2千5百万を貸した友人の荒唐無稽な話を信じる女


テレフォン人生相談 2013年5月7日 火曜日

パーソナリティ: 勝野洋
回答者:  塩谷崇之(弁護士)

相談者: 6年半前から友人に2500万円貸している女

スポンサードリンク

勝野洋:
もしもし?
テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

勝野洋:
勝野洋です。
よろしくお願いいたします。

相談者:
はい。
よろしくお願いいたします。

勝野洋:
今日は、

相談者:
はい

勝野洋:
どんな、ご相談ですかあ?

相談者:
えーとですねえ、

勝野洋:
はい

相談者:
あの、ちょっとあの、知り合いに、お金を貸したんですよ。

勝野洋:
はい

相談者:
はい。
それで、もう、ちょっと6年半ぐらい前なんですけども。

勝野洋:
6年半?

相談者:
あ、6年半から、今までですね。

勝野洋:
はい

相談者:
はい。
それで、貸した人の、旦那さんが・・

勝野洋:
ていうことは、その人は、女の人ですね?

相談者:
え、貸した人は女の人で、

勝野洋:
はい

相談者:
その旦那さんですからね。

勝野洋:
はい

相談者:
はい、そうですう。
あの、銀行の方(ほう)に、お金を預けてたんですけども、

勝野洋:
はい

相談者:
あの、今までずーっといろんな事があって、

勝野洋:
はい

相談者:
今現在もそのお金を引き出すことができないんですよ。
最近それが、全部、いろいろが、全部整って、

勝野洋:
はい

相談者:
あの、お金が、出ることになってたんですよ。
そしたら、その朝に、急に具合悪くなって、

勝野洋:
はい

相談者:
あのお、そく、銀行に行けなくなったんですよ。

勝野洋:
あのお、あなたがお金を6年半前にい、

相談者:
はい

勝野洋:
ある、奥さんにい、

相談者:
はい

勝野洋:
貸したと?

相談者:
はい

勝野洋:
それはどのくらいの、金額ですか?

相談者:
えーと、今現在で、2千んー、5百万(2500万)ぐらいです。

勝野洋:
2500万?

相談者:
はい

勝野洋:
貸したわけですか?

相談者:
はい

勝野洋:
と、その、ご主人が、

相談者:
はい

勝野洋:
現在に至ってそれを返そうとして、

相談者:
はい、はい

勝野洋:
銀行に行く前に、倒れたと?

相談者:
はい、そうです。
もう、これで最後、ていうときに・・

勝野洋:
これで、あのお、

相談者:
はい

勝野洋:
で、本人は返す意思があったわけですよね?

相談者:
はい。
だけども、今月中に、やらないとお、

勝野洋:
はい

相談者:
それこそ銀行の方から、

勝野洋:
はい

相談者:
警備会社、

勝野洋:
はい

相談者:
銀行の金庫代、

勝野洋:
はい

相談者:
それと、銀行が保険掛けてるので、

勝野洋:
はい

相談者:
それを、なんか、1か月前、先払いにしなきゃならないっていうことなんですよね。
で、今月も、なんとかみんなでお金作って先払いって、今月中まではいいけども、来月、1日(ついたち)になったら、またその、百何十万っていうお金が、払わなきゃなんないんですよ。

勝野洋:
そのお、先払いする百何十万っていうのは、

相談者:
はい

勝野洋:
何のお金ですか?

相談者:
あ、だから、あの、金庫代と、あの、警備のついてる、金庫に入れてるらしいんですよ、今、お金を。

勝野洋:
あの、そのお、お金を、

相談者:
はい

勝野洋:
あの、返す、はずだった、

相談者:
はい

勝野洋:
あの、奥さん・・

相談者:
あの、口座から、

勝野洋:
はい

相談者:
あの、口座からですね。

勝野洋:
はい

相談者:
強制的に、出したんですよ。
そして、ジュラルミンケースの、まんまか、3個に入れてるらしいんです。

勝野洋:
3個に、その、

相談者:
はい

勝野洋:
2千・・5百万ですか?

相談者:
ええ、ええ、も、もう、その、お、お金を入れてるのは、

勝野洋:
うん

相談者:
私のは2500万ですけど、

勝野洋:
はい

相談者:
現在その方のお金ってのは、3億何千万なんだ、そうです。

勝野洋:
あ、3億、持ってらっしゃるわけですね?

