オレ様夫との離婚を考える妻。 賛成されて思い留まるの巻


テレフォン人生相談 2015年1月24日 土曜日

相談者: 女29歳 夫30歳 結婚7年目 子ども3人(長女小1 長男5歳 次女7ヶ月)

パーソナリティ: 今井通子
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

スポンサードリンク

相談者:
主人との夫婦関係・・があ、ちょっとあまり良くないのでえ、

今井通子:
はい。

相談者:
それが、子どもにちょっと影響して・・るので、ちょっと、ご相談させて頂きたいなって思ったんですけども。

今井通子:
あら。
(年齢、家族構成のやりとりは省略)
はい。
まずですね、ご主人と、うまくいかなくなったってのは変ですけど、いつ頃から?

相談者:
ま、子どもが産まれたくらいからあ、

今井通子:
ええ。

相談者:
ちょっと、まあ、自分(夫)が、主じゃなくなったのが、まあ、嫌・・から始まったんですけどお、

今井通子:
はい。

相談者:
長女が一歳の頃に、

今井通子:
はい。

相談者:
こう、車を・・に、子どもが後ろについてヨチヨチいってたときにい、

今井通子:
はい。

相談者:
主人が戸をバーンッと閉めたのに、娘の手があって挟んでしまったんですけどお、

今井通子:
はい。

相談者:
それを、
「だいじょぶ?」、じゃなくってえ、

今井通子:
ええ。

相談者:
「何、しとんや!、お前はこんなとこに手を挟んで!」、っていうとこ・・を怒ったんですね。

今井通子:
な、お子さんに怒ったの?

相談者:
子どもにです。
一歳の。(笑)

今井通子:
あっらあ。
手、大丈夫だった?

相談者:
あ、手、すぐ、私が、ちょっと行って、冷やしたんですけどお。
で、誰も責めてないんですけどお、

今井通子:
ええ、

相談者:
こいつが勝手にやったと、言うんですよね。

今井通子:
ふうん。

相談者:
要するに、自分が悪くないっていうのを常日頃・・から、言いたい、みたいでえ、

今井通子:
ふうん。

相談者:
で、もう、娘も大きいんですけどお、

今井通子:
ええ。

相談者:
自分が、ちょっと力加減が、

今井通子:
ふん、ふん。

相談者:
主人も強すぎて、っていうときに、

今井通子:
うん。

相談者:
「痛いっ」、て子どもが言ったら、

今井通子:
うん。

相談者:
「そんなことしてへんやろ!、してへんやろおが、なあ?」、みたいな、こう、急にカアッと、こう・・血が上っちゃってえ、

今井通子:
ええ。

相談者:
自分が悪くないっていうのを必死に、こう、訴え出す・・

今井通子:
ご主人がねえ。

相談者:
はい。
で、娘があ、
「痛くないやろ!」、と言われると、何にも言えなくなっちゃってえ、

今井通子:
ええ。

相談者:
なんか、愛されてるのかあ、なんか、手つないで優しいパパなのかあ、複雑な、

今井通子:
ふうん。

相談者:
感じがあ、子どもの中で、あってえ。
でえ、それを私が、娘とか息子をカバーする・・とよけいに、こう、ヒートアップしちゃってえ、

今井通子:
ええ。

相談者:
「出て行け!」、とか、そういう風になってくるんですけどお。

今井通子:
ふうん。
で、あなたに対してはどうなの?

相談者:
えー、手があが、手をあげたりはするんですけどお。
ま、私も言葉がちょっと・・「止めなさい!」、とかっていうことを言うので、
「偉そうに言うな」、っていうことで、胸ぐら掴まれたりとかあ、そういうのを、まあ、子どもも見ててえ、怯えてる感じなんでえ、

今井通子:
ということは、

相談者:j
はい。

今井通子:
夫婦喧嘩は、ただ口喧嘩だけじゃなくってえ、

相談者:
そうです。

今井通子:
行動を伴うわけね?

相談者:
はい、そうですね。

今井通子:
それで、でも、大喧嘩になっちゃって離婚するとかいう話にはならないんでしょ?

相談者:
いや、あの、ずっとなってるんです。

今井通子:
離婚しようかなあ、と、もう思ってるわけ?、あなたは。

相談者:
はい、常に思ってます。
でも、やっぱり、パパ頑張ってるし、お仕事頑張ってるし、って言う・・娘たち見てたらあ、

今井通子:
うん。

相談者:
私が奪うのかあ、とか、そういう風に、思って・・しまいますね。

今井通子:
ううん。
あなたの、お父さま、お母さまってお元気?

