楽天家の女性。新しいタイプの家庭を作ろう


テレフォン人生相談 2014年11月17日 月曜日

相談者: 女35歳、 子供2人、彼40歳 の4人暮らし

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

今日の一言:
幸せな人の共通性の一つは楽天的であること。

スポンサードリンク

加藤諦三:
独身ですか?、結婚してますか?

相談者:
独身で、離婚してます。

加藤諦三:
離婚したのは何年前ですか?

相談者:
ええと、もう十・・何年・・

加藤諦三:
はい、分かりました。
それで、今はお一人で暮らしているんですね?

相談者:
いや、子供が・・2人・・

加藤諦三:
あ、はい。

相談者:
居ます。
はい。
えっと、上の子が、中2の女の子で、下の子が中1の男の子です。

加藤諦三:
はい。
で、3人で暮らしてるわけですね?

相談者:
いえ、あと、同居・・してる・・あの・・。

加藤諦三:
同居してる・・それは、男性ですか?、女性ですか?

相談者:
男性です。

加藤諦三:
男性。
その方は、何歳ですか?

相談者:
は、40歳です。

加藤諦三:
40歳。

相談者:
はい。

加藤諦三:
そうすると、4人で暮らしてるってことですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
あのお、35歳になって、

加藤諦三:
はい。

相談者:
子供・・を、まあ、入籍して・・あの、まだ入籍してないので、子供を産んで、入籍したいと思ってるんですけど。

加藤諦三:
ちょっと、待って。
えっと、今、2人子供が居ると仰ったけど、入籍していない?

相談者:
まだ、してないです。

加藤諦三:
はい。

相談者:
あの、彼の方も、バツ一で、

加藤諦三:
はい。

相談者:
お子さんがいらして、

加藤諦三:
はい。

相談者:
2人。

加藤諦三:
はい。

相談者:
で、そちらに、ま、養育費とかも支払ったりしてるんですけど・・

加藤諦三:
はい。

相談者:
そのお、奥さん・・元のお嫁さんの方が、ま、良く思ってないらしくって・・

加藤諦三:
はい。
そうすると、この、あなたが今、子供が居ると言ったのは・・離婚したとき・・お子さんを2人連れて離婚したということですね?

相談者:
はい、はい。

加藤諦三:
そうですか、はい。
お子さんを2人連れて離婚して、そして、この40歳の・・あなたが今、同居してる方は、子供が2人、元の奥さんの所に置いてきてるということですね?

相談者:
はい、そうです、はい。

加藤諦三:
それで、この・・2人が入籍してないっていうことはどういうことですか?

相談者:
あ、私・・が、まだ、彼とは入籍していなくて、

加藤諦三:
あ、そういうことね、はい。

相談者:
はい。
それで、あの、子供を産みたいんですけど、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あのお、中学校2年生の、女の子が・・名前とか・・結婚したら、変わる・・のも・・嫌・・だというか、結婚に対しては、反対なんですね。

加藤諦三:
そうすると、中学校のお嬢さんはですね、まあ、多感な時代だと思うんですけども、

相談者:
はい。

加藤諦三:
父親になるべき人っていうのが・・今、そうすると・・そもそも何と呼んでるんですか?
お父さんと呼んでるわけ?、それとも・・

相談者:
いや、あのお、あだ名・・あだ名っていうか、ま・・

加藤諦三:
あだ名で呼んでいるわけですか?

相談者:
はい。

加藤諦三:
それで、結婚・・することに、このお嬢さんは反対してると。

相談者:
そうです、でも、あの、子供に・・を産むことに関しては、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あの、賛成して・・いるんですよね。

加藤諦三:
子供を産むのは賛成・・

相談者:
私が産むのは・・そうなんです。

加藤諦三:
この40歳の男性と結婚するのには反対だと。

相談者:
そうです。

加藤諦三:
ふううん。
はい、はい。

相談者:
また、あの、元、お嫁さんの方も・・ま、あのお、ま、入籍とか、することになったら・・あの、私を訴える・・ていうか・・なんか、家庭裁判所とかって・・いう感じで言われた・・みたいなんですけど・・ていう風に、

加藤諦三:
さっき、同居している男性は・・あれですか、養育費を送ってるっていうから、もう、ちゃんと離婚してると思ってたんですけど・・

相談者:
そうです、はい。

加藤諦三:
離婚してるわけですよね?

相談者:
離婚してるんですけどお、もう、たぶん、4、5年前だと思うんですけど。

加藤諦三:
はい。
社会的にはもう離婚して、キチンと片がついているわけですね。

相談者:
そうです、そうです、はい。

加藤諦三:
ですよね。
心理的に解決ついてしてないというのは分かるんですけども、社会的にはキチンと全部解決出来ているわけですよね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
ま、お子さんの反応は別として、4人で暮らしていて、結構、仲・・ま、仲良くっていうか、結構うまく、暮らしている・・

相談者:
そうですねえ、はい。
もう、あの、休みの日ときには、あの、どっか遊びに行ったりとか、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
あの、夜は、トランプしたりとか・・

加藤諦三:
ええ。

相談者:
はい。

加藤諦三:
あなた・・だいたい、楽天的な方(ほう)なの?

相談者:
(笑)そうですね。

加藤諦三:
ねえ。

相談者:
すごい、楽天的だと思います。

加藤諦三:
ううん。

相談者:
まったく、今回の・・そのお、あの、このお電話しようと思ったら・・あ、悩んでるのかな?、っていう・・感じなんですけど、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
もう、今のまんまでは、ちょっと、どうにもこう・・ま、どっちかに決着をつけたいじゃないですけど・・

加藤諦三:
うん、その決着をつけるときに・・ま、この同居してる男性と別れるのか、キチンと結婚するのか、ということ・・

相談者:
いや、別れるのは、まったく、

加藤諦三:
考えてない?

相談者:
ないです、はい。

加藤諦三:
で、ご主人、この男性の方はどう言ってるんですか?、結婚するっていうことに。

相談者:
いや、したいっていう風に言ってるんですけど・・

加藤諦三:
そうすると・・だけど、今、当面、この結婚したいけれども、

相談者:
そう・・

加藤諦三:
ひとつが、今、娘さんの・・

相談者:
はい。

加藤諦三:
反対と、もう一つが、その同居してる男性のお子さんが受け入れられないのと、元の奥さんの問題があるということですね。

相談者:
そうです。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。