恋愛依存症の女の生態。同棲して結婚して浮気して、夫の心配して・・


テレフォン人生相談 2015年1月21日 水曜日

相談者: 女34歳 夫42歳 子なし

パーソナリティ: 加藤諦
回答者: 中川潤(弁護士)

今日の一言: 不幸を受け入れる。そこから出発します。

スポンサードリンク

(家族構成のやりとりは省略)

相談者:
最近、離婚を考えてるんですけどお、

加藤諦三:
はい。

相談者:
はい。

加藤諦三:
いつ頃からですか?

相談者:
えっとお、半年くらい前からです。

加藤諦三:
あ、そうですか。
で、これ、恋愛結婚ですか?

相談者:
はい。

加藤諦三:
はい。
でえ、結婚してから、どのくらい経つの?

相談者:
えと、3年、なんですけどお、

加藤諦三:
はい。

相談者:
えっと、その前に、同棲を、10年くらい、

加藤諦三:
ああ。

相談者:
してます。

加藤諦三:
そいでえ、3年経ち・・その間、子どもは産まれなかったわけですねえ?

相談者:
はい。

加藤諦三:
子どもは作りたいとは思わなかった?

相談者:
えっと、今、セックレス・・ですね。

加藤諦三:
あー、

相談者:
籍入れる前から。

加藤諦三:
ふうん。
だけど、籍を入れたけれども、先ほどの話だと、半年前くらいから、

相談者:
はい。

加藤諦三:
離婚したくなったと。

相談者:
を考えるようになった。

加藤諦三:
あ、考えるようになった。

相談者:
はい・・はい。

加藤諦三:
で、その半年間と、その前とは、どこが違ったんですかねえ?

相談者:
・・
えーと、正直い、

加藤諦三:
はい。

相談者:
えと、も、体の関係は無かったんですけどお、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
私に好きな人が出来まして、

加藤諦三:
ああ。
要するに、離婚・・したいっていうのは、

相談者:
はい。

加藤諦三:
この人と離婚したいっていうんじゃなくて、好きな人が出来たということですね?

相談者:
・・えと、好きな人が出来・・たんですけどお、

加藤諦三:
うん。

相談者:
えっと、そのときは、◆△%&で、結局、もう、終わってるんですよ。

加藤諦三:
あ、新しい彼が一旦出来たんだけれども?

相談者:
はい。
別れてえ、

加藤諦三:
別れて、

相談者:
はい、今は。

加藤諦三:
はい。

相談者:
誰も・・誰もいないというか、一人ですね。

加藤諦三:
ああ、そうか、そうすると、好きな人が出来たんで、

相談者:
はい。

加藤諦三:
初めて、

相談者:
はい。

加藤諦三:
2人の生活の虚しさに気が付いたということ?

相談者:
・・なのかも知れない・・よく分んないですけどお。
たぶん、まだ若かったっていうのもあるんだと思うんですけどお。

加藤諦三:
ええ。

相談者:
◆△%、もう、何回か、浮気はしてるんです、私も、彼も・・旦那も。

加藤諦三:
あ、お互いに浮気してるわけ?
それがお互いに分っているわけ・・ああ・・

相談者:
えっと、私は、

加藤諦三:
うん。

相談者:
分ってるんですけど、むこうは・・旦那の方は、気付いてないと思います。

加藤諦三:
あなた、何回くらい、そのお・・浮気してるんですか?

相談者:
3回、4回、くらい。
その・・体の付き合い・・だったんです。

加藤諦三:
心・・は、触れてないっていうか、

相談者:
はい。

加藤諦三:
好きでは無かったの?

相談者:
好き・・好き・・うん、好き、っていう・・ことでもなかったんだと思います。

加藤諦三:
そいで、3回、4回って言いましたよね?

相談者:
はい。

加藤諦三:
て、これは、あなたにとって、

相談者:
はい。

加藤諦三:
かなり、激しい衝動ですね?

