いじめと進路に悩む17歳。 まさに異次元のアドバイス


テレフォン人生相談 2014年12月11日 木曜日

相談者: 男17歳 両親と兄と姉の3人暮らし

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

今日の一言:
自分を救うもの、それはパラダイムシフト、視点を変える。

スポンサードリンク

加藤諦三:
高校生?

相談者:
高専生です。

加藤諦三:
高専、はい。
それで、今、は、お父さんとお母さんと一緒に暮らしているんですか?

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、兄弟は?

相談者:
3人兄弟。

加藤諦三:
3人兄弟で、

相談者:
末っ子なります。
・・
僕は。

加藤諦三:
末っ子ですか?

相談者:
はい。

加藤諦三:
はい。
上はお兄さん?、お姉さん?

相談者:
兄一人、姉一人・・

加藤諦三:
何歳ですか?

相談者:
兄の方が24歳です。

加藤諦三:
はい。
そいで、お姉さんは?

相談者:
18です。

加藤諦三:
はい。
どんな相談ですか?

相談者:
進路変更・・のことでですね、えー、

加藤諦三:
進路変更っていうことは、今、高専に行ってるけども、

相談者:
やめたい。

加藤諦三:
やめたいということね?

相談者:
はい。

加藤諦三:
そのことを・・は、もう誰かと相談したの?
お父さん、お母さんと相談したとか。

相談者:
はい。
しましたけど、

加藤諦三:
はい。

相談者:
むこうが言ってることもよく分かるんですけど、

加藤諦三:
はい。

相談者:
僕のことを分かってくれないっていうか・・

加藤諦三:
はい。
むこうが言ってることは分かるけれども、僕の気持ちは分かってくれないということで・・
むこうの言ってることっていうのは、どういうことを言ってるわけですか?

相談者:
うんと・・高専を中退すると、

加藤諦三:
はい。

相談者:
履歴書に傷が付くといいますか・・

加藤諦三:
はい。

相談者:
将来、あまり、いい目で見られないよ・・

加藤諦三:
はい。

相談者:
ということと、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
中途半端でいくと、

加藤諦三:
はい。

相談者:
これからもまた、逃げるといいますか、

加藤諦三:
はい。

相談者:
えー、そのお、嫌なことから逃げる・・ていうこと・・になるかもしれないよ、っていうことは言われました。

加藤諦三:
はい。
俺の気持ちは分かってくれないって・・僕の気持ちはって・・
この部分が分かってくれないってのは・・どの部分ですか?

相談者:
えっとー、僕、学校で、

加藤諦三:
はい。

相談者:
クラスメイトから、下に見られてるんです、結構。
バカにされることが多かったりい、あと、物を隠されるっていうことが多いんですよ。

加藤諦三:
物を隠されるっていうのは、例えばどんな物を、隠されるんですか?

相談者:
体操着・・とかあ、関数電卓とか、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あとは・・一番酷いもので、定期券とかが、無くなってたりしました。
学生証・・とかも無くなったりとかもしました。

加藤諦三:
それがなくなると・・それこそ、あなた・・通学で帰っちゃうときに困っちゃうわね?

相談者:
はい。
でも、定期券が無くなったときは、

加藤諦三:
うん。

相談者:
僕、みんなの前で110番通報したんですよ。
定期券が無くなりましたって。

加藤諦三:
はい。

相談者:
先生に言ってもダメだったんで・・もう、何していいのか分からずに、

加藤諦三:
はい、はい。

相談者:
110番通報してしまったんですね。

加藤諦三:
はい、はい。
よ、よくやったねえ。

相談者:
はい。
あと・・えっと、僕、教卓の中を朝、学校に来てから探したんですけど、無かったんです。
だけどお、その、110番通報した直後に、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
放課後、もう一回・・教卓の中調べたら、有ったんですよ、定期入れが。

加藤諦三:
ああ、はい。

相談者:
はい。
定期入れは戻ってきました。

加藤諦三:
そいで・・馬鹿にされたという風に覚えている?

相談者:
はい。

加藤諦三:
と感じている?

