一週間でクビになった蕎麦屋のバイト。独女40歳の無理筋な言い分


テレフォン人生相談 2013年1月9日 水曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: パートを1週間経たないでクビになった女48歳 母75歳 2人暮らし

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?
テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし?
よろしくお願い致しまあす。

今井通子:
はい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あのですね、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっとあの、ま、近所の、ですけどね、まあ、自転車で10分ぐらいのとこなんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっとお蕎麦屋さんでアルバイトでえ、ま、店のね?あのお、ま、広告で、ただ、あの、アルバイト募集ってったんで、

今井通子:
ええ

相談者:
お電話して行ったんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、1週間経たないうちに、

今井通子:
ええ

相談者:
ちょっと、「来なくていい」っていう、ま、恐らく解雇ですね?

今井通子:
はい

相談者:
そういうことがあったので、

今井通子:
はい

相談者:
あ、ちょっとお、私も、自分の身に、考えてると、「あらあ?私何かしたっけえ?」っていうような、お客さんからも苦情が、あるわけじゃないですし、1週間で、何もねえ?ただ、会社に言われることを、ただ、や、お掃除とか?あのお、まあ、お運びとかね、教え、ていただくままにやってただけなんですけども、

今井通子:
うん

相談者:
そんでちょっと、辞めさせられちゃったんで。

今井通子:
あら

相談者:
はいいー

今井通子:
あなたおいくつ?

相談者:
あたし48なりました。

今井通子:
48歳。

相談者:
はい、はい(笑)

今井通子:
ご結婚されてますか?

相談者:
あ、してないです。

今井通子:
あ、してらっしゃらない?

相談者:
はい

今井通子:
えー、お1人?

相談者:
あの、母と、あの、年金の、母と(笑)、2人暮らしなんです。

今井通子:
あー

相談者:
はい

今井通子:
お母さま、おいくつ?

相談者:
75になります、はいー。

今井通子:
75歳。
でえ、まず、

相談者:
はい

今井通子:
じゃあ、あなたが、

相談者:
はい

今井通子:
その、1週間前に、

相談者:
はい

今井通子:
募集に応募しました。

相談者:
はい

今井通子:
応募っていうか、まあ、

相談者:
はい

今井通子:
あの、訪ねていきました。

相談者:
はい

今井通子:
その時には、

相談者:
はい

今井通子:
何か、あのお、お約束事とかありましたか?

相談者:
別にい、ないですね。
ただあ、の、あのお、研修みたいな形で。

今井通子:
あ、研修ですね、はい。

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
「時給はあ、まあ、ね?
あ、900円はいかないですけど」っていうなお話で、ま、4時間、ぐ、あ、ぐらいですね。
10時半から、あのお、14時半、まあ、忙しい時ですね。
「じゃあ、そのぐらいの時間で」っていうことで、パートで入ったんですよね、結局。
はい。

今井通子:
それで、「まずは、最初は研修ですね」、みたいなんで、

相談者:
あ、そうですう。

今井通子:
研修期間が何とかで、

相談者:
はい

今井通子:
「その研修期間中に見て、」

相談者:
はい

今井通子:
「まあ、あまり、適性が無かったら辞めていただきます」とか、

相談者:
あ、そういうのはないです。

今井通子:
そういう話はなかったのね?

相談者:
別にそういうのはないですね。

今井通子:
それで、

相談者:
はい

今井通子:
辞めさせられ、たのは、その、何?

相談者:
はい

今井通子:
あの、週末に?
週末ってのは金曜日?

相談者:
そうです、じゅう、ま、あ、ええ。

今井通子:
金曜日かな?

相談者:
ど、土曜日ぐらいですね。

今井通子:
あ、土曜日か。

相談者:
はいー

今井通子:
じゃあ日曜日は休みなの?

