父からのイジメ、母は決断した、さて息子はどう対処する?


2014年10月13日 月曜日

相談者: 男52歳(離婚暦あり) 父83歳

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイシスト)

今日の一言: 心に葛藤のある親の最大の癒しは子供をいじめ抜くことです。

スポンサードリンク

加藤諦三:
今はお一人ですか?

相談者:
2世帯住宅で、下に父が住んでいて、2階に僕が一人です。

加藤諦三:
お父さん、お元気なんですね?

相談者:
とても元気です。

加藤諦三:
今日はどんな相談ですか?

相談者:
父との関係について・・、どう接したらよいか・・。
父はですね、一昨年に・・ちょっと母に暴力・・がありまして、
去年、調停で離婚してるんですよね。

父っていうのは、昔っから、DVというか、モラルハラスメントの人だったんで・・、母も僕も・・、姉もいるんですけども・・、ま、そういう環境だったんですよね。

加藤諦三:
お父さんさんの暴力はお母さんに対してだけ?
子供に対しては無かったんですか?

相談者:
母には、ずうと、あったらしいんですが、僕と姉は子供の頃、よく、母が僕を庇うのに、上から押さえて守ってくれたりとか・・、
父が大声を出したりとか・・、
父が母を叩いたりとか・・、
僕も叩かれたりしてましたけど、そういうのは、ハッキリ記憶に残っています。

加藤諦三:
そうすると、父親に対する、そういう小さい頃の記憶っていうのは、大人になってからも、あなたに影響してますよね?

相談者:
してます、はい。

父との関係じゃなくても・・、
例えば、社会に出ると・・、色々トラブルとかにしても・・、
人の大きな声だとか・・、トラブル・・自体の・・話している環境・・、
自体にやはり・・、すごく・・、何て言うんでしょう、恐怖感っていうか、そういうときに、ちょっと言葉が出なくなったりとか・・、そういうことあります。

加藤諦三:
それは、よく、PTSD、ってこと言われますけど、つまり、いつもは無いけど、何かあると、その起きた事が引き金となって、昔の恐怖感が再体験するっていうかね・・。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
そうすると、1階がお父さんで、(相談者が)2階って言いましたよね。
それは、あんまり緊張感は無いんですか?

相談者:
あります。
あのですね、まず、父と母・・、去年・・、一昨年、父が母に暴力を振るいまして・・、母が、今までずっと我慢してきたけども・・、母も77歳なんで・・、
でー、私も・・、一昨年、お父さんの暴力から、逃げられないと。
今までは走って逃げたりしてたんですけど・・。

それで、母が家を出て、調停して、離婚が成立したんですけど・・、
そのとき、僕、ちょっとね・・、仕事を変えたばっかりで・・、仕事のストレスもあるところに、そういうことがあって、十二指腸潰瘍と胃潰瘍と・・、
なりまして・・、一回、退職したんですよね。

で、退職した状態で・・、母の調停やって・・、それが成立しまして、
その後に・・、母が複雑な家庭で、育ったものですから・・、名字がちょっと沢山ありまして・・、
母が、最初の生まれたときの名字に戻りたいんだ、ということで・・、
色々裁判所に通って・・、その、生まれたときの名字にしたんですよね。
で、その後に・・、私も、母の名字にしたんですよね。

加藤諦三:
あなたも変えたんですね?

相談者:
はい。
とりあえず、父には分からないように、ってっことだったんですが・・、ちょっと色々あって、父に名前を変えたことが知れてしまいまして・・。

でー、僕も、この2世帯住宅の上と下なんですけども・・、前に1回結婚してたときに、家族で住むのに増改築をしてるんですよ。

そのときに、両親からも少し補助がありましたけども、私のお金で増改築をしてるんですよね。
で、父が、僕が名前を変えたことを知ったときから、
「もう、お前の世話にはならない」、と。
「もう、この家も売って処分するんだ」、と。
「一人で生きていくんだ」、と。
「葬式も出さなくていい、献体するんだ」、みたいなことでね。

今まで、僕が経験した、父との関係っていうのは・・、モラルハラスメントっていう感じなんで・・、なんでも自分の思ったとおり・・しなきゃいけない人だっていうのも僕の心の中にありますし、あと・・。

加藤諦三:
つまり、あれですか、暴力は振るうけども、同時に、立派なことを言ってあなたの心を束縛するっていうか・・。

相談者:
そうですね、ずーと本人の意思に関係なく・・、相手がするまで、ずーと言い続けるっていうのはありましたね。

加藤諦三:
基本的にお父さん、ものすごく不安ですからね。

相談者:
そぉなんですかねー。

加藤諦三:
結局、自分の不安をどう処理するかっていうときに、
・・要するに、簡単に言えば、いじめてるんですよね。

相談者:
ですね、そうとしか思えなかったです。

加藤諦三:
で、いじめて、いじめ甲斐があると、お父さんの心は慰められると。

相談者:
あぁ、はぁ、はぁ。

加藤諦三:
だから、お父さんにとっては、いじめが癒しですらね。
で、今日の相談っていうのは、こういうお父さんを83歳で、今抱えて・・。

相談者:
父に対して、僕は今後どう接して・・。

加藤諦三:
大変その・・、正直難しい相談なんですけども、マドモアゼル愛先生に、ご意見伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
具体的に、お父さんの面倒を看た方がいいとか、看ない方がいいとかいう結論とは別に、どういう結論を出すにしても、これまでの構造は壊した方がいいんだよね。

相談者:
はい、そうですね。

マドモアゼル愛:
あなたとの関係においては、距離感が・・、父親が、求める距離感をとってるだけで、あなたの方から、父親への距離感って、とらない状態が構造になっちゃっているわけだよ。

