熟年同棲15年。生命保険金の受取りの心配をし始めた女72歳。 一つ屋根の下で繰り広げられる心理戦


テレフォン人生相談 2015年2月3日 火曜日

相談者: 女72歳 77歳の男性と同居。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

スポンサードリンク

相談者:
15年くらい、あの、一緒に、なってるん、男性についてです。

今井通子:
結婚してらっしゃるの?

相談者:
いや、籍が入ってないんです。

今井通子:
なるほど。

相談者:
ほんで、あのお・・先日、保険を作ったんですけど、

今井通子:
はい。

相談者:
お友達に相談したらね、

今井通子:
はい。

相談者:
籍が入ってないと、その、夫になった人の、

今井通子:
はい。

相談者:
保険とか、色んな、あの、銀行の、そういう・・ものも、あの、何も貰えないよ、言われて、

今井通子:
はい。

相談者:
あのお、今、ちょっと、夫は、具合が悪いもんですから、

今井通子:
はい。

相談者:
食事なんかは、あのお、朝昼晩と、作って部屋に運んでるんです。

今井通子:
はい。

相談者:
ほんで、もう、わたしもどっこも、行けないもんですからあ、

今井通子:
はい。

相談者:
別れた方がいいのか、それとも、そのお、何かね、書いていただいたらいいんじゃない?、って友達に言われて、

今井通子:
はい。

相談者:
お電話したんですけど。

今井通子:
なるほど。
あなたおいくつですか?

相談者:
わたしは72です。

今井通子:
72歳。

相談者:
はい。

今井通子:
お相手の方は?

相談者:
77歳。

今井通子:
77歳。
15年くらいご一緒にいらっしゃるって仰っいましたけど、

相談者:
一緒になったんですけどね。

今井通子:
その前は、

相談者:
はい。

今井通子:
あなたは、

相談者:
はい。

今井通子:
どなたかと、結婚してらしたの?

相談者:
いや、いや、一人でした。

今井通子:
あ、じゃ、ずっと、独身でらした?

相談者:
そうです。

今井通子:
はい。

相談者:
で、お相手の方は?
結婚か何かしてらっしゃいました?

相談者:
いや、あのお、一人です。

今井通子:
あ、両方とも独身でらした?

相談者:
そうです。

今井通子:
じゃあ、お子さんはいらっしゃらない?

相談者:
いないです。

今井通子:
なるほど。
じゃ、まず、家族暦なんですが、

相談者:
はい。

今井通子:
お相手の方は、お父さま、お母さまは、もう、いらっしゃいませんよね?

相談者:
もう、いないんです。
妹さんとか、が見えるんですけど。

今井通子:
妹さんがいらっしゃる?

相談者:
はい。

今井通子:
おいくつくらいですか?

相談者:
70・・ぐらいじゃないかと思うんですけど。

今井通子:
お一人ですか?

相談者:
2人です。

今井通子:
あ、お2人妹さん?

相談者:
はい。

今井通子:
で、あなたの方はどうなんですか?

相談者:
兄弟は、

今井通子:
はい。

相談者:
男があ・・2人と、女が一人です。

今井通子:
お兄さん、お兄さんで、妹さん?

相談者:
そうです。

今井通子:
なるほど。
で、お兄さんたちはお元気なの?

相談者:
ええ、元気です。

今井通子:
はい。
そうすると、

相談者:
はい。

今井通子:
その、15年間、

相談者:
はい。

今井通子:
一緒にいらして、しかも、お互いに独身でらしたのに、

相談者:
はい。

今井通子:
なぜ、結婚しなかったんですか?

相談者:
籍を入れなかった理由ですか?

今井通子:
うん、そう、そう。

相談者:
うーん、別に、もう、歳がいったし、子供もいないから、

今井通子:
ええ。

相談者:
まあ、籍・・ていう話は全然出なかったんです。

今井通子:
あ、出なかっただけなの?

相談者:
はい。

今井通子:
なるほど。
そうすうると、今、ご主人は、

相談者:
はい。

今井通子:
なんか、身体の調子がお悪いとかってことですが、

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
いわゆる、身体の病気?
それとも、

相談者:
ええとね、糖尿とか、大腸癌・・手術したりしてますから、

今井通子:
あ、身体の病気ね。

相談者:
そうです。

今井通子:
はい。
あのお、いわゆる、

相談者:
はい。

今井通子:
認知症とか、

相談者:
はい。

今井通子:
そういうものではないですね?

