伝説の大学院生の女。猫を引き受け袋小路。自分への怒りが他者に向く


テレフォン人生相談 2012年7月23日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者:  マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女22歳 猫に餌付けしている近所の女70歳

今日の一言: 憎しみは、変装が上手い。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもしい?

加藤諦三:
テレフォン人生相談です。
もしもし?

相談者:
お世話になりますう。

加藤諦三:
はい、最初に年齢を教えてください。

相談者:
22歳ですう。

加藤諦三:
22歳?

相談者:
はい

加藤諦三:
まだ独身ですね?

相談者:
勿論です。

加藤諦三:
それで、えーと、今あ、お父さんお母さんと一緒に住んでんの?

相談者:
いえ、えーと、シングルライフです。

加藤諦三:
一人で?

相談者:
はーい

加藤諦三:
でえ、働いてんですか?
学生ですか?

相談者:
大学院生です。

加藤諦三:
大学に、通ってる・・

相談者:
(ムッとして)
大学、院生!

加藤諦三:
はい、分かりました。
え、兄弟は?

相談者:
いません。

加藤諦三:
一人っ子?

相談者:
はあい。

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どういった、相談ですか?

相談者:
あのお、ちょっと、皆さんと比較して、あのお、軽い、悩みかもしれないんですけれどもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
私い、今、えっと、大学院生だから、あの、時間があ、比較的、あるんですねえ?

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、あのお、アルバイトとかも特にしてないのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
自由な時間が、あるので、悠々自適に、まあ、比較的、一般の方と比べて、生活、してるんですけれどもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
ご近所の独居老人の方が、70歳、で、

加藤諦三:
はい

相談者:
過ぎぐらいの、独居老人の方が、近くにお住まいなんですね。
お一人暮らしで。

加藤諦三:
70歳?

相談者:
(ムッとして)
70歳!
・・でえ、その方が、えっとお、猫を、大変、愛猫家の方で、猫が好きな方でえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、あのお、野良猫ちゃんたちが、あのお、身寄りのない猫たちが、不憫だっていうことで、餌付けをお、もう20年近く前から、されてらっしゃる方なんですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
で、その方が、えっとお、お身体を悪くして、でえ、長期入院が必要だということで、
「1か月半ぐらい、あのお、即、入院が決定されて、迷惑だったら断ってくれてもいいんだよ、けど、良かったら、引き受けてくれるかしら?」
みたいな、相談を、やんわりされたんですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
で、あたしい、そんなに、あの、深く、考えないで、あのお、軽い気持ちで、「あ、じゃあ、猫ちゃんのためになるなら」っていう、ことで、飼い猫も、その中に2匹、含まれてるみたいなんですけれども。
でえ、その、歩いて5分と、歩いて10分のところにも、点々と、あの、合計3か所、その人のお家(おうち)の付近も含めて、お食事を運ぶことに、今、なってて、毎日欠かさず、ほぼ毎日やってるんですけれどもお。

加藤諦三:
はい

相談者:
あ、毎日、あのお、自宅で、あの、お粥を作って、人肌に冷まして持って、子猫ちゃんも含まれてるので、なんか、えっと、袋に、大きい袋に入って、市販されてるあの、ドライタイプのキャットフードとか、あったりするじゃないですか?

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そのお、ふた、2袋分、大きな2袋分、預かってて、私がそれを、あの、ご近所の方にもあんまり、評判が、猫に、餌付けしてって、野良猫に餌付けしてるという、状態で、あの、あんまり評判が悪くなる、人目を忍ぶようなかたちでえ、夜中に、あのお、人が寝静まった、時を見計らって毎日、お食事を運んでるんですけどお、それがなんか、ちょっと、あの、3週間目、4週間目になってくると、ちょっと負担になって、きてしまって、昼夜逆転の生活に、に、なってしまって、最初のほうは、あのお、んん、軽い気持ちで引き受けて、難なくやってたんですけど、彼女との電話で、1週間に何回も1時間とか30分とか、お話(はなし)してるうちに、彼女のなんか、その、今後の、も、年齢も年齢ですし、あの、猫ちゃんたちも毎年毎年、数匹生まれてるような状態で、まあ、死んでいく猫ちゃんとか、行方不明になっていく猫ちゃんとかもいっぱいいるんですけど、合計、彼女が餌付けしてる、猫が、合計、20匹以上に達してるみたいでえ。
それで、
「じゃ彼女が、あのお、身体が自由が利か、利かなくなったときに、その猫ちゃんたちどうするんですか?」
って聞いたときに、
「それはもう、路頭に迷うしかないですね」
みたいな、そんな、投げやりな言い方で、あたし、その、彼女の、なんか計画性の無さとかに、軽い気持ちで私もお食事、係を引き受けてしまったんですけど、彼女のなんか、そういう、性格とか人格とかあ、一切、し、存じ上げなくて、引き受けてしまって、でえ、なんかご近所との、トラブルもほとんど、その、野良猫が死んだとか野良猫が、なんか、その糞尿と、の始末とか、それが、すごく精神的、体力的に負担になって、一旦引き受けて、も、あのお、今季節も季節で、脱水症状とかの、んと、野良猫とはいえ、命に関わる問題なので、ちょっと途中で、放棄するわけにもいかなくって。
ちょっと、彼女に対する、なんか、ん~、不誠実さも感じるんですけど、かと言って、あのお、殺処分だけは、私も避けたい、そこだけは、い、彼女とは一致してるんですけど、これからどんな風に、彼女に、説得するべきか?
で、野良猫に餌付けを、し続けて、私はなんか、良いことをしてるのか?慈善活動をしてるのかあ?反社会的行動なのか?ちょっと迷ってしまって、あの、ご相談さしていただきたかったんですけど。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、今日はスタジオにですねえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。