放蕩兄2人の扶養義務はあるけど無い。相談に隠された64歳妹の企み


テレフォン人生相談 2015年2月23日 月曜日

相談者: 女64歳 夫66歳 2人暮らし 長兄他界 次兄73歳 三兄69歳

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

今日の一言:
自分の限界を超えて血縁の負担を背負い込むな。
デビット・シーベリー

スポンサードリンク

(家族構成、年齢のやりとりは省略)

加藤諦三:
で、お子さんは、もう、

相談者:
あ、一人娘です。

加藤諦三:
一人娘ね。

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、お嬢さんは、もう、結婚して出ているんですか?

相談者:
はい、結婚して、

加藤諦三:
はい、分りました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
はい、あのお、兄弟の相談なんですが。

加藤諦三:
はい。

相談者:
はい。
で、あの、

加藤諦三:
で、あなたは、末っ子とか、長女とか・・

相談者:
末っ子です。

加藤諦三:
末っ子、はい、上は何ですか?

相談者:
はい、それで、あのお、4人兄弟で、上3人は男です。

加藤諦三:
男の子、男の子、男の子で、女の子が産まれた?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
喜んだでしょうね・・皆さん。

相談者:
んん、どうでしょう。(笑)

加藤諦三:
はい、分りました。

相談者:
はい。

加藤諦三:
そいで?

相談者:
あのお、長男はもう、亡くなっておりますので、

加藤諦三:
はい。

相談者:
はい。
それと、次男と三男の件です。

加藤諦三:
はい。

相談者:
でえ、次男は、73歳です。

加藤諦三:
はい。

相談者:
はい。
それでえ、三男が69歳です。

加藤諦三:
はい。

相談者:
そいで、次男なんですが、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あのお、ちょっと、色々と問題がありまして、

加藤諦三:
はい。

相談者:
行方知れずになりました。

加藤諦三:
色々と問題がって何ですか?

相談者:
あのお、ていうのは、えーと、実家・・が、貸しビルをやっておりまして、それを担保に色々借りてしまってえ、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
そのための、行方不明っていうんですか。

加藤諦三:
行方不明になったってことは、まあ、例えば、借金が多くなって、というようなこと?

相談者:
そういう・・ま、その他、色んな問題が・・も、ありました。

加藤諦三:
あ、このお、73歳の次男の方は、

相談者:
はい。

加藤諦三:
結婚はしてるんですか?

相談者:
いいえ。
あのお、2人とも、独身です。

加藤諦三:
あ、独身ですか。

相談者:
はい、はい。

加藤諦三:
そうすると、2人とも一人で暮らしてたわけですね?

相談者:
そうです、はい。

加藤諦三:
もう、73ですから、サラリーマンだったら、もう、定年になってる・・

相談者:
そうですね。
実家の商売を継いでたんですが。

加藤諦三:
あ、商売をして・・

相談者:
はい。

加藤諦三:
ということは、

相談者:
はい、働いて、

加藤諦三:
働いていたわけですね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
73・・70になってもね。

相談者:
はい。

加藤諦三:
はい。

相談者:
それで、ちょっと、あの、もう商売が思わしくなかったので、実家を貸しビルにしたんです。

加藤諦三:
あー。

相談者:
それで、あの、その、次男が、それを受け継いだということなんですね。

加藤諦三:
はい。
貸しビルを受け継いだということは、このビルを貸し・・部屋を貸してた。

相談者:
そうです。
全部貸して、その収入で、

加藤諦三:
はい。

相談者:
残された・・子どもたち、ありますね、私たち兄弟とか母が。

加藤諦三:
はい。

相談者:
を、と、一緒に生活してたんですが、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あ、ちょっと、あのお、大金が入ってきちゃったもんで、

加藤諦三:
その大金ていうのは、あれですか?
あの、貸しビルで・・賃料・・

相談者:
そうですね、貸しビルの収入ですね。

加藤諦三:
はい、それがすごく良かったということですね?

