妻が別居を切り出した理由を額面通りに受取る相談者


テレフォン人生相談 2014年11月19日 水曜日

相談者: 男35歳 妻29歳 娘5歳

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

スポンサードリンク

相談者:
嫁との夫婦関係についてなんですけれども。

今井通子:
ご結婚何年目ですか?

相談者:
5年目です。

今井通子:
あなたは会社員?

相談者:
はい、会社員です。

今井通子:
奥様は専業主婦ですか?

相談者:
いえ、パートとして働いてます。

今井通子:
働いてらっしゃる。

相談者:
はい。

今井通子:
はい。
で、どういう問題でしょう?

相談者:
ええと、一ヵ月半くらい前に、

今井通子:
はい。

相談者:
嫁の態度がおかしくなりまして。

今井通子:
はい。

相談者:
突然、夜の生活を拒むようになりまして。

今井通子:
はい。

相談者:
元々、うちは親との仲があまりよくなくてですね、

今井通子:
はい。

相談者:
親と同居なんですけども、

今井通子:
あ、なるほど。

相談者:
はい。

今井通子:
お父さまは、お幾つですか?

相談者:
えとお、65です。

今井通子:
お母さまは?

相談者:
えー、62です。

今井通子:
これは、二世帯住宅?
そうじゃなくて?

相談者:
いえ、えとー・・

今井通子:
皆さん一緒?

相談者:
ええ、一緒です、はい。

今井通子:
はい。
で、お父さまは、もうリタイアされてるの?

相談者:
いえ、まだ、働いてます。

今井通子:
会社にお勤め?

相談者:
自営ですね。

今井通子:
自営ですね。

相談者:
はい。

今井通子:
それから、お母さまは?

相談者:
専業でやってます。

今井通子:
専業主婦でらっしゃる?

相談者:
はい。

今井通子:
で、お嫁さんの態度が?

相談者:
ええと、突然おかしくなりまして・・えとお・・おかしいなと思って話は聞いたんですけども。

今井通子:
はい。

相談者:
とりあえず、親との仲・・の問題と・・私の収入がちょっと・・満足にいく額にいってないらしくて・・

今井通子:
はい。

相談者:
うん。
そのこと・・もありまして、ちょっとストレスが溜まってたようなんですよ。

今井通子:
はい。

相談者:
あと、もう一つが、えとー、私から昔・・酷いことを言われた、って言われまして。

今井通子:
はい。

相談者:
それが、ちょっと・・あまり、うちの嫁が・・やっぱ、親と仲が良くないんで・・家に居たくなくて・・日曜日が休みなんですけども、出掛けてしまうんですね・・あの・・娘と一緒に。

今井通子:
はい。

相談者:
なので・・何週間も掃除機を掛けない日が続いたり・・して・・そんで・・そのことについてちょっと・・きつく言ってしまったんですね。

今井通子:
はい。

相談者:
うん、そのことも言われまして。

今井通子:
週末に関しては、

相談者:
はい。

今井通子:
あなたは、一緒に行くんじゃなく、奥様とお子さんだけが、どっか遊びに行っちゃうの?

相談者:
そうです、はい。

今井通子:
それは何、どうしして?

相談者:
嫁が遊びに行く家ってのが・・えっと、高校時代の友人らしいんですけど。

今井通子:
なるほど、奥様の女友達の家に遊びに行くのか。

相談者:
はい、そうです、そうです、はい。
それでえ、最近ですね、話し合いまして、このままじゃ、あんまし良くないと思いまして。

今井通子:
はい。

相談者:
収入が少ない点については、自分がアルバイトをする形をとりまして。

今井通子:
はい。

相談者:
そんで、親とあまり仲が良くないので・・ええと、県営住宅なんかを探してるんですね。

今井通子:
はい。

相談者:
それで、嫁のストレスを一つづつ無くしていこうかと思ったんですけども。

今井通子:
はい。

相談者:
とりあえず県営住宅が決まるまで、別居しようっていう話になったんですよ。

今井通子:
はい。

相談者:
それで、今日・・あの、むこうの親御さんに、これから、県営住宅を探すので協力して頂けませんか?、っていう挨拶に行こうかと思ったんですけども。

今井通子:
はい。

相談者:
ちょっと、昨日、トラブルがありまして。

今井通子:
はい。

相談者:
はい。
嫁・・の携帯に、男の名前で電話があったんですね。

今井通子:
はい。

相談者:
で、そのことを問い質したんですけども。

今井通子:
はい。

相談者:
◆△%、ちょっと、出費がかさみまして、嫁が知り合いの・・スナックのような・・夜のバイトに3日間だけ行ったんですね。

今井通子:
はい。

相談者:
うん、そのときに知り合った人で・・そのときのお客さんだった、って説明があったんですけども・・ちょっとおかしいなって思って。

今井通子:
はい。

相談者:
うう・・で、今、すごく悩んでいまして・・私は離婚は、ぜっ・・特には考えていないんですけども・・嫁の口から・・ちょっと・・離婚も考えてて、っていうことも言われたんですね・・そのお、一ヶ月半前に。

今井通子:
え?、一ヶ月半前っていうと、ちょうど、態度がおかしくなったときね。

相談者:
そうですね、はい。

今井通子:
態度がおかしくなったときに、要するに、嫁姑問題があるから、別居したいと。

相談者:
はい。

今井通子:
それから、その・・給料が、安いから、なんとかしろと。

相談者:
はい。

今井通子:
それから、あなたが掃除しない、と、きつく怒ったのを恨んでいると。

相談者:
はい。

今井通子:
それは、一ヵ月半くらい前に、全部言われたことなわけね?

相談者:
そうですね、はい。

今井通子:
で、そのときに、もう一つ言ったのが、だから離婚も考えている、っていう話?

相談者:
はい。
そうですね、はい。

今井通子:
うん。
結局、ご質問は・・

相談者:
はい。
嫁との・・夫婦関係をどうして・・どうやっていったらいいのかな・・もう分からなくてですね。

今井通子:
なるほど。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。