女グセの悪い夫をののしる75歳の女は離婚するつもりはない


テレフォン人生相談 2015年1月28日 水曜日

相談者: 女75歳 夫75歳
パーソナリティ: 勝野洋
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

スポンサードリンク

相談者:
あ、あのね、

勝野洋:
はい。

相談者:
私、あのお、ちょっと一緒に住んでる人と50年ですけどね、

勝野洋:
はい。

相談者:
異常でね。
そいで、ちょっと私、どういう風にして考えて生活・・これから先したらいいか分からないんです。

相談者:
えっと、あなたお幾つですか?

相談者:
あ、私75歳です。

勝野洋:
一緒に住んでる方ってのは、ご主人ですね?

相談者:
はい、そうです。

勝野洋:
が、お幾つですか?

相談者:
75です。

勝野洋:
あのお、家族構成・・

相談者:
ん、家族構成は、

勝野洋:
お聞きしてよろしいですか?

相談者:
息子2人でね、

勝野洋:
息子さんが2人。

相談者:
はい。

勝野洋:
お幾つですか?

相談者:
はい、上が48。

勝野洋:
はい。

相談者:
下は45。

勝野洋:
45歳。

相談者:
はい。

勝野洋:
それぞれ結婚なさってるんですね?

相談者:
結婚してます。

勝野洋:
て、今、あの、ご主人と、2人で?

相談者:
そうです。

勝野洋:
住んでらっしゃる?

相談者:
はい。
ほいで、

勝野洋:
はい。

相談者:
女ぐせ・・の悪いのと。
それも、その、私の知らない、他人・・も交えて、

勝野洋:
はい。

相談者:
身内の人ととも、へっちゃらなんですね。
で、そういうことがあまり・・酷い・・それで・・外面・・が良くて、内面が一切悪い。
それから、もう、言葉の暴言。
して、人を馬鹿にしたような、なめたような、態度をとるね。

勝野洋:
はい。

相談者:
で、私が明らかに知ってるとこで、へっちゃらで、ご婦人にボデータッチしてみたり。
そいから・・身内に、嫌なことしてみたり。
色々、あまり、ことが過ぎるので、

勝野洋:
はい。

相談者:
私はもう・・苦しくなっちゃったんです。

勝野洋:
そ、

相談者:
50年、耐えてきまして。

勝野洋:
それで、その、若い頃からそうなんですか?

相談者:
そうですね。
それがね、

勝野洋:
はい。

相談者:
何か、私が思うには、原因は、

勝野洋:
はい。

相談者:
あのお、自分は、いい男だと。
うん、そいで、てめえみたいな、あの、女と、一緒にならなんだら、俺はもっと幸せな人生送れたとか。
うん。
んで、てめえみたいなものに、まとわりつかれたで、俺の人生は不幸だとか。
なんか、そういうことを口にして、そして、私には、一切、病気になっても、病院に連れてかない。
それも、連れてってくれ、って言っても、暴言吐いて、もう、一切、連れて行ってくれない。
ほいで、大喧嘩して、最後、やっと連れてってくれる。
そういうような有様。
それと、そのお・・私が頼んだことは一切言う事聞いてくれないけど、他人が頼んだことは二(ふた)返事でする。
そいから、その、女クセの悪いのも、私には、やってくれないことを、私の身内の、ある人と、つきあってもやる。
一切、その、私の目に見える映像が違うんですね。
んで、悲しくなっちゃってね、だんだん。
でえ、その、若いうちは、まだ、男ってこんなもんなんだな、って思っておりましてけど。

勝野洋:
はい。

相談者:
だんだん色んな、風景を見たり、色んな時間を共にしてきたら、あまりにも、異常で。
そいで、不思議に思ってきました。
で、私は、これから、ま、離婚は出来ません。
んで、あの、半分に分けても、なんにしても、少ない年金やら色々で、離婚は出来ませんので、ここにおるしかないんです。
んで、今後、私は、こういう酷い人と、どうやって生活していいのか?、ちょっとその、心づもりっていうか、何か教えて頂かないと、もう、ほんっとに、もう、耐えられない毎日なんです。

勝野洋:
あのお、息子さんたち、には、ご相談なさいました?

相談者:
うん、相談しても、うー、何か、やっぱり、はっきりした、ことが、この男の正体っていうものを、まだつかんでくれないし、

勝野洋:
うん。

相談者:
で、息子も、商売やっておりますので、他人を、に、お世話になって使っておりますので、

勝野洋:
はい。

相談者:
そういうおかしなことを、起しても、神経使わして悪いから、もう、私は恥を偲んで、(笑)、ほんとにこのお電話に助け、て頂きたいと思います。

勝野洋:
そうですか、で、今日のあなたのご相談は、

相談者:
ええ。
こういう、

勝野洋:
このご主人、

相談者:
ええ。
こうい男と、ね・・離婚は出来ないんです。

勝野洋:
はい。

相談者:
それを前提にして、私がどういう思いを持ってる、生活したらいいか?、もう、ほんとに、苦しいです。
50年間(笑)

勝野洋:
最初っからそうだとすると、ずうと、溜まってますね、そういうことはね。

相談者:
そうですか。
で、もう、ちょっと答えが出ませんね。
・・
うん、で、

勝野洋:
・・
分りました。

相談者:
あのお、女はゲームのごとく遊ぶ。
それから、あのお、私は妻となった、思ったこともないんですって、この男は。
あなたを妻と思ったことはないですよ、って、小馬鹿にして、うん、常に女がおって、秘密を持ってて、すごい人ですって。
よくこんな人とおったね、って、(笑)
よく、そうやって普通におれたね、って言われました。
強いのか、馬鹿なのか、分りません、とも言われました。
はあー。
だから、今後、こうして生活していかなきゃ、なりませんから。

勝野洋:
それが、ご相談内容ですね。

相談者:
そうです。

勝野洋:
分りました。

相談者:
よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。