相談者:
あの、休みじゃなかったらしいんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
なんか、まあ、ねえ?
まあ、人手が足りてたんじゃないですかね?
なんか、家族でなんか、やってらっしゃるみたいな。
結構、男の方もいるんですよ。
それで、お、あの、お嬢さまもいらっしゃるんで、

今井通子:
うん

相談者:
それでやってるんですよね。

今井通子:
うん

相談者:
それでパートさんが、お2人いて、

今井通子:
うん

相談者:
それで私が、含めて、まあ3人、まあ、計そんなにいないんですけど、やっぱり、

今井通子:
うん

相談者:
たまーに、その、忙しい時には、手足りない時は、なんか、奥さまかお祖母さまか分からないですけど、その、お1人の人がね?(笑)

今井通子:
うん

相談者:
60近い方が、く、あ、

今井通子:
まあ、出てらっしゃる。

相談者:
来るんですよね。

今井通子:
うん

相談者:
そうなんですよ。
でも、その方に私、「辞めてくれ」って言われたんです。

今井通子:
え、え、あの、最初にじゃあ、面接した人は誰?

相談者:
はい。
なんかその、息子さんか、そういう感じなんです。

今井通子:
じゃあ息子さんと面接して、

相談者:
はい。
「明日来てください」っていうこと言われたんですね。

今井通子:
言われて・・

相談者:
ほいでね、「すぐ来てください」ってほんとに、言ってくださったんですね。
だから私も嬉しくてね。

今井通子:
うん、うん

相談者:
◆#$%□、断られてね、3、4軒回って断られてたんですよ。

今井通子:
うん、うん

相談者:
続けてね。そいで、急に、「すぐ来てくれ」って言ったから、ほんと、あたしも、すぐにね、終わって母に電話したぐらいなんですよね。

今井通子:
うん

相談者:
「も、なんか、使ってくれるみたいだよー」って。

今井通子:
や、それで、その、息子さんが、

相談者:
はい、はい

今井通子:
「じゃあすぐ来てください」って言いました。

相談者:
はい

今井通子:
それから毎日通ってました。

相談者:
はい

今井通子:
実際には何日行ったの?

相談者:
よ、ああ、そうですね、4日ですね。

今井通子:
4日間行ったのね?

相談者:
はい

今井通子:
そして4日間は行ったんですが、

相談者:
はい

今井通子:
えー、息子さん、から、

相談者:
はい

今井通子:
「来てください」って言われました。

相談者:
はい

今井通子:
4日経ったら、

相談者:
はい

今井通子:
あの、自分、自身ではなんか、何も、

相談者:
はい

今井通子:
えー、手違いっていうか、

相談者:
はい

今井通子:
あの、自分自身ではミスったことはないと、

相談者:
はい

今井通子:
いう風に思っています。

相談者:
はい

今井通子:
上手くやったと思ってます。

相談者:
はい

今井通子:
にも関わらず、

相談者:
はい

今井通子:
そのお、お祖母さんですか?

相談者:
はい

今井通子:
60過ぎの、女性から、

相談者:
はい

今井通子:
「辞めてください」って言われました。

相談者:
はい。
ほいで、その息子さんも、また後で、なんか来たんですよね。
あたしが大きい声出してるんで、あの、お店で言われたんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
客席でね。
後ろの、食べてるところの。
ま、隣ではないんですけどね。

今井通子:
うん

相談者:
1つ挟んで、

今井通子:
ええ

相談者:
そうやって、おんなじところ、そういうとこで言われたのでね。
あたしもちょっと、カアッとなってね。

今井通子:
ええ

相談者:
も、喧嘩状態ですよね。
だから、あたしもう、ま・・

今井通子:
あっ(笑)
その間(かん)、その、

相談者:
はい

今井通子:
あの、「辞めてください」って言われた時には、

相談者:
はい

今井通子:
どういう言われ方したの?

相談者:
なんか足がね、ちょっと引きずってるみたいなんで・・

今井通子:
引きずってるようなってのは、あなたの歩き方がって意味?