相談者:
ええ、そう、そう、それを、3つの中に、

勝野洋:
3つに。

相談者:
ジュラルミンケースに入れて、警察立ち合いで、強制的に出すっていうことまで、書類を全部作ったんですよ。

勝野洋:
はい

相談者:
そしてもう、そのときも、警察も、「もう、明日で」って言ったときに、警察のほうが、内定入ったんですよ。
その銀行に。

勝野洋:
はい

相談者:
そしたらなんか、「おかしなことがあるから」って、あの、その、「ジュラルミンケースのお金を、数えます」っていうことになったんですよ。

勝野洋:
はい

相談者:
それで、その、数えたんですよ。

勝野洋:
はい

相談者:
次の、次の日に。

勝野洋:
はい

相談者:
そしたら、その、銀行に預けてる、ジュラルミンケースの中から、何故かしら、2000万が抜かれてたんですよ。

勝野洋:
はい

相談者:
で、今その、なんか、ビデオテープだかを、見たんだそうです。

勝野洋:
はい

相談者:
そしたら、その、内部の者だっていうことは、はっきり分かったんだそうです。

勝野洋:
あ・・

相談者:
それで、それがね、金、その週の金曜日だったんですよ。

勝野洋:
はい

相談者:
だから土日に、その3に、3人が関わってたんだそうです。
で、その3人を呼んで、事情を聞いて、

勝野洋:
うん

相談者:
あの、「書類送検するから、告訴、する書類を作ってくれ」ってこっちに言ってきたんですよ。

勝野洋:
うん

相談者:
警察が、

勝野洋:
うん

相談者:
それでそれも作ったんです。

勝野洋:
はい

相談者:
うん。
それでも、次の日になったら今度、警察がまた、その関わ、今までたっくさんの人、たっくさんの弁護士さん関わってくれたんですけども、

勝野洋:
はい

相談者:
ほとんどの弁護士に、やられてたんです。

勝野洋:
ん、「やられた」っていうことは?

相談者:
い、1番最初にかかわった弁護士と、銀行員と、

勝野洋:
ええ

相談者:
司法書士と、

勝野洋:
はい

相談者:
それともう1人弁護士さんと、4人で、

勝野洋:
はい

相談者:
60回以上、あーもーなんていうか、払出届ですか?
あれを偽造して、1億円近いお金を横領してたんですよ。
そしたら銀行のほうは、「その人たちに、弁償させるので、銀行としては告訴しない」と。

勝野洋:
はい

相談者:
うん、要するに、警察も裁判所も、「お金を出してからのほうが良い」と。

勝野洋:
はい

相談者:
「告訴しちゃったら、そのお金を止められるよ」って言われて、

勝野洋:
はい

相談者:
あの、この、かたかっていうのが、待ってて、してないんですよ。
お金が出るまではって。でもそれからもずっといろんなことされてるんです。
これで6年半もかかってるんです。

勝野洋:
え・・いろんなことされてる?

相談者:
ん、あの毎日その日になると、「公正証書を作れ」、「手数料を払え」、

勝野洋:
はい

相談者:
はい、「11時にまでにお金作れ」、「11時1分遅れても今日の受付にはならない」、

勝野洋:
それは銀行がですか?

相談者:
そうです。
で、裁判所も、「簿冊を、これを簿冊にして3つに分けなきゃならんから、3か所のお金、手数料を払え」、百何十万っていうお金かかったんですよ。

勝野洋:
はい

相談者:
それもやっと作って、あ、やれ、やれやれ、と思ったら、も、月越しちゃうので、それで、銀行は、「警備会社と、銀行の、要するに、金庫代と、」

勝野洋:
ん・・

相談者:
「保険を掛け、1日1万5千円の保険を掛けてるから、その保険を払え」と、「それでなかったら、銀行が、このお金を差し押さえる」って言ったんですよ。

勝野洋:
倒れた方が、

相談者:
はい

勝野洋:
銀行に3億の、

相談者:
はい

勝野洋:
あのお、預金があったわけですよね?

相談者:
はい、そうです。

勝野洋:
じゃ、それを、金庫に預けて、3つに分けてたわけですね?

相談者:
はい、それを、早急にその口座のお金を止めることができるのか?
で、私たちにお金がもらえるのか、どうか?

勝野洋:
その、「私たち」っていうのはあ?

相談者:
はい、もう何人もいるんです。
その方にお金を用立ててるっていう人は、何人もいる・・

勝野洋:
他にも?

相談者:
はい、いるんです。

勝野洋:
何人も?

相談者:
はい

勝野洋:
でも、ご主人はあ、

相談者:
はい

勝野洋:
その、お金を、も、3億もあるわけですからあ、

相談者:
はい、はい

勝野洋:
持ってらっしゃるわけでしょ?

相談者:
はい

勝野洋:
それをどうして奥さん、そうやって借りるんですか?

相談者:
いや、だから、その、毎日、そのお金が、その、銀行に預けたお金が使えないからあ、

勝野洋:
え、自分の、預金したお金を、使えないって言われたんですか?

相談者:
そうそう、そうなんです。

勝野洋:
あの、それでですねえ、

相談者:
はい

勝野洋:
今日の、そのお、ご相談の内容っていうのは、

相談者:
私い、は、あの、1枚だけ、その借用書をもらってるんですよ、ちゃんと。
その、貸した人の名前と連帯保証人に、その旦那さんがなってると。

勝野洋:
はい

相談者:
その、ジュラルミンケースに入れて預けてるお金をお、

勝野洋:
はい

相談者:
差し押さえみたいに、できますか?っていうことです。

勝野洋:
分かりました。

相談者:
はい

勝野洋:
今日はですねえ、

相談者:
はい

勝野洋:
こちらに弁護士の、塩谷崇之先生がいらっしゃいますので、

相談者:
はい

勝野洋:
お話を聞てみたいと思います。
先生、よろしくお願いします。

相談者:
はい、よろしくお願い致しますう。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。