相談者:
取ろうとする気持ちすらない・・。

マドモアゼル愛:
ないよね。

相談者:
相手の出方・・、次第って言う感じになります。

マドモアゼル愛:
だから、むこうが、一方的に距離がとれて、機嫌がいいときには、
「おい、おい」、って寄って行けて、あなたも、
「なーに?」、なんて言っちゃうし。
だから、要するにコントロールされているってことなんですよ。

で、コントロールって何かっていうと、これがまさに、暴力ってことなんです。

相談者:
はいはい。

マドモアゼル愛:
コントロールの最大のものが暴力・・ってことなんで、だから、構造的には、機嫌がいいときであれ、暴力を振るうときであれ、あなたはコントロール下に置かれている状況を持っっちゃっているわけよ。

これをまず気づいて、壊さなくちゃいけないのよね。

じゃあ、何でそんな悲劇を、コントロール下に置かれるような状況を許しているのかっていうと、色んなものがあるけど、一番重要なところでは、この父親には愛する能力が無いってことを冷静に認めることだと思うのよね。

相談者:
あー、はい。

マドモアゼル愛:
そいで、自分から距離をとって、自分がストレスにならないようなお父さんとの関係を作ったとき、選択肢の中にね、普通の長男と異なる世間体のこととか、そういうことが気になるわけ?、それじゃあ。

相談者:
いや、今はもう、僕から父に話かけることは全く無いんですよね。
ていうのは、一回僕に一人で生きていくんだ、って父が僕に言ったんですけども・・。

マドモアゼル愛:
お父さんやったことないからね。

相談者:
僕から見るとね、お父さん、僕に、自分で言ったこと、ちゃんとやり遂げるみたいなこと・・、怒ったり、叩いたりしてきたのに、自分から言ったんだから、ちゃんとやってくれよ、っていう気持ちなんですが・・。

なんか、(父が)話がしたくて、急に、外の、例えば庭の石が崩れているから、とかね、そういうことを、チョコチョコ言って来たりとか・・、
僕が仕事から、帰ってきたら、車帰ってきたな、と、外を見て確認したりだとか。
さみしいんだと思うんですけど、そういう行動をとってるんですよね。

マドモアゼル愛:
お父さんも、分かってきてんじゃないの?

相談者:
分かってんのかなー。

マドモアゼル愛:
やってみないと分かんないけど、お父さん一人で生きてきたことないんだよね、これまで。
要するに、自分の不安に一人で立ち向かう力が無かった人なんですよ。
それで、人生、終えていく中でね、やっぱり何か、本能的に、このままでは、っていう何か、自分でやらなくちゃ、っていう思いがあるんじゃないの?、実際に。
それ、お父さんから言い出したんだから、何で素直に、そうだね、って言えないの?

相談者:
うーん、ほんとに意見がコロコロ変わるんで・・、何を言ってもし方がない、っていう諦めの気持が・・。

マドモアゼル愛:
いやいや、僕が聞いたのは、お父さんから言い出したことなんだから、反論も何も、ああ、そうだね、って何で言えないですか?、って僕が聞いているわけ。

それから、お母さん、一番心配だったんだけど、今どうされているのかしら?

相談者:
別の所で生活しています。

マドモアゼル愛:
経済面も、精神面も、今、心配ない状態にいらっしゃるわけ?

相談者:
そうですね、ま、年齢的には心配はありますけども、生活面では心配はないです。

マドモアゼル愛:
あなた、お母さんが出て行ったんだから、お母さんと住む選択できたんじゃない?

相談者:
そうです。
ただ、この2世帯住宅の僕の出した分とかがあるので・・、
なんていうのか、意地を張ってるんじゃないですけど、出たくはない・・。

マドモアゼル愛:
じゃあ、財産的な意味で、あなた、お父さんに、どっか依存してる部分があるんじゃないの?
どこか気持の上で。

相談者:
いや、そぉれは無いと思いますね。
ただ母に関してはね、母親自身も子供たちの世話には、出来るだけなりたくないと。
で、私は今まで父の言うとおりに生活してきたけども・・えー、一人で・・生活していくんだっていうことを・・。

マドモアゼル愛:
やる、って言っているわけね。
お母さんは、離婚して良かったっていう感じを受けるわけね。

相談者:
はい。

マドモアゼル愛:
受けますね?

相談者:
はい。

マドモアゼル愛:
そいで、じゃあ、もう一つ聞きますけども、お父さんが仰るように、この家売って処分して、ということには、あなた、どう思っているわけ?

相談者:
まあ、父の話を聞くと、あー、この売った金は俺にはやらない、って言ってみたり、まあ、ちゃんと調べて分けるって言ってみたり・・、前から色々言うことが違ってたりしたんで・・。

マドモアゼル愛:
そこが、結局ね、親父は、親父で一人で生きていった方がいいかもしれないと。
そして、それが親父も、自分一人になったことが無いから勉強になるんじゃないだろうかと。

相談者:
はい、はい。

マドモアゼル愛:
まず、肯定できるじゃない?

相談者:
はい。

マドモアゼル愛:
それをちゃんと押さえておけば、あとは大人の話ができるはずなんですよ。

相談者:
ああ、はい。

マドモアゼル愛:
あなたは、子供で居ることを選択してるのよ。父親の前で。

相談者:
あー、はいはい。

マドモアゼル愛:
それが煮え切らない話の核心にあるような気がする。

相談者:
あー、はぁ、はぁ。

マドモアゼル愛:
あなたも、ここで、お父さんとちゃんと話さないと、吹っ切れないと思うよ。

相談者:
そうかもしれない・・。

マドモアゼル愛:
そこら辺は、あなたの正直さに、意外と、懸かっているような話だという気がする。
ちょっと、そこら辺、加藤先生にもう一度掘り下げてもらいましょうかね。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。