ストーカーのつもりはない。話し合いたい


テレフォン人生相談 2014年12月15日 月曜日

相談者: 男31歳独身

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

今日の一言:
人は、個性化の過程で誰でも孤独と不安に苦しみます。

スポンサードリンク

相談者:
えーと、男女関係のトラブルなんですけど。

加藤諦三:
はい。

相談者:
ま、5年ちょっと前くらいから、

加藤諦三:
はい。

相談者:
えー、ま、同棲・・というか、元職場の同僚なんですけども、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ま、一緒に住んでた相手がいまして、

加藤諦三:
はい。

相談者:
現実的に、籍を入れようという話もしてたんですけど、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ま、それが、色々ありまして、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ま、相手側から、一方的に、もう、出てって、という話になりまして(笑)、

加藤諦三:
はい。
出て行ってくれっていうことは、今、住んでいる場所は・・ていうか、そんとき住んでた場所は、共同のものじゃなくて、相手の女性の、

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
所だったわけ?

相談者:
はい、そうですね。
元々実家に僕は、住んでたんですけれども、

加藤諦三:
あー、なるほど、はい。

相談者:
ま、相手・・が、ま、連れ子が・・子供がいるんですけども、

加藤諦三:
はい。

相談者:
えーと、相手と、相手の子供が、暮らしている家に、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ま、一緒に住む形になったと。

加藤諦三:
ええ。

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、そのお、相手の女性は、何歳くらいなの?

相談者:
えーと、43くらいです。

加藤諦三:
43・・
で、お子さんは何歳くらいですか?

相談者:
14・・だったと。

加藤諦三:
14歳。
お子様は、男の子?女の子?

相談者:
男の子・・です。

加藤諦三:
男の子。

相談者:
はい。

加藤諦三:
そうすると、そのお、彼女の家を出たのは、

相談者:
はい。

加藤諦三:
どのくらい前ですか?

相談者:
半年くらいですね。

加藤諦三:
半年くらい前。

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、家を出たけれども、

相談者:
はい。

加藤諦三:
交際は、続いていたの?

相談者:
いや、もうー、ほぼ、むこうは終わらしたいみたいな・・

加藤諦三:
あ、

相談者:
早く荷物を持って出てくれと。

加藤諦三:
ええ。

相談者:
で、その最後の最後、出て・・行ったとき、包丁を突きつけられて出て行ったって感じで(笑)。

加藤諦三:
はあーん。

相談者:
はい。

加藤諦三:
んー。
そいで、あなたが今日、相談というのは、

相談者:
はい。

加藤諦三:
こういうような状態で、あなたは、別れたくないということ?

相談者:
あの、第一・・で言うならばそれが理想なんですけれども、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ただあ、最近、えー、ま、警察の方が入りましてえ、えー、最近、その、メールでのやり取りの中でえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
えと、僕のことを、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
ストーカーとか、

加藤諦三:
はい。

相談者:
DVが・・ある・・というような、

加藤諦三:
はい。

相談者:
相談を警察の方に、むこうがしたみたいで、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ま、えーと、仕事中に電話が掛かってきまして、

加藤諦三:
警察から?

相談者:
はい。

加藤諦三:
はい。

相談者:
で、出頭して欲しいと。

加藤諦三:
はい。

相談者:
で、僕が出頭する形になったと。(笑)

加藤諦三:
うん。
つまり、ストーカーのようなマネをしていたってわけではないんでしょう?

相談者:
えーと、僕自身の中では、そんなつもりはまったくなくて、話し合いをしようという形と、

加藤諦三:
うん。

相談者:
直接話し合いが出来ないのであれば、

加藤諦三:
うん。

相談者:
えーと、代理人を立てるなり、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
えっと、共通の知人を入れて、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
話をしようという、そのいくつかの提案を、してたんですけども、

加藤諦三:
はい。
その提案の目的は、要するに・・元の鞘に納まりたいということですね?

相談者:
えーと、

加藤諦三:
何の為の話し合いか?、ということです。

相談者:
そうですね。
その、僕の中では、第一に、それ・・が出来ればという思いはあるけども、

加藤諦三:
はい。

相談者:
もう、その、包丁を突きつけられたりという状況で、もう半年間、出てる状況下で、

加藤諦三:
はい。

相談者:
それが、不可能であれば、この5年間のあった事実だけでも、認めて欲しいという思いがあって、

加藤諦三:
はい。

相談者:
最近、相手は、そのお、内縁だったと・・内縁というか、一緒に生活してたとか、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
結婚は・・約束してたとかも無かった、って言うんですよね。

加藤諦三:
ああ、要するに、あなたは婚約不履行という・・ことで、

相談者:
はい。

加藤諦三:
この、43歳の女性から、

相談者:
はい。

加藤諦三:
なんらかの慰謝料みたいなものが欲しいということですか?

相談者:
いや、お金・・は要らないんですけど(笑)、

加藤諦三:
はい。

相談者:
その、事実だけ、

加藤諦三:
ああ。

相談者:
を、認めて・・その、・・当然、僕にも悪いところがあると思うし、

加藤諦三:
はい。

相談者:
むこうにも、当然悪いとこはあると思うし、

加藤諦三:
はい。

相談者:
お互い、いいとこ・・たくさんの思い出もあるし、

加藤諦三:
はい。

相談者:
その、それを無かったとか言われてしまうと、

加藤諦三:
ああ、そういうことですか?

相談者:
(笑)はい。

加藤諦三:
証拠・・見たいなものが欲しいと。

相談者:
そうです、その、中途半端な状況が僕の中ではすごく苦痛で、

加藤諦三:
うん。

相談者:
で、それならば、そういう決め事というか・・
その、お金とか、そんなんじゃなくて、ある程度お互いが謝るとこは謝って、次の未来に向かって進んでいくのならば、進んでいけたらな、という思いはあるんですけど。

加藤諦三:
うーん。
あのお、代理人を立てるっていうことはもう、家庭裁判所の調停に・・なんか、もうすでに、してるっていうこと?

相談者:
いや、してないですけど、話が出来ないのであれば、

加藤諦三:
はい。

相談者:
もう、そういう形を取らせて頂くというメールを送っていたので・・はい。

加藤諦三:
なるほど、なるほど。
話し合いが出来ないのであれば・・そういうことを・・に、なりますよ、というメールをしていたと。

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、今の段階では、まあ、調停には、入ってない。

相談者:
そうですね、はい。

加藤諦三:
で、どうしましょうか?、ということですね?

相談者:
そう・・ですね。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。