、もう~、やっぱり、追い出したいんですね?

相談者:
はい、そうです。

市川森一:
えー、「はい」って、ほんとに、ほ、本心からそう思ってる・・(笑)

相談者:
はい、ほんとにそうです。

市川森一:
う~ん、よく分かります。
で、今日はあ・・これ、ど、どうすれば・・

相談者:
「これ、どうして・・うん・・家から出てってもらえるのかなあ?」と思って。

市川森一:
う~ん・・少おし、いろいろ、お互い知恵を出し合ってみますか?

相談者:
はい、すいません。

市川森一:
この時間にねえ?
う~ん・・

相談者:
お願いします。

市川森一:
幼児教育研究のねえ、

相談者:
はい

市川森一:
大原敬子先生と、

相談者:
はい

市川森一:
じっくりお話し合いになってみてください。

相談者:
はい、すいません。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。