相談者:
はい。
そうですね。
なんか、足が溜まって、

今井通子:
足が引きずっ・・

相談者:
溜まってるようなね、太ってるから。
ま、実際にね、足が溜まってたかも、可能性もあるかもしんないんですけども、そんなに寄っかかったっていう事実はないですし。
それなのに向こうは、なんか、「寄っかかった」とかね、ま、太ってたから、そう思ってたのか、あたしは寄っかかっては、なくてね。
「ま、メニューも見てた方が良いですよ」って、パートの方に言われたんですよね。
「あの、お客さん来ない時は、あのお、メニュー見て覚えてください」っていう風な、感じ、言われたんですよ。
だから、こうやって見てた、ようなのが、もしかしたら(笑)、相手にとってはね、あの、なんかあ、休んでたみたいな、寄っかかってたみたいなね?
あ・・

今井通子:
あ、じゃ、理由としては、

相談者:
はい

今井通子:
あなたが店で、

相談者:
はい

今井通子:
要するにちゃんと、立ってないで、

相談者:
はい

今井通子:
足は引きずって歩いてる、

相談者:
はい

今井通子:
テーブルかなんかに寄っかかってた、

相談者:
はい

今井通子:
みたいな、

相談者:
はい

今井通子:
態度が悪いから辞めて欲しいって意味だね?

相談者:
かもしれないですね。
ほ、でも、やっぱりい、ちょっとお、1週間ぐらいで、ちょっとクビなら、もうちょっとねえ?あのお、め、面倒看ていただけたらな、とは思ってたんですよねえ。
そしたら自分からで、もう辞めたのにねえ。
なのに今にも、すぐ、「辞めてくれ」みたいなこと言われたんで(笑)、ちょっとショックで・・

今井通子:
で、その時に、今までの、

相談者:
はい

今井通子:
お金はもらったんですか?

相談者:
まだです。

今井通子:
それで、

相談者:
はい

今井通子:
今日のご質問は、そうすると何ですか?

相談者:
はい。
あたしの、ちょっと気持ちがね?
ちょっと、あのお、その、補償、とかね?

今井通子:
ええ

相談者:
ま、そういう、もし、ま、補償でも少しでもね、その私、をね、まあね、ま、解雇って形で、向こうもしたんだったらね?

今井通子:
はい

相談者:
一応、雇用した、責任も向こうにもあるんじゃないか?と思うんですね、私にしてみれば。

今井通子:
はい

相談者:
あの、ば、まあね、お、変な話、一方的に、もし解雇したならば、やはりその先の、補償とか、ある程度、あのお、して、頂かないと、我々も、生きてる以上は、やはりその、お金掛かってるわけですよ。
ほんとに、困って、いるんですよね。

今井通子:
うん

相談者:
ほいで、あのおー、ある程度・・

今井通子:
で、

相談者:
はい

今井通子:
結局だから、今日のご質問としてえ、は、

相談者:
はい、はい

今井通子:
例えば、どういう、方法がありますか?っていうこと?

相談者:
あ、そうですね。
向こうから、あの、例えば、あま、請求、とかね、まあ、例えばあ、あの、斡旋って形よく聞きますよね?
斡旋っていうか、ま、労働、省みたいな。
労働局、とか、そういうような。

今井通子:
斡旋、ていうか、それを、どこが聞いてくれるか?っていうことを知りたいの?

相談者:
そうですね。
そういうこともありますし、はい。
結局はあの、損害賠償っていうかね、私も生活基盤が、成り立たないんで・・

今井通子:
じゃあ、あのお、えーと、

相談者:
はい

今井通子:
損害賠償おー、を、

相談者:
はい、はい

今井通子:
えー、取れますか?っていうこと?

相談者:
あ、そうですね。
そうです、はい。

今井通子:
分かました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、

相談者:
はい

今井通子:
弁護士の中川潤先生がいらしてますで、

相談者:
あ、お願いします。

今井通子:
伺ってみたいと思います(笑)

相談者:
はい、よろしくお願い致します。

今井通子:
先生、よろしくお願いします。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。