急死した息子の退職金を生まれてすぐに別れた夫に渡したくない


テレフォン人生相談 2015年1月27日 火曜日

相談者: 女63歳 5年前に再婚した夫65歳 急死した別居の息子39歳 息子と暮らしていた独身の兄65、6歳

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

スポンサードリンク

相談者:
えーとですね、最近なんですけども、

今井通子:
はい。

相談者:
39歳になる息子が、

今井通子:
はい。

相談者:
突然・・ベッドの中で、心筋梗塞で亡くなってたんですね。

今井通子:
え!。
はい。

相談者:
はい。
そして、

今井通子:
はい。

相談者:
それが分らなかったんですけども、

今井通子:
はい。

相談者:
ま、たまたま・・寝てるもんだと思いまして、

今井通子:
はい。

相談者:
そしたらあ(笑)、もう、冷たくなってたんです。

今井通子:
はい。

相談者:
え、でえ、離婚したのが、その、39年前なんですね。

今井通子:
あ、あなたが離婚されたのが、39年前。

相談者:
はい。

今井通子:
はい、はい。

相談者:
はい。

今井通子:
はい。

相談者:
ですから、産まれて一ヶ月足らずだったんです。

今井通子:
はい。

相談者:
でえ、もう、結婚した・・年数は、ですから、1年・・ちょっと、あるかないかだったんですけども。

今井通子:
はい。

相談者:
でえ、その、39年前に、別れてから、

今井通子:
はい。

相談者:
一度も、養育費も貰ったことはないし、

今井通子:
はい。

相談者:
会ったことも無いわけですね。
ですから、

今井通子:
ご主人とはね。

相談者:
はい。

今井通子:
はい。

相談者:
今現在、

今井通子:
ちなみに、あなたお幾つ?

相談者:
63です。

今井通子:
63歳。
その元ご主人は?、お幾つ?

相談者:
たぶん・・60うう・・5くらいじゃ、ないんですか。

今井通子:
65くらい、で。

相談者:
はい。

今井通子:
でえ、現在は、

相談者:
はい。

今井通子:
あの、独身でらっしゃるんですか?
それとも、

相談者:
えーと、私は、5年前に再婚しました。

今井通子:
あ、あなたはね。
ご主人は?

相談者:
いえ、分りません。

今井通子:
あ、分からない。

相談者:
はい。

今井通子:
で、再婚された、お相手は・・何歳ですか?

相談者:
65です。

今井通子:
65歳。

相談者:
はい。

今井通子:
はい。
それで?

相談者:
はい。

今井通子:
そのお、元夫の方に問題がありそうだけど。

相談者:
はい。

今井通子:
うん。

相談者:
ですから、はっきり言って、生きてるか死んでるかも分からない状態なんですね。

今井通子:
ああ。

相談者:
ええ。

今井通子:
連絡が取れてるわけじゃあ、ないんですね?

相談者:
ないんです、全然。

今井通子:
ああ、なるほど。

相談者:
それっきりで。

今井通子:
はい。

相談者:
そいで、そのときに、

今井通子:
ふん。

相談者:
別れるときに、50万貰っ・・一応貰ったんですね。

今井通子:
はい。

相談者:
そいで、もう、きれいに・・そこでもう、済んじゃったわけなんですね。

今井通子:
はい。

相談者:
で、養育費も何も無しってことで。

今井通子:
はい。

相談者:
はい。

今井通子:
これは、あれですか?

相談者:
はい?

今井通子:
お互いの、話し合いでそういう風に決められたの?

相談者:
はい・・はい。

今井通子:
ああ、なるほど。

相談者:
はい。

今井通子:
はい。

相談者:
そして、あとは、まあ、うちの、私の実家で、全部、あれ看てもらって、育ててきたわけですね。

今井通子:
あ、はい。

相談者:
私が、ま、働きながら・・看て、

今井通子:
ふうん。

相談者:
あと、私の・・兄がいまして、兄が看てくれたようなもんなんですけども。
はい。

今井通子:
お兄様は、まず、お幾つ?

相談者:
えーと、60・・あ、今度、やっぱり、

今井通子:
65くらい?