相談者:
はい、そうですね。
それで、ちょっと、気が大きくなってしまって、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あのお、それ以上・・の、ものを使ってしまったということで。

加藤諦三:
はい。
その、それ以上の・・ものを使ってしまったというのは、ど、どう・・

相談者:
要するに、あのお、あ、遊ぶ、遊ぶって言うんですか?
色んな・・

加藤諦三:
単純な遊びですか?
それともギャンブルやって・・

相談者:
あ、ギャンブルでは無くう、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あのお、なんか、ソープランド・・

加藤諦三:
あ、ソープランド。

相談者:
とか・・とか、飲みに行ったりとか。

加藤諦三:
行き詰めて、飲みに行って、

相談者:
はい。

加藤諦三:
それでえ、気前良く、お金をどんどん使っていたと。

相談者:
そうです。
それで、気が大きくなって、周りから、ちやほやされるもんですから。

加藤諦三:
それは、お金をどんどん、使えば・・

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
周りはちやほやしますねえ。

相談者:
そういう状態になってしまって、

加藤諦三:
はい。

相談者:
要するに、貸しビルを作ったときのローンが引き落とせなくなりまして、
初めて、家族が分ったんです。

加藤諦三:
ああー。
お金をばら撒くと、

相談者:
はい。

加藤諦三:
周りがちやほやしてくれるってのは、嬉しかったん・・

相談者:
おそらくそうだったんだと思います。

加藤諦三:
でしょうねえ。

相談者:
はい、はい。

加藤諦三:
だけど、お金ばら撒いてえ・・周りでちやほやする人っていうのは、

相談者:
はい。

加藤諦三:
これ、お金が無くなれば、ハイ、サヨナラの人ですからねえ。

相談者:
そうですね、はい。

加藤諦三:
うーん。

相談者:
それで、あの、要するに、あの、サラ金ですか?

加藤諦三:
うん。

相談者:
それで、借りまくって、

加藤諦三:
うーん。

相談者:
あのお、要するにそのお、実家の名義は、その次男の名義だったもんですから、

加藤諦三:
うん。

相談者:
それを担保にしてしまったりだとか、

加藤諦三:
うん。

相談者:
もう、色々、大変な状況を繰り返しました。

加藤諦三:
分りました。
そいでえ、行方不明になったのは、今からどのくらい前ですか?

相談者:
もう、かなり、3、40年前から、行方不明なんですが、

加藤諦三:
はい。

相談者:
えー、時折、年に1回、暮れになると、電話が掛かって来てたんです。

加藤諦三:
暮れに・・なって電話掛かって来て、な、なんて言ってるんですか?

相談者:
ただ、元気か?とか、そういう・・なんか、そういう感じだけなんです。(笑)

加藤諦三:
一人でなんか、心細いんでしょうねえ。

相談者:
だと思います。

加藤諦三:
そうですよねえ?

相談者:
はい。
それでえ、母が亡くなったのも知らなかったんですね。

加藤諦三:
あー。

相談者:
あの、もう、結局、行方不明の状態っていうのは、かなり前からなんですが、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
たまたま、そのお、えっとお、ある市役所の方から、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
扶養義務って言うんですか?

加藤諦三:
はい。

相談者:
兄弟に対する扶養義務って言うんですか?

加藤諦三:
はい。

相談者:
それの手紙が来たんですね。

加藤諦三:
はい。

相談者:
はい。
それで、あのお、初めて、そこに居るということが分ったんです。

加藤諦三:
はい。

相談者:
はい、それで、ちょっと私も、あんまり、あのお、体が丈夫じゃなかったので、扶養は出来ませんということで、お手紙を、あのお、役所の方に出したんですね。

加藤諦三:
はい。

相談者:
そうしましたら、その後、もう全然来ないんですが、

加藤諦三:
はい。

相談者:
その後、兄の方からも何にも連絡は無いんですね。

加藤諦三:
はい。

相談者:
で、あのお、万が一、亡くなったときとか、ございますねえ?

