4歳の息子の子育てに悩む37歳の看護士シングルママ


テレフォン人生相談 2015年1月29日 木曜日

相談者: 女37歳 3年前に離婚 4歳の息子と暮らす。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石 由起子(作家・翻訳家・三石メソッド主催)

スポンサードリンク

相談者:
子どものことと、

今井通子:
はい。

相談者:
自分自身の・・悩みの、こと、です。

今井通子:
はい。

今井通子:
あなたお幾つ?

相談者:
30う・・7歳です。

今井通子:
37歳。

相談者:
はい。

今井通子:
お子様は?

相談者:
4歳、男の子です。

今井通子:
はい。
ご主人はお幾つですか?

今井通子:
3年前に離婚してます。

今井通子:
あ、分かりました。

相談者:
はい。

今井通子:
ご結婚何年間?

相談者:
5年間です。

今井通子:
離婚されて、じゃあ、今、親子2人で住んでらっしゃるの?

相談者:
はい、そうです。
仕事で看れないときは、お爺ちゃん、お婆ちゃんとかに。

今井通子:
はい。
そうすると、お父さまはおいくつ?

相談者:
えっと、60う・・7です。

今井通子:
はい。
お母さまは?

相談者:
は、65です。

今井通子:
一緒に住んでらっしゃるわけじゃあない?

相談者:
では、ないです。
えっと、離婚直後の1年間は、一緒に、住んでました。

今井通子:
離婚されたのは、最近じゃないんですね。

相談者:
子どもが一歳のときに。

今井通子:
あらま。

相談者:
はい。
あの離婚・・

今井通子:
原因は何だったんですか?

相談者:
私の、たぶん、依存が、ちょっと、強・・かったりとか、信じられなくなったりで、お互いの、が合わなく・・なってきたっていう感じ・・です。

今井通子:
信じられなくなった。

相談者:
夜、居酒屋の仕事をされてて、

今井通子:
ええ。

相談者:
ええ、前の旦那が。
でえ、人脈作りとか言って、よく外に・・付き合いが多くて、私が、携帯電話とかを、ちょっと、一回見てしまったことがあって、それから、状況が一応、悪化してしまってえ、そんときに、やっぱ女性関係みたいなのがちょっとあったんですけどお・・どんどん、仲が悪くなってきたっていう感じで、むこうの方から、いうことで、離婚になりました。

今井通子:
それは、あの、ご主人の方が、離婚したいって仰ったわけ?

相談者:
あ、はい、そうです。

今井通子:
でえ、あなたは、今、じゃあ、働いてらっしゃいますよね?

相談者:
はい。

今井通子:
正規社員でらっしゃる?

相談者:
あ、はい、正社員です。

今井通子:
そうすると、ご主人がいらっしゃらなくても、経済的には、自立していかれる?

相談者:
はい。
あのお、看護士で、一応、夜勤も、入ってます。

今井通子:
ああ。
そうすると、まず、お子さんのことについては、どういう・・

相談者:
あ、はい。
一週間前くらいからなんですが、

今井通子:
はい。

相談者:
夜・・布団に入ってから、

今井通子:
はい。

相談者:
なんか、寝る前に、ちょっと、泣き出すっていうか、ちょっと、涙を溜めて、ちょっと堪えて、私の目を見ながら、ちょっと、泣くんですね。

今井通子:
はい。

相談者:
はい。
それで、理由を、教えて?、って聞くんですけど、私が、言い当てるまで、ちょっと、そのまま、全然教えてくれなくってえ、私が夜勤を、ずっと、最近、多くいれたり、して、朝は、私が保育園に連れて行くんですけど、お爺ちゃん、お婆ちゃんたちが保育園迎えてもらった後に、一緒にいてくれるんですが、子ども・・がなんか、夜勤のときは、イヤって、前からちょくちょく、言ってはいるんですけど、

今井通子:
毎日?