相談者:
ないです。

今井通子:
なるほど。
そして、かなり、ずっと寝たきりなの?

相談者:
いや、そんなこともないんですけど、だいたい、一日のうち、半分は寝てます。

今井通子:
ああん。
で、お食事は、あなたが、

相談者:
はい。

今井通子:
作ってらっしゃる?

相談者:
そうです。

今井通子:
身の回りの世話もされてる?

相談者:
そうです。

今井通子:
なるほど。

相談者:
でもう、朝昼晩作ってると、わたしもどっこも行けないもんですからあ、

今井通子:
はい。

相談者:
ほんだし、こんな状態で、

今井通子:
はい。

相談者:
籍が、入ってないから、何も貰えない、いう風だと。

今井通子:
ええ。

相談者:
みんなが、つまらないんじゃなあい?、別れたら?、って友達が言うんですけどね。

今井通子:
ふうん。
保険のことを最初に仰ったんですが、

相談者:
はい。

今井通子:
あなたとしては、今、お食事の支度だとか、手が掛かっちゃうんで、

相談者:
はい。

今井通子:
ご自身が、どこへも行けなくて、

相談者:
はい。

今井通子:
これじゃあ、いてもしょうがないかなあ、っていう、自分の道を行きたいと、思ってらっしゃるのかあ、

相談者:
はい。

今井通子:
それとも、このまま、将来、

相談者:
はい。

今井通子:
ご主人の方が、亡くなるかもしれない。

相談者:
はい。

今井通子:
そのときに、

相談者:
はい。

今井通子:
その保険だとか、遺産相続だとかが、

相談者:
いや、本人はね、

今井通子:
うん。

相談者:
そんな籍が入ってなくても、

今井通子:
うん。

相談者:
書類とかあ、あのお、判とかは、渡すから、

今井通子:
ふん。

相談者:
なんにも、書いてなくても、

今井通子:
ええ。

相談者:
貰ってくれやあ、いいって言ってるんですけど。

今井通子:
うん。

相談者:
そんなこと、

今井通子:
それは、ご本人が、

相談者:
はい。

今井通子:
遺産相続についての遺言を残されてんの?

相談者:
いや、何にもないです。

今井通子:
で、ご主人に、ま、たとえば遺言とか、を書いていただくにしても、

相談者:
はい。

今井通子:
えーと、法律的には、

相談者:
はい。

今井通子:
今から、あの、弁護士の先生にお話していただきますけれども、

相談者:
はい。

今井通子:
伺っておきたいのは、

相談者:
はい。

今井通子:
籍は入れるつもりはないけれど、

相談者:
はい。

今井通子:
別れるつもりがないのか、

相談者:
はい。

今井通子:
それとも、あなたが仰るように、

相談者:
はい。

今井通子:
その、保険とか、

相談者:
はい。

今井通子:
銀行の云々とかが、

相談者:
はい。

今井通子:
あなたの所に来ないんなら、

相談者:
はい。

今井通子:
自分で、もう、外に出て遊んだり、したいし、別れちゃおうかなって思ってるのか、

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
あ、そっちの方なのね。

相談者:
はい。

今井通子:
で、それじゃあ、そのときに、あなた自身は、

相談者:
はい。

今井通子:
えー、例えば、経済的には、別れても、大丈夫なの?

相談者:
大丈夫です。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい。

今井通子:
えー、あなた自身が、

相談者:
はい。

今井通子:
ていうことは、社会的に、結構、活躍されてたわけでしょ?
要するに、

相談者:
いや、別に、活躍ゆって・・親があのお、残してくれたものがありますから、

今井通子:
ああ、なるほど。

相談者:
年金も入ってきますから。

今井通子:
うん。
あなたの年金ですね?

相談者:
そうでしす。

今井通子:
ふうん。

相談者:
ほんで、旦那の年金と、

今井通子:
うん。

相談者:
で生活はしてます。

今井通子:
なるほどねえ。
わかりました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。