相談者:
はい、元気です。

今井通子:
お幾つくらいかしら?

相談者:
えっとー、50代ですね。

今井通子:
50代。

相談者:
はい。

今井通子:
あの、別にお住まいなんでしょ?

相談者:
はい、別に、30分くらいの距離の場所に、住んでます。

今井通子:
で、まだ50代だと、現役でらっしゃる?

相談者:
はい。

今井通子:
お父様は、じゃあ、会社かなんか、でお勤め?

相談者:
いや、自営業してます。

今井通子:
自営業。

相談者:
はい。

今井通子:
はい。
お母さまは?

相談者:
それを、事務、してます。
一緒に。

今井通子:
あ、じゃあ、ご一緒に自営業やってらっしゃるのね。

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
で、あなたご兄弟は?

相談者:
と、3人兄弟で、兄と妹が・・います。

今井通子:
あ、じゃあ、あなたが真ん中?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
はい。
一方で、

相談者:
はい。

今井通子:
ご主人の方のお父さま、お母さまは?

相談者:
自営です。
自営で、事務で、同じですね。

今井通子:
同じ。

相談者:
はい。

今井通子:
はい。

相談者:
はい。

今井通子:
でえ、やっぱりご兄弟も、

相談者:
はい。

今井通子:
何人かいらっしゃる?

相談者:
はい。
3人、男、ですね。

今井通子:
(笑)男兄弟ばっかりなんですね?

相談者:
はあい。

今井通子:
ああー、そうすると、そのご主人は、その、男兄弟の何番目?

相談者:
真ん中です。

今井通子:
真ん中。
境遇的には、割りに、近いものがあるんですね、男女の違いだけで。

相談者:
そうですね、はい。

今井通子:
ふうん、なるほど。

相談者:
はい。

今井通子:
でえ、あなたのご実家の方の、お父さん、お母さんには、ご相談されたことあるの?

相談者:
はい。
ありますね。

今井通子:
お母さんとか・・の、ご意見は?

相談者:
あ、母はもう、早い段階からあ、別れて戻ってきて、欲しい、っていうのは、ずっと言われてるんですけどお、

今井通子:
うん。

相談者:
お父さん、は、そのお、家に入ったんだからあ、

今井通子:
うん。

相談者:
自分がもっと、お母さんに、むこうの、お母さんに訴えていきなさいと・・言うんですけど。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい。

今井通子:
それで、

相談者:
はい。

今井通子:
結局う、そうすると?
今日のご相談は、小学校のお子さん?

相談者:
はい。

今井通子:
のことが心配なんですか?
それとも、どうしたもんでしょう・・この・・(笑)

相談者:
うーん。

今井通子:
夫を、って話なの?

相談者:
ちょっと、なんか、娘が、家で・・は(わ)あ、そういうことはしないんですけどお、

今井通子:
ええ。

相談者:
ちょっと、下校のときとかに、私が後(あと)をついたあのがあ、ちょっと、その、なんか、「暴力的やなあ」、という風に、なことを聞いたんでえ、

今井通子:
あの、暴力的って言うのは、お友達に対して?

相談者:
そうですね。

今井通子:
どっちかっていうと、苛めっ子側になってるの?

相談者:
苛めるっていうか、遊び・・が度が過ぎてるっていうか、蹴ったりとかあ、

今井通子:
蹴ったりっていうのは、何、お友達を蹴る?

相談者:
はい。

今井通子:
ああー、そういうことなんですか。

相談者:
はい。

今井通子:
そのことについて、話はした?

相談者:
えっと、まだあ・・・。
えっと、したことはあるんですけど、

今井通子:
うん。

相談者:
「なんで、俺に言うんや」、とかあ、
「お前の育て方が悪いから」、とか、

今井通子:
おっとっとっと、そこまで言う?

相談者:
はい、あの、あ、「お前が育てたらアホな子になる」、とか、

今井通子:
(笑)

相談者:
そういうことばっかり、しか言わなくって、

今井通子:
(笑)

相談者:
怒って終わりなんです。

今井通子:
(笑)もう、かなりの反抗期ですね。

相談者:
(笑)だから、話にはならないのでえ、

今井通子:
うーん。

相談者:
ちょっと、どうしたらいいんか、どうしたらいいんか、って自分で、

今井通子:
じゃ、もう一度伺いたいんだけれども、

相談者:
はい。

今井通子:
今日のご相談のポイントは、じゃあ何にします?

相談者:
子どもの、ために、別れた方がいいのか?、とか、これから、影響が大きくなるのか?、ていう感じですね。

今井通子:
うーん。
分りました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。