相談者:
5・・5、6です。

今井通子:
で、お兄様はお兄様で、だけど、家庭持たれてたんでしょ?

相談者:
いいえ。

今井通子:
あ、独身でらしたの?

相談者:
独身で、ま、死に別れなんですよね。

今井通子:
ほおお。

相談者:
ええ。

今井通子:
あの、ま、一度は結婚されたんだけど、

相談者:
はい。
そうですね。

今井通子:
うん。

相談者:
ただ、

今井通子:
で、お兄さん、お子さんは?

相談者:
いえ、いないです。

今井通子:
いらっしゃらない。

相談者:
はい。

今井通子:
そうすると、ご実家は、お兄さんが継がれてた?

相談者:
一応・・はい。

今井通子:
ふうん。
あの、ちなみに、お父さま、お母さまは、まだご存命?

相談者:
◆△%&して、兄(きょう)・・えー、母親が・・2年・・2、3年前ですね・・に、亡くなりました。

今井通子:
はい。

相談者:
はい。
父親がその前に、やっぱり、3年くらい前に亡くなってます。
そして、

今井通子:
はい。

相談者:
それがですね、

今井通子:
ふん。

相談者:
あのお、大学卒業して、就職したんですよね。

今井通子:
はい。

相談者:
私の息子が。

今井通子:
はい。

相談者:
それが、15年ちょうど経つわけです。

今井通子:
はい。

相談者:
そして・・ま、急にこういう風に亡くなったものでして、

今井通子:
はい。

相談者:
会社から、一応、退職金というものがありまして、

今井通子:
はい。

相談者:
連絡があったには、私と、元夫、

今井通子:
ふうん。

相談者:
に、半、半分づつってことなんですね。
言ってきたのが。

今井通子:
それ退職金。

相談者:
はい。

今井通子:
はい。

相談者:
だから、それがちょっと・・腑に落ちないなと思いまして。

今井通子:
これは、会社の方からの退職金ですよね?

相談者:
はい。

今井通子:
あの、保険金だとかあ、

相談者:
はい。

今井通子:
えー、公的なものではないですよね?

相談者:
ええ。

今井通子:
はい。
これを会社が半分づつという風に、

相談者:
はい。

今井通子:
これは、会社の、弁護士さんかなんかを通じてですか?

相談者:
えーと、まだ、弁護士さんから、ま、いずれは、来る、らしいですけども。

今井通子:
はい。

相談者:
なんか、まだ、その相手が、どういう風になってるか分からないんで、それを調べてみます、ってことだったんですね。

今井通子:
ああ、なるほど。

相談者:
はい。

今井通子:
それでえ、今日のご相談は、そうしますと。

相談者:
そのお、あれが、半分づつになるもんですかねえ?と思って。

今井通子:
その、調べて、分んなかったときは、どうするっていう話ですか?

相談者:
いいえ。
どうするっていうか、結局、

今井通子:
あ、そうじゃなくって、そいじゃ、

相談者:
はい、それを調べても、◆△%&■◎

今井通子:
その、39年前に、

相談者:
はい。

今井通子:
もう、すでに離婚をしていますう。

相談者:
はい。

今井通子:
そして、そのときに、50万を貰ったけど、

相談者:
はい。

今井通子:
その後、慰謝料も、養育費も、貰ってないで、

相談者:
はい。

今井通子:
あなたが、息子さんは育ててらっしゃいました。

相談者:
はい。

今井通子:
従ってえ、あなたの、

相談者:
はい。

今井通子:
元の夫には、

相談者:
はい。

今井通子:
退職金を半分、づつにする、

相談者:
はい。

今井通子:
権利がないんではないか。

相談者:
はい。

今井通子:
ていうことをお知りになりたいと。

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
ああ、なるほど。

相談者:
はい。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「急死した息子の退職金を生まれてすぐに別れた夫に渡したくない」への1件のフィードバック

  1. 私もこの相談ラジオで聞いていて感情的に相談者に腹がたちました
    リスナーなのでこの相談者にもらう権利はあるのはわかるけど
    お兄さんに全額渡すのが筋だろうっておもいました
    この女性の声のトーンも悲しんでいる様には思えなかったし
    この相談者のその後を見てみたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。