あなたが居なければうまくいくと諭される相談者


2014年10月10日 金曜日

相談者: 女58歳 夫58歳 娘29歳(2人の独身の兄がいる ) 娘の夫31歳 娘の子(3歳の男の子と、6ヶ月の赤ちゃん)

パーソナリティ: 今井 通子
回答者:  三石 由起子(作家・翻訳家・三石メソッド主催)

スポンサードリンク

相談者:
娘が二人目を出産したときに、もしかして旦那さんが浮気して・・、バレたというか・・、そういうことで揉めたんですけども。

まぁ、本人がやり直すという気持ちで、今やりつつあるんですが・・、それが相手の方が同じ職場の方だから・・、自分(娘)といるよりも、会社に行けばまた会える・・、ということがあって・・。
やっぱり相手の人に、どうしても一言、言いたいって・・、その葛藤ですね。
うまくやっていきたい、(だけど)信じられない、その葛藤で、たまにパニくるんですね。
親として、どう支えてあげたらいいか、分からなくて、ご相談させてもらったんですが。

今井通子:
娘さんは結婚何年目?

相談者:
4年。

今井通子:
ご主人は会社員?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
職場の女性と浮気をしている?

相談者:
はい。

今井通子:
証拠があるの?

相談者:
二人目が生まれて実家に帰ってきたときに、一度も会いに来ないんですけど、病院にも。
仕事、仕事、と言ってたんですけど、帰りも常に遅くて、連絡もとれない状態だったんですね。

今井通子:
お一人目のときは?

相談者:
そんなことはなかったと思うんですけど・・。

今井通子:
二人目を出産される前後から、浮気をされていると。

相談者:
じゃないかと、思うんですけど。
それで、自宅に戻ったときに携帯を見て、メールか、写真を見てしまって、それでトラブルになったんですけどね。

今井通子:
そうすると、お婿さんは、その女性と付き合っていることを認めたの?

相談者:
お茶飲んでた、っていうのは認めて、謝りに来ました。
だけど肉体関係は無い、と。
肉体関係が無いのは浮気じゃない、と。
そういう風に言ってました。
だから訴えられない、と言われました(笑)。

今井通子:
そうすると、仕事、仕事で遅いというのは、一人目が生まれてからだから、この3年間はなかったのに・・。

相談者:
そんなに遅くは無かったんです。
遅いときもあったんですけど、私たちも、出産しても会いにも来ないなんて・・、そんなに忙しくて、残業も付かない職場で、どういうことになってるんだろう?、って思っていたんですけど・・。

今井通子:
あなた方も思ってたっていうことは、かなりお近くに住んでらっしゃるの?

相談者:
比較的近いですね。

今井通子:
しょっちゅう、お嬢さんとは連絡が取れてるってこと?

相談者:
連絡とれてます、はい。

今井通子:
それで、お嬢さんが、(夫が女性と)お茶飲んでるだけだから訴えられないのは分かったけど、付き合いをやめるとか言われたわけじゃないわけ?

相談者:
同じ職場で、友達だからということで、そういう誤解を招くようなことはしない、って言ってはいるんですけど。

ただ、家を一歩出れば仕事場で・・、そちらの方が長い時間で・・、なんで向こうも旦那さんがいるのに・・。

今井通子:
あ、そういう方(既婚)なのね。

相談者:
でいて、何事も無かったかのように、していられるの?、
だから会わせて、一言言いたい、っていう娘の気持ちの葛藤・・。
信じたいんだけど・・。
あんまし、もう何事も無かったかのようにされると、逆にむかつく、っていうか・・、
なんで私だけが傷ついて、泣いてなきゃいけないの?、っていうのと、それをどうフォローしていいのか・・。

今井通子:
会わせて、っていうのは、あなた、もしくはお婿さんはどういう対応をしたんですか?