相談者:
で、その直後・・あたりから、僕の、

加藤諦三:
うん。

相談者:
なんだろ?、ジュースを勝手に飲んだりとかあ・・そんなんで怒ったりとか・・あとお、携帯を持ち始めた直後なんですね。

加藤諦三:
はい。

相談者:
で、面白がって、スマフォで僕の・・写真を撮りまくったりとかして、僕が怒る・・ていうことはよくありました。
はい。

加藤諦三:
あの、傲慢なところを持っていたので、うまくいかなくて孤立してきちゃったという風に考えるのか・・

相談者:
はい。

加藤諦三:
それとも、気が弱くて、

相談者:
はい。

加藤諦三:
みんなに面白いように苛められて、今、孤立してる、という風に考えるのか・・
どっちだと思う?

相談者:
孤立はしてないですね。
全員が全員、馬鹿にしてきたり、隠したりするわけじゃないです。
だけど、

加藤諦三:
うん。

相談者:
なんだろ・・勉強教えてくれたりとか・・する人もいるんですけど・・その・・その人たちも、

加藤諦三:
うん。

相談者:
僕のことを苛めてくるグループの前では、結構知らんぷりしちゃう・・みたいな、そんな感じになってる・・

加藤諦三:
あの、家ではどうでした?
家では従順?
お父さん、お母さんの言うことに。

相談者:
そうですね、言いなりになるって言うほどではないですけど、まあ・・はい。

加藤諦三:
いや、言いなりに、なってたんじゃないのかな?

相談者:
・・

加藤諦三:
それほどではない、って言うけど。
従順っていうより、服従?

相談者:
そう・・ですねえ・・
えっと、高専やめたいこと、もう一個・・理由、もう一個あるんです。

加藤諦三:
うん。

相談者:
その高専の勉強合わないってこと・・理系の勉強ばっかやってえ、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
合わないなって感じること・・ま、実験とか、そういう教科が、自分には苦手だってことと、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
あと、自分で、高専に行きたいって言ってえ、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
そうなったんなら・・分かる・・まだ分かるんですけど、親の薦めですね。
小学校のときから、高専に行け、高専に行け、って言われてました。

加藤諦三:
うん、

相談者:
それで、

加藤諦三:
うん。

相談者:
嫌になりました。
もう、何で?、その・・なんだろうな・・
僕、電車が好きなんです。

加藤諦三:
電車?

相談者:
鉄道です、鉄道。

加藤諦三:
はい、はい。

相談者:
車掌、車掌になりたいと。

加藤諦三:
はい、はい。

相談者:
昔から思ってました。

加藤諦三:
はい。

相談者:
親がですね、鉄道関係なら、高専だと。
言うんですよ。

加藤諦三:
うん。

相談者:
高専卒でえ・・なる・・鉄道関係でなる仕事って、鉄道を作る仕事だって・・高専に入って初めて気づいたんですね。

加藤諦三:
うん。

相談者:
それまで、小学校のときから、散々、高専は、就職が楽だとか、高専に行けば・・進学が楽だとか、

加藤諦三:
うん。

相談者:
散々言われて、

加藤諦三:
うん。

相談者:
理系が最高だと。
文系に行けば、就職出来なくて、

相談者:
うん。

加藤諦三:
フリーターになったり、自殺する人だっているんだって、昔から言われ続けて、

加藤諦三:
うん。

相談者:
でえ、今思えば、なんか、騙されたような、

加藤諦三:
うーん。

相談者:
感じがするわけです。

加藤諦三:
うーん、うーん。

相談者:
で、やめたいなと、思って・・うん。

加藤諦三:
あの・・車掌になりたいって希望はキチンとあったんだよね?

相談者:
ありました。

加藤諦三:
今日の相談っていうのは、

相談者:
はい。

加藤諦三:
自分のやりたいことと、

相談者:
はい。

加藤諦三:
お父さん、お母さんと意見が合わなくて、

相談者:
はい。

加藤諦三:
困ってる、どうしよう、と。

相談者:
親を説得出来ないんですよ。

加藤諦三:
ということですね?

相談者:
はい。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。