相談者:
・・

加藤諦三:
やめられない、ていうか。

相談者:
・・
誰か・・誰か、なんか、側に居て欲しいっていうか、

加藤諦三:
うん、そういうこと、そういうこと。

相談者:
はい。
ていう気持ちは、常に、あります。

加藤諦三:
と、その当時の、7年間・・とにかく、そういう・・その性的な、衝動・・ばっかりが、頭の中にあったんじゃないの?

相談者:
・・
でも、この前別れた、

加藤諦三:
うん。

相談者:
人とは、

加藤諦三:
うん。

相談者:
そういう、体の関係は、一切なかったです。

加藤諦三:
うん、うん。

相談者:
はい。

加藤諦三:
ですから、そこで、初めて、自分・・さっきも言ったように、

相談者:
はい。

加藤諦三:
自分の・・生活の、虚しさっていうものに気が付いたんだろうね。

相談者:
はい。

加藤諦三:
そうすると・・今のご主人、42歳って言いましたっけ?

相談者:
はい。

加藤諦三:
その42歳の彼との生活は、前とは変わってないけど、嫌んなるねえ。

相談者:
嫌なんです、はい。

加藤諦三:
この嫌ってのは・・ど、どの程度?、あのお、一緒に居て意味が・・感じられないっていう・・あるいは、生活、生き甲斐が無いっていうかね、張りが無いっていう・・程度なのか、

相談者:
はい。

加藤諦三:
それとも、もう、一緒に居ることに嫌悪感を感じるっていうか、

相談者:
・・正直・・今、職場が、一緒なんですけど、旦那と。

加藤諦三:
はい。

相談者:
でえ、ま、むこうの方が先に終わることがあってえ、

加藤諦三:
うん。

相談者:
で、もう、先に家に居るんですよ。

加藤諦三:
うん。

相談者:
たら、なんか、帰りたくないなとか、

加藤諦三:
あ、帰るのが嫌ね。

相談者:
はい。
でも、ねえ、どこも行くとこ無いんで、

加藤諦三:
うん。

相談者:
も、仕方なく帰るというか。

加藤諦三:
すると、帰って、

相談者:
はい。

加藤諦三:
玄関入るっていうか、ドア開けるっていうか、

相談者:
はい。

加藤諦三:
もう、なんか、すっごい、重苦しい感じだね。

相談者:
重いです、はい。

加藤諦三:
ね。

相談者:
でもお、嫌いではないんですよ。

加藤諦三:
あ、嫌いじゃないの?

相談者:
嫌いじゃないんです。
優しい・・んで。

加藤諦三:
でも、離婚はしたいっていうことですよね?

相談者:
離婚は・・したい・・したいんですけどお、

加藤諦三:
うん。

相談者:
やっぱ、ほんと、嫌いではないので・・どうなのかな?っていうのと、

加藤諦三:
うん。

相談者:
あと、別れた後にい、

加藤諦三:
うん。

相談者:
旦那が?

加藤諦三:
うん。

相談者:
どうなっ・・ちゃうのかな?、とか。

加藤諦三:
ん?
旦那がどうなっちゃうのかな?、って、どういうこと?

相談者:
一人になってえ、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
大丈夫かな?、とか。

加藤諦三:
はい、はい、そういうことね。

相談者:
はい。
を考えると、

加藤諦三:
うん。

相談者:
なかなか、

加藤諦三:
別れられないねえ。

相談者:
別れられない。

加藤諦三:
うん。
離婚はしたいけれども、離婚は出来ない。

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、今、立ち往生してるということですね。

相談者:
はい。

加藤諦三:
はい、分りました。
大変難しい・・質問だろうと思いますけれども、

相談者:
はい。

加藤諦三:
法律論だけでなく。
大変豊かな、人生経験を語ってくれる、弁護士の中川潤先生です。

相談者:
はい。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。