相談者:
私は会ってもいいんじゃない、と思うんですけど、むこう(婿)は絶対に困ると、職場にバレたら居られない、死んでやるとか、そういう風に言われるんです。
だから、子供みたいなことを言うなー、と思うんですけど。
それを聞いて、なぜ相手をかばうの?、っていう気持ちになっちゃうんですね。
相手をかばってるの?、娘のために会ったっていいんじゃない?、3人で会うのは、って思うんですけど。

今井通子:
お話伺っていると、あなたが相当怒っているように聞こえるんだけど。
あなた自身も、お嬢さんの代弁をしてる、っていうよりは・・、

相談者:
私が最初にいい人だって思って信用してたのも事実なんで・・。
それから知り合ったっということもあったんで・・。

今井通子:
あなたが会わせた?

相談者:
そう、営業だったので・・、むこうから言われて。

今井通子:
あなたの所に営業に来ていた方なのね。

相談者:
はい、そうなんです。
だから、営業上の口なのかな、とか色々悪い方に考えることが多くなってしまって・・、

今井通子:
あなたとしては、娘さんに紹介した責任もあるわけね。

相談者:
あります。
それはすごくあります。

今井通子:
赤ちゃんが生まれるときは実家に帰ってらしたのよね。

相談者:
はい。

今井通子:
現在はご自分の家に帰られているんですよね?

相談者:
仕事を始めたので。

今井通子:
お嬢さんが仕事を始めたの?

相談者:
はい。
働き始めたので、孫を保育所から預かってきたりします。
仕事が終わったら、連れて帰るような形で。

今井通子:
じゃ、毎日お会いになっているのね。

相談者:
はい。

今井通子:
今後どうやって、お嬢さんをケアしてやったらいいか、ということですか?

相談者:
育った環境の違いって、こうも違うのかって言われたりすると・・。

うちの環境と、先方の環境・・、その・・家族で行動するとか、そんなことに関して・・、
要するに、私たちには小さい子を置いて、自分たちだけ遊びに行くとかいうことは・・、例えば記念日とか、そういうものは分かるんだけど、それを平気でして・・、
子供はいつ看るの?、とか、つい言ってしまうんですね。
普段働いていながら、土日は自分たちだけ遊びに行くことを考えるんじゃなくて、子供のペースで、子供が・・、
そんなに、どこにも行きたいんじゃない、ちっちゃい子は家でもいいんだ、お父さん、お母さんと遊べるのがいいんだよ、っていうのと・・、
そういうところで、子供を預けて遊びに行こう、ってなるのと・・、
ま、娘はそれで、間に挟まって、悩むんですね。
例えば一つの話が・・、

今井通子:
休日になると、日曜日とかは、赤ちゃんと3歳の坊ちゃんを預けに来て、2人で遊びに行くの?、どっかに。

相談者:
はい。

今井通子:
そういうときは、お嬢さんは彼と一緒に居られるからいいんじゃない?

相談者:
はい。

今井通子:
それでも、パニくった感じで・・?

相談者:
やっぱり、楽しいんだけど、悩みますよね、これでいいのか、と常にあるみたいです。

今井通子:
ふーん。

相談者:
私の一言で娘が左右されるのか、娘の話を聞いて、私が左右されているのか、ちょっと分かんないんですけど、自分でも。

先ほど言われたように、私の方が怒っているみたい、って。
ああ、そうなんだな、って。
私の方が婿さんに対して、怒っているのかな、って思うと、私の接し方が悪いなって思うんですけど。

今井通子:
今日の相談は、お婿さんの浮気に対する・・、お嬢さんのパニック障害みたいな症状をどうして落ち着かせたらいいんでしょうか?、というのが最初のご質問のようだったんだけれども・・、

相談者:
結局、私が批判してしまったり、えー、そんなことするの?、って言ってしまったりしてしまうことが、そこで娘を惑わせる原因の一つになっているんでしょうか?

今井通子:
そのことが聞きたい?

相談者:
はい。
結局私ですね。(笑)

今井通子:
(笑)

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。