加藤諦三:
はい。

相談者:
そうした場合・・には、身元不明者として、取り扱われてしまうのかあ、

加藤諦三:
うん。

相談者:
それとも、私の方には、必ず連絡があるのか、

加藤諦三:
うん。

相談者:
それを知りたかったんですね。

加藤諦三:
あ、それが今日の相談ということですか?

相談者:
はい、それが一つの・・相談。
と、もう一つあるんですが。

加藤諦三:
はい。

相談者:
もう一人、兄がおりまして、

加藤諦三:
三男ですね?

相談者:
はい、三男です。

加藤諦三:
はい、69歳のね?

相談者:
はい、独身・・独身の三男です。

加藤諦三:
はい。

相談者:
はい、自営業をしておりまして、

加藤諦三:
はい。

相談者:
はい、ずうっと自営業だったんですがあ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あのお、資金繰りがあ、悪くなると、全部、母に頼ってまして、

加藤諦三:
はい。

相談者:
全てえ、母に依存してたんですね。

加藤諦三:
はい。

相談者:
はい、そいで母が亡くなってしまって、

加藤諦三:
はい。

相談者:
しばらくの間、私ども夫婦と一緒に住んでたんですがあ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
生活費もすべて入れませんし、

加藤諦三:
はい。

相談者:
そんなような状態が、ずうっと2、3年続いてたんですね。

加藤諦三:
はい。

相談者:
そいで、私もちょっと主人・・に、立場上、良くないので、はっきりさせたいために、

加藤諦三:
はい。

相談者:
たまたま、あのお、貸しビルの3階が空いておりましたので、

加藤諦三:
はい。

相談者:
そちらに住まわせることにしたんです。

加藤諦三:
はい。

相談者:
それで、一応、出てってもらったんですがあ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
その後もやっぱり、あのお、一応、貸しビルの権利として、三分の一持ってるもんですから、

加藤諦三:
はい。

相談者:
そちらの収入で、一応、あのお、本人には渡してたんですが、

加藤諦三:
はい。

相談者:
それ以上、要するに、あのお、使ってしまうんですよ。
自分の持分以上に。

加藤諦三:
うーん。

相談者:
今後、この、三男の扶養義務ってありますね?

加藤諦三:
はい。

相談者:
それは結局、なんかあったときには、私どもの方に、

加藤諦三:
はい。

相談者:
扶養義務が来るのかどうか。

加藤諦三:
なるほどねえ。

相談者:
はい。

加藤諦三:
あのお、もう、それどころの話じゃないんでしょうけれども、

相談者:
はい。

加藤諦三:
色々、先ほどの話だと、次男の場合も、なんかサラ金から、お金借りてとかって、

相談者:
はい。

加藤諦三:
ま、色々・・言ってるんですが、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
借金は、あって、その借金ていうのは、どうなったんですか?

相談者:
はい。
母が、要するに自分の、ある、あって、その、お金があったもんですから、それで払ったり、

加藤諦三:
要するに、こう、この2人の、次男と三男の、

相談者:
はい。

加藤諦三:
不始末は、全部母親がしていたということですか?

相談者:
そういうことです。

加藤諦三:
そうすると、今、そのお、三男がそういう状態で、

相談者:
はい。

加藤諦三:
大変心配だと。

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、これから先に、扶養義務というのが、自分の方に来るのかどうか。

相談者:
そうですねえ。

加藤諦三:
それから、もう一つは、最初の、に、言った、

相談者:
はい。

加藤諦三:
その次男の、

相談者:
はい。

加藤諦三:
今、身元不明だけれども、

相談者:
はい。

加藤諦三:
これから、どうなるんだろうか?ということですね?

相談者:
はい。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。