13歳の娘の自慰を問い詰めることの残酷さが分らない女


テレフォン人生相談 2013年3月4日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 女40歳 夫45歳 長女13歳 長男7歳

今日の一言: 虚しさの中で欲求は肥大化します。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい

加藤諦三:
はい、テレホン人生相談です

相談者:
あ、宜しくお願いいたしますう

加藤諦三:
はい、最初の、最初に年齢を教えて下さい

相談者:
あ、はい、えっと夫が45歳、

加藤諦三:
はい

相談者:
妻40歳

加藤諦三:
はい

相談者:
娘13歳

加藤諦三:
はい

相談者:
息子7歳です

加藤諦三:
はい、分かりました
で、どんな相談ですかあ?

相談者:
はい、えっと、むすうめえ…

加藤諦三:
13歳のお嬢さんね?

相談者:
そうですね、13歳の娘なんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと今、反抗期なんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
寝起きが特に悪いんですね

加藤諦三:
はい

相談者:
寝起きが

加藤諦三:
はい

相談者:
で、危ない時間なので起こしに行くって感じなんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
それでも起きないので布団をめくったところ

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、ちょっと、下を脱いでるんですね

加藤諦三:
はい?、はい

相談者:
ズボン、パジャマを全部

加藤諦三:
はい

相談者:
下してるっていうのがあ

加藤諦三:
はい

相談者:
何回か、あの、あったんですね

加藤諦三:
はい

相談者:
で、「何をしているの?」と、ま、そのたんびに言うと

加藤諦三:
はい

相談者:
「なんでもない」・・
て終わってたんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
特に気にする事もなかったんですが

加藤諦三:
はい

相談者:
そのうち、変なあの…ティッシュペーパーを

加藤諦三:
はい

相談者:
厚さが2センチくらいで、長さが10センチくらい?

加藤諦三:
はい

相談者:
の、筒みたいなのを作って、それが湿ってるものがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
何回か、ベットからとかあ

加藤諦三:
はい

相談者:
ゴミ箱とか

加藤諦三:
はい

相談者:
にあって、それも見つけるたびに聞くと

加藤諦三:
はい

相談者:
「なんでもない」って言うんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
あの…ま、娘の部屋を、ちょっと整理している時に

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと、いつもは鍵がかかっているんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、ちょっとそこにメモみたいな感じで

加藤諦三:
はい

相談者:
変な…あの・・男女の絡むような、変な

加藤諦三:
はい

相談者:
娘が描いた様な絵ではない?

加藤諦三:
はい

相談者:
でも手描きなんですけれどもお

加藤諦三:
はい

相談者:
そういう絵が、あったので、なかりグロテスクなのでえ

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと、変な話ちょっと、結びついて

加藤諦三:
はい

相談者:
しまったんですね。
ほんとにちょっと性的なほんとグロテスクな

加藤諦三:
はい

相談者:
男性の下半身も描いてるし

加藤諦三:
はい

相談者:
女性の下半身も描いてるとか、っていう、ちょっとほんとに、見たこともないような

加藤諦三:
うん

相談者:
タッチの物を見てしまったのでえ

加藤諦三:
はい

相談者:
どうしていいのかなあ?って言うのと、あと、弟が

加藤諦三:
うん

相談者:
7歳

加藤諦三:
うん

相談者:
6歳離れて、7歳の子がいるんですけれども

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと、まあ二人でお留守番してもらっていた時に

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと部屋が真っ暗にして遊んでいたみたいで

加藤諦三:
はい

相談者:
「何してたのか?」
って聞いても、
「別にい」
て感じなんですが

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、
「すぐご飯だよ」
って言っても、すーっと弟呼んで2階に行って、呼んでも降りてこないのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、父親が、声をかけて、てっいうか、見にいったところ

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、ぬ…脱いでいたんですねえ。

加藤諦三:
はい?

相談者:
あの、娘が、

加藤諦三:
はい

相談者:
ホームウェアの下を脱いでいてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
「何してるんだ?」
て・・言ったらやっぱり
「別になんでもない、遊んでただけ」
って感じになってしまうんですがあ

加藤諦三:
はい

相談者:
なんか、ちょっと重なってしまったので

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか、どう対処していいのか?とか、あとちょっと、弟、にも、いい影響では、決してないと思うのでえ

加藤諦三:
はい

相談者:
どうしていいかわからない・・ので、ちょっとちょっとご相談したいんですけどもお

加藤諦三:
はい
まあ、あなた、反抗期と言いましたけども

相談者:
はい

加藤諦三:
こういう問題が出てくる前はどういうお嬢さんでした?

相談者:
ほんとに明るく元気で

加藤諦三:
はい

相談者:
学校でも活発ですし

加藤諦三:
はい

相談者:
友達もいっぱいいるっていう感じで過ごしてますし

加藤諦三:
うん

相談者:
それまでは、母親とは、ま、◆#$お話、というか何でも話すっていう感じではあるんですけれどもお、

加藤諦三:
うーん

相談者:
ただ今はほんとに、朝の目覚めの悪さは本当にひどいですしい

加藤諦三:
ええ

相談者:
あと、なんていうんですか、あのお、ちょっと自分の気持ち、思い通りにいかないと、

加藤諦三:
ええ

相談者:
へそを曲げてしまってえ

加藤諦三:
ええ

相談者:
なんか、一つの、こちらの親の言葉とかに固執するう?

加藤諦三:
うん

相談者:
例えば、朝だらだらしてるから学校いかなくて…「もう行くな」って、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、夫の方が言うと、そこの「行くな」の部分をとってしまって

加藤諦三:
うん

相談者:
「お父さんが行かなくていい言ったから、もう行かない」

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
ていう感じになってしまう。
あと弟に対する、言葉とか

加藤諦三:
うん

相談者:
態度も、本当に、小さい時はかわいがっていたのですけどもお、ほんとここの、二年位は、ちょっといじわるかな?っていうような・・

加藤諦三:
要するに一口で言うと、気持ちが非常に不安定なんですね、今

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました、

相談者:
はい

相談者:
今日は、こういうような状態の中で、

相談者:
はい

加藤諦三:
この子にい、どう対処したらいいか?っていう事ですね?

相談者:
あ、そうなんですう

加藤諦三:
はい、分りました。
今日はスタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので

相談者:
あ、はい、

加藤諦三:
伺ってみてください。

相談者:
宜しくお願いしまあす

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。