相談者:
はい。
毎日です。
で、あの、私が、日勤の勤務のときに、

今井通子:
ええ。

相談者:
あの、遅くなるけど、お母さん、が迎えに来ようか?、って言ったら、うん、って言うので、

今井通子:
ええ。

相談者:
一応、どっちがいい?、って本人に聞いたら、やっぱ、迎えに来て欲しい、って言うので、

今井通子:
ええ。

相談者:
あのお、迎えに行ってからは、この、3日間くらいは、泣きはしないですね。

今井通子:
あのお、保育園の方では、園の、先生方に何か、あのお、お聞きになりました?

相談者:
あ、はい、保育園では、元気に遊んでますって、いう話でしたね。
はい。

今井通子:
一人ぼっちで、ボーっ、としてたりはしてないのね?

相談者:
あ、は(わ)、はい、してない・・そうです。

今井通子:
あの、お友達と一緒にいるときは楽しく遊んでる?

相談者:
はい。

今井通子:
はい。
じゃあ、お爺ちゃんや、お婆ちゃんが迎えに来るんじゃなくて、お母さんに迎えに来て欲しいというのは、

相談者:
はい。

今井通子:
分かったわけですね。

相談者:
はい。

今井通子:
で、それ以外は何か・・

相談者:
それ以外には・・あの、おもちゃを・・買って、とねだられたときに、私が負けて買ってしまったりする・・のとか。
テレビとかゲームをさせたときの、この時間を、何時まで、って決めてるんですけど、結局、私が、許してしまって、自分はまだ、その、他に仕事を、家で家事とかしてる間に、も、ずっと、テレビとかゲームさしてしまったりとか、し・・てるんですけど、これも、もう、必ず時間通りにって、決めたら、もう、ピシっと止めさした方がいいのか?、とか。

今井通子:
寝るのが遅くなっちゃうのは、

相談者:
はい。

今井通子:
あなたが、家事が忙しくて、それが終わるまでは、お子さんを待たせておいてるっていうこと?

相談者:
待たせてる・・ときもあります。

今井通子:
例えば、家事途中で止めて、

相談者:
はい。

今井通子:
先に、一緒に布団に入って、寝たらまたやるとかあ、

相談者:
はい。

今井通子:
それとも、眠そうなんだけれども、待たせておくと、

相談者:
はい。

今井通子:
その間、ま、お母さんがそこで動いてんのが見えてるだけで、嬉しいのかもしれないけど、

相談者:
はい。

今井通子:
あの、ゲームしてたりする?

相談者:
ゲームしてたり・・はい。

今井通子:
ふん。

相談者:
します。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい。

今井通子:
そうすると、さっき、あの、仰ってた、

相談者:
はい。

今井通子:
お子さんのことと、あなたの悩みって、

相談者:
ああ。

今井通子:
仰いましたね。
それがお子さんに対するあなたの悩み?

相談者:
もう一つは、あの、元夫と・・のことが整理出来ないって・・いうことがありますね。

今井通子:
それは、

相談者:
あ、もう、すっぱり、縁は切れてはいるんですが、私・・の方が、まだ未練が・・あって、夢に出てきたり・・とか、なんかそういうのも、さっぱりしたいんですが・・どういう風に、していったらいいのかなあ、ていうのが、

今井通子:
ということは、

相談者:
はい。

今井通子:
離婚のとき、あなたの方としては、離婚したくなかったわけね。

相談者:
あ、はい、そうです。
あっちが、もう、一方的でした、かなり。

今井通子:
ご主人の方が一方的。

相談者:
はい。

今井通子:
で、そのご主人の一方的だっていうのは、

相談者:
はい。

今井通子:
あなたが、依存するのが、嫌になったからっていうことで、離婚したいって仰ったのか、それとも、誰か、出来ちゃったんで、そっちの方がよくなっちゃった、みたいな離婚だったのかしら?

相談者:
結果的には、女性が、いたと思うんですが、

相談者:
なるほど。

今井通子:
はい。

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい。

今井通子:
じゃあ、今日のご相談は、あなた自身が吹っ切れてないことと?

相談者:
はい。

今井通子:
お子さんが、寂しがってる・・ことに関して?

相談者:
はい。

今井通子:
で、どうしたらいいでしょう?、ってこと。

相談者:
はい。

今井通子:
分かりました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。