離婚相談で無意味に笑う女48歳。自分の無計画を棚に上げ夫を嘆く


テレフォン人生相談 2012年10月12日 金曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 高中正彦(弁護士)

相談者: 離婚を考えている女48歳 夫53歳 長女10歳 長男8歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?
テレフォン人生相談です。

相談者:
はい。
あ、はい。

今井通子:
はい

相談者:
すみません。

今井通子:
はーい

相談者:
えー、お願いします、こんにちは(笑)

今井通子:
はい、こんにちはあ。

相談者:
はい

今井通子:
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あのお、これからの自分の、予定なんですが、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、再来年に、主人と離婚をして、

今井通子:
はい

相談者:
子供を、自分が引き取って、

今井通子:
はい

相談者:
あの、自分の、親と、

今井通子:
はい

相談者:
一緒に暮らしたいっていうことを、考えているんですが、

今井通子:
はい

相談者:
それにあたって、どういう風になっていくかな?っていう、ところの不安、を、お聞きしたいなと思っているんですが。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
あなたおいくつ?

相談者:
48歳です。

今井通子:
48歳。

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は?

相談者:
53歳です。

今井通子:
53歳。

相談者:
はい

今井通子:
お2人共、働いてらっしゃるの?

相談者:
はい、自営業です、はい。

今井通子:
自営業は、お2人でやってらっしゃるの?

相談者:
そうです。

今井通子:
はい。
で、えー、お子さんは?

相談者:
女の子が10歳と、男の子が8歳の2人です。

今井通子:
で、その、

相談者:
はい

今井通子:
まず、再来年に離婚って決めてらっしゃる、その、離婚の原因は何?

相談者:
あ、原因は経済的い、な不安ですね。
あの、「このままいっても、」

今井通子:
はい

相談者:
「経済的に成り立たないだろう」、と、私は思っている、ものですから、

今井通子:
はい

相談者:
それであれば、離婚したところであのお、私は無職になるんですが、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、その方が精神的にも、良いんじゃないかな?と思って、考えているんですが。

今井通子:
で、ご主人の方は、

相談者:
はい

今井通子:
その再来年の、離婚に関しては、

相談者:
はい

今井通子:
お話し合い済んでんの?

相談者:
え、とりあえず自分の方の気持ちは、その都度、あの、言っているので、そ、それは告げてはいますが、同意はしてはいないです。

今井通子:
あ、同意はされてないのね?

相談者:
はい

今井通子:
はい。
あなた自身が、そうすると、

相談者:
はい

今井通子:
お子さんを、連れて出ようとしてらっしゃるわけよね?

相談者:
はい

今井通子:
で、経済的には、収入は無くなっても、今までの貯蓄でやっていけるっていうこと?

相談者:
うーんと、そこも難しいんですが、

今井通子:
うん

相談者:
えー、とりあえずは仕事を見つけて働きたいなと、

今井通子:
ああ、なるほど。

相談者:
いうところです。

今井通子:
はい。
何かあれですか?
腕に職、ありなの?

相談者:
いや、ないです。

今井通子:
ない?

相談者:
ない。

今井通子:
随分じゃあ、思い切ってますね?

相談者:
はい

今井通子:
何か原因があるの?

相談者:
このままでは生活が成り立たないので、あの・・(笑)

今井通子:
いや、だって、このままでは、

相談者:
ウフフフフ(笑)

今井通子:
生活が成り立たないのに、今度は無職になって、仕事探して、生活成り立つ自信はどこにあるんだろう?

相談者:
ウフフフフ(笑)

今井通子:
フフ(笑)

相談者:
そうなんですが、こ、こ・・あの、難しいですね、フフフフ(笑)

今井通子:
いや、「難しいですね」って笑ってらっしゃるってことは、なんか、凄い自信ありそう?

相談者:
フフフ(笑)
あー、そうですね、一応、自信はないんですが、フ・・(笑)

今井通子:
このままよりかは良いだろうと?

相談者:
フフフフ(笑)

今井通子:
うん、うん

相談者:
精神的な面でも、えーとー、付いていけない。
主人に付いていけないっていうところですね。

今井通子:
ああ、そう。
あのお、

相談者:
それが原因、ですね(笑)

今井通子:
そうするとお、

相談者:
は、はい(笑)

今井通子:
えー、ご主人が付いていけないっていうことは?
かなり、例えば食費とか何かを、出してもらうのに、キツいの?

相談者:
今までが、あのお、ほとんど、お金を出してもらっていなかったっていうところでしょうかね?

今井通子:
そうすると、ご結婚以来、ずっと、あなたの、お金で、

相談者:
うん

今井通子:
家庭を切り盛りしてたわけね?

相談者:
そう、そうですね。
全部じゃないですけどね。
あの、自分達でかかる分は、子供達とで、

今井通子:
うん

相談者:
自分の分、で、あの、余分にかかる分は、貯金があったり、

今井通子:
うん

相談者:
あのお、自営な、ものだから、ちょっと内職う、のようなことで、やっている分で、お金にして、賄っていたっていうところですね。
ただ、こう、5年前ぐらいに、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、大きな借金があったんですが、

今井通子:
はい

相談者:
えーと、親戚の人に肩代わりをしてもらい、親戚の人に、今、支払っている、ていう状態なんですよね。

今井通子:
ああ。
それどれぐらい?

相談者:
900万、だったかな、1千万いってなかったですね。

今井通子:
はい

相談者:
このお、状態で、本人は、主人は、あ、全然何にも反省していないし、何にも、行き当たりばったりなんだっていう、ところで、

今井通子:
うーん

相談者:
あの、憤りを感じたっていうところですね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
うん

今井通子:
で、要するに、だから、ご主人が何も言ってくれない。
行き当たりばったりで先行きのことは考えてない。

相談者:
考えていない、

今井通子:
うん

相談者:
いや、考えて、まるっきり考えていないわけではないんですが、

今井通子:
うん

相談者:
えとお、仕事の面では、まあ一生懸命やるって言えば、やるんですよ。
けど、

今井通子:
うん

相談者:
だからってゆって、じゃあこれから、2年先はどうする?3年先はどうする?5年先は?子供はどんどん大きくなっていくんだけど、どうする?っていうのは、考えていない、っていうところですね。

今井通子:
うん

相談者:
まあ、考えられないっていうところも、ある、んだろうけどな、とは思うんですけどね。

今井通子:
うん。
で、その、あなたが、離婚する時に、

相談者:
はい、はい

今井通子:
無職の状態で離婚して、

相談者:
はい

今井通子:
あのお、親権取らなきゃなんないんだけど、親権取れると思ってるわけ?

相談者:
分からない、っていうところですね(笑)
そう、そお、の、そっち方面はちょっと明るくないんで、分からないっていうところですが・・でも10年間は、一緒に、居てやりたいっていうとこですね。

今井通子:
うーん。
で、この際だから、その、今ある環境からは、脱して、新しい環境を作ろうっていう、

相談者:
はい

今井通子:
それに対しての、経済的な基盤とか?その法的な問題とかを、今日はですね、弁護士の、

相談者:
はい

今井通子:
高中正彦先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいとは思うんですが(笑)、

相談者:
はい、あは

今井通子:
よろしいでしょうか?(笑)

相談者:
すいません。

今井通子:
先生、お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。