息子の死亡保険金を風俗に使った夫が許せない


テレフォン人生相談 2015年2月11日 水曜日

相談者: 女66歳 夫66歳

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

スポンサードリンク

相談者:
はい、一人息子がですね。

今井通子:
はい。

相談者:
病気で、

今井通子:
ええ。

相談者:
亡くなりました。

今井通子:
あなたお幾つですか?

相談者:
66歳です。

今井通子:
66歳。
息子さんはお幾つだったんですか?

相談者:
39歳で亡くなりました。

今井通子:
39歳で。
それは、亡くなったばかり?、今。

相談者:
あのお、もうすぐ、3年になります。

今井通子:
あ、3年ですね。

相談者:
はい。

今井通子:
そのお、息子さんは、何で亡くなったの?

相談者:
あ、末期癌です。

今井通子:
あ、そうだったんですか?

相談者:
はい。

今井通子:
はい。
じゃあ、息子さん、これ、お一人でした?

相談者:
そうです。

今井通子:
未婚でらしたのね?

相談者:
はい。

今井通子:
でえ、癌になられてからは、どれくらいでした?

相談者:
一ヶ月半です。

今井通子:
ああ、やっぱりねえ、

相談者:
ええ。

今井通子:
お若いと早いんですよねえ。
そうですか。
ご主人いらっしゃいますか?

相談者:
はい。
66歳です。

今井通子:
66歳。
はい。
それで?、どうなさいました?

相談者:
はい、あのお、息子が亡くなって、保険金が、下りたんですね。

今井通子:
はい。

相談者:
その、お金を下ろして、

今井通子:
はい。

相談者:
主人がですね、

今井通子:
はい。

相談者:
風俗・・に、使っていたのが、8ヶ月後くらいに分かったんですね。

今井通子:
はい。

相談者:
あのお、すごい、ま、ショックでね。

今井通子:
うん。

相談者:
息子の、命のお金ですから、

今井通子:
そうですよね。

相談者:
すごい、ショックを受けました。

今井通子:
それは、おいくらくらいでした?

相談者:
全部で下りたのが6千万、7千万近いですね。

今井通子:
7千万近く。

相談者:
はい。

今井通子:
ところが?
ご主人が、風俗に使われちゃった?

相談者:
そうです。

今井通子:
どれくらい?

相談者:
その中には、生活費も含まれてますけど、

今井通子:
はい。

相談者:
2千500万くらいは使ってると思うんですね。

今井通子:
2千500万。

相談者:
はい。

今井通子:
使われた。
はい。

相談者:
それでもわたし・・も悪いとこあるんですね。
息子亡くなってから、

今井通子:
はい。

相談者:
あの銀行も何も行けなくなってしまって、毎日苦しくて、

今井通子:
ええ。

相談者:
外にも出させないような状態でいたから、

今井通子:
ええ。
あの、家事とかはやってらしたの?

相談者:
え、あの、朝起きて、買い物だけは出来なくて、

今井通子:
ふうん。

相談者:
家事はしました。

今井通子:
で、ご主人は?
そのとき、お家に一緒にいらしたの?

相談者:
いえ、あのお、仕事に行くって出掛けて、

今井通子:
ええ。

相談者:
あの、毎日。
朝から、夕方まで、風俗の人に会って、外で会ってたみたいですね。

今井通子:
あ、

相談者:
デートって言うんですか?

今井通子:
ああ、なるほどね。
で、あちらこちらに遊びに行っちゃったんですね。

相談者:
そう。
ですから、使う金額もかなり・・1日、50万くらい下ろしてました。

今井通子:
あーん。
なるほど。
それで?
ま、3年前のことですよね?

相談者:
はい。

今井通子:
今、お電話いただいたのは、なぜかしら?

相談者:
あのお、本人はもう、2度としないから、このまま、やり直したいって言ってるんですけども、

今井通子:
はい。

相談者:
わたしは、あの、その、一番、頭にあるのは、その、息子の命のお金だから、許せない。

今井通子:
うん。

相談者:
それがありました。
それで、あのお、もし、また同じことを繰り返したときに、

今井通子:
ええ。

相談者:
今残りのお金がありますよね?

今井通子:
ええ。

相談者:
そういうのが無くなってしまったときに、大変だから、今、決断しておいた方が、信用出来ないというかね。

今井通子:
はい。

相談者:
どうしたらいいかな?

今井通子:
で、そのお、決断っていうのは、

相談者:
ええ。

今井通子:
どういう意味ですか?

相談者:
離婚する・・か、このままいるか、どちらか、っていう意味です。

今井通子:
なるほどねえ。

相談者:
はい。

今井通子:
ちなみに、今は、そのお、保険金としては、どれくらいお持ちなの?

相談者:
あの、保険金が母親と父親に、半分、半分に下りてますので、

今井通子:
はい。

相談者:
わたしの方にあるだけで、主人の方の、保険金の方のお金は、一千万くらいしかないですね。

今井通子:
そうすると、始めから、全額が7千万くらいで、

相談者:
はい。

今井通子:
それが、半額づつの3千500万づつ、

相談者:
そうです。

今井通子:
下りてるうち、

相談者:
ええ。

今井通子:
ご主人は、2千500万を、

相談者:
ええ。

今井通子:
先に使われちゃい・・風俗に使われちゃいました。

相談者:
はい。

今井通子:
今、一千万くらいお持ちですということ?

相談者:
あ、主人の方はですね。

今井通子:
で、あなたの方は、じゃ、その、息子さんの保険金は、

相談者:
丸々残ってます。

今井通子:
あ、丸々、あ、なるほどねえ。

相談者:
はい。

今井通子:
あなたはもう、命のお金ですからって使えないのよねえ。

相談者:
使えないですからね。

今井通子:
はい、はい。
分かりました。

相談者:
はい。
だから、兄は、そのお金が使われて、無くなってしまわないうちに、離婚した方がいいんじゃないか?、って言われました。

今井通子:
あ、あなたのお兄様?

相談者:
はい。
何にしても頼りに出来る、兄で、

今井通子:
はい。
で、その、

相談者:
一番始めにその兄に、電話しました。

今井通子:
はい。
そうすると、今日のご相談はなんですか?

相談者:
あのお、最終的には、老人ホームに・・入ろうかなって思っていますから、ま、離婚するとなると、この家は処分しなくちゃいけないんですよねえ。
それも、決断がつかないんですね。

今井通子:
この家は、って仰ってるお家はどなたの名義ですか?

相談者:
あ、2人の名義です。

今井通子:
2人の名義。

相談者:
はい。

今井通子:
そうすると、もし、離婚された場合、

相談者:
はい。

今井通子:
あなたは出て行きたいの?
それとも、ここの家に居たいの?

相談者:
心の中はここに居たいんですけども、
かといって一人で、居るのも、

今井通子:
嫌だし?

相談者:
辛いっていうか、まあ、わたし、ちょっと、息子亡くしてから、鬱(ウツ)病になってしまってね、

今井通子:
ええ。

相談者:
ちょっと、あの、薬飲んでます。

今井通子:
はい。

相談者:
ええ。

今井通子:
なるほど。

相談者:
だから、こう、ほんとに決断が・・思うようにつかないんですよね。

今井通子:
なるほどねえ。
それで、あなたの、ご相談ってのは、どっちにしたらいいんでしょう?、ってこと?

相談者:
そうですね。

今井通子:
はい、分かりました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。