自宅で女性下着を付ける夫に気づいた女40歳の本当の胸の内


テレフォン人生相談 2012年12月4日 火曜日

パーソナリティ: 勝野洋
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女40歳 夫43歳 長女13歳 長男9歳

スポンサードリンク

勝野洋:
もしもし?
テレフォン人生相談です。
勝野洋です。
よろしくお願いします。

相談者:
よろしくお願いします。

勝野洋:
今日は、どんなご相談で?

相談者:
主人が、女性ものの下着いー、といいますか、パンツとか、ストッキングを、ちょっと、着用することが分かりまして。

勝野洋:
あ、女性ものの下着ですか?

相談者:
はい。
それでえー、あ、まあ一度、主人と話はしたんですけども、私の中で、ちょっと、気持ちが、収まらないといいますか、

勝野洋:
はい

相談者:
そういうのがありまして、

勝野洋:
はい

相談者:
で、そういうのを、主人にも、ちょっと、どういう風に伝えていいのか分からないし、自分もどういう風に処理していいのかが分からなくて、ちょっと、お電話を差し上げたんですけれども。

勝野洋:
え、ご主人が女性ものの下着を着用、される、

相談者:
はい

勝野洋:
ていること、が分かったわけですか?

相談者:
そうです。

勝野洋:
どういった経緯で分かったわけですか?

相談者:
3か月ほど前に、

勝野洋:
はい

相談者:
ちょっと掃除をしていたら、主人がいつも、あの、主に使っているパソコンの周りで、女性ものの下着が見つかったんですね?

勝野洋:
はい

相談者:
でえ、「そういうのを、好む、男性もいるんだから」と思って、

勝野洋:
はい

相談者:
その時は思ったんですけども、1か月くらい様子を見て、いたら、主人が趣味の物を片づけてる、物入れみたいのがあるんですけども、

勝野洋:
はい

相談者:
そこに、主人が履いてるはずの下着が、畳んで、しまってあったんですね?

勝野洋:
はい

相談者:
でえ、主人が履いてるはずの下着なんで、「じゃ、他の物を履いてるんだ」っていうことで、そういうものを履いてるんだっていうのが分かったんですよ。

勝野洋:
あの、ご主人の年齢は?

相談者:
ええと、43です。

勝野洋:
43歳。

相談者:
はい

勝野洋:
あなたは?

相談者:
えと、私は40歳です。

勝野洋:
40歳。

相談者:
はい

勝野洋:
それで家族構成は、どういう?

相談者:
子供が2人おりまして、

勝野洋:
はい

相談者:
えと、上が女の子で13歳、それで、下が、男の子で9歳です。

勝野洋:
お2人ですね?

相談者:
はい

勝野洋:
これはまだ、あの、その、見つけたばっかりっていうか、ご主人には確認してないわけですか?

相談者:
あ、いえ、あのお、それで、主人の下着い、が見つかってから、

勝野洋:
はい

相談者:
「私が、何(なん)か見間違ってるんだ」とか思って(笑)、

勝野洋:
ええ

相談者:
1週間様子を見たら、またおんなじ、ことになってたので、

勝野洋:
はい

相談者:
主人の、下着のところにメモ書きで、

勝野洋:
ええ

相談者:
「どういうことなの?」っていう、のを入れて、

勝野洋:
うん

相談者:
そしたら主人が、夜、子供達が寝静まった、後に、話してくれまして、

勝野洋:
はい

相談者:
一応その時に、2人で、話はしました。

勝野洋:
話してくれたっていうのは?

相談者:
えーと、「やっぱり、女性の下着に興味があって、ちょっと履いてみたかったから、履いてみた」みたいなことを言われまして、

勝野洋:
はい

相談者:
で、もう、私もなんかその時、そんなこと言われてもちょっと、受け止められなかったんで(笑)、

勝野洋:
うん

相談者:
「あ、そう」ぐらいで。
でも私の方でも、「ちょっとそういうの、あんまり、良い気持ちがしない」っていう感じのことはい、言ったんですね。

勝野洋:
はい

相談者:
でも、あまり責めても良くないと思ったので、

勝野洋:
うん

相談者:
強くは言わなくて、で、ただ、「子供達にだけは、分からないように、してください」っていうことだけ言ったんですね。

勝野洋:
ああ・・
ご主人は会社員、ですか?

相談者:
はい、そうです。

勝野洋:
奥さまは、何(なん)か、働いてらっしゃる?

相談者:
私は、えと、専業主婦です。

勝野洋:
はい。
ご主人は、いつ頃から、そういう、って言ってらっしゃいました?
どこから・・

相談者:
あ、そこまでは、私には話してくれなかったんですけども。

勝野洋:
あー・・はい。
やっぱり、あのお、止めてほしいですよね?

相談者:
そうですね。
できれば止めてほしいんですけど(笑)
ただ、男の人って、なんかそういう、メンタル的なものが、一番、傷つけられると大変、だって聞いたので、あまりその、

勝野洋:
はい

相談者:
「『止めて』って言うと、本人、のためにもならないのかな?」とも思い、ちょっと言いにくい、なあ、と思って、今いるんですけども。

勝野洋:
うん、うん・・
ご主人が話して、くれたっていう風に言われましたけど、

相談者:
はい

勝野洋:
その時に、例えば、「自分はこういう、まあ、趣味というか、があるから、こう、理解してくれ」とか、そういう、会話はあったんですか?

相談者:
あ、それはなかったです。

勝野洋:
なかった?

相談者:
はい

勝野洋:
だ、「履いてみたかったんだ」みたいなことですか?

相談者:
はい、そうです。

勝野洋:
それだけで終わったんですね?

相談者:
その時の話は、はい、そうです。

勝野洋:
うーん

相談者:
はい

勝野洋:
で、これを止め、うー、もう、基本的には止めて欲しいし、も、元に戻ってほしいってことですよね?

相談者:
そう、ですね。

勝野洋:
その女性ものの下着っていうのは、

相談者:
はい

勝野洋:
ずっと24時間、会社にも?

相談者:
あ、そうじゃなくて、

勝野洋:
はい

相談者:
日曜日の日い、の、昼間だけっていう感じみたいなんですね。

勝野洋:
日曜日の昼間だけ?

相談者:
はい。
だから、朝ご飯食べ終わって、

勝野洋:
はい

相談者:
子供達が、日曜日の、朝、テレビを見てたりするんで、

勝野洋:
はい

相談者:
子供達が見てる、部屋じゃない、別の部屋に、置いてあるんですね、そういう下着、が。

勝野洋:
はい

相談者:
そこで、履き替えて、で、夕方も、もう、子供達が夕方のテレビを見始めて(笑)、別の部屋にいる時に、また、履き替えて、みたいな。

勝野洋:
ん・・

相談者:
だからほんとに昼間の間、だけ、みたいな感じだったんですよ。

勝野洋:
ああ・・
今でもそういう風に、続いてる?

相談者:
あ、今は、とりあえずその話をして以降は、

勝野洋:
うん

相談者:
ないみたいなんですね、

勝野洋:
あー・・

相談者:
そういうことは。

勝野洋:
そうですか。
それじゃあですね、今日は、精神科医の、高橋龍太郎先生がいらっしゃいますので、

相談者:
はい

勝野洋:
その辺のところちょっと、お伺いして、みたいと思います。

相談者:
あはい、よろしくお願いします。

勝野洋:
先生、よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。