留年した息子を卒業させるには? 私が薦めた、調理師より大卒


テレフォン人生相談 2015年3月13日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女57歳 夫60歳 長男20歳と3人暮らし 長女と次女は嫁いでいる。

今日の一言:
心に葛藤のある人は、人を操作します。

スポンサードリンク

(家族構成、年齢のやりとりは省略)

加藤諦三:
で、今、一緒に暮らしているんですか?、お子さんと。

相談者:
いいえ、あのお、娘2人は、双子でして、34歳になりましてえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
もう、嫁いでえ・・

加藤諦三:
はい。

相談者:
ええ。

加藤諦三:
息子・・が、今、あのお、二十歳でしてえ。
大学・・あのお、3年生のはずなんですがあ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
2年生で、

加藤諦三:
はい。

相談者:
その件で、ちょっと、

加藤諦三:
あ、そうですか、はい。

相談者:
ご相談お願いしたいな・・

加藤諦三:
そうするとお、なんか、2年生のお子さんは、今、あの、家に、じゃなくて下宿・・

相談者:
います、ええ、家から。

加藤諦三:
あ、自宅から、大学通ってんのね?

相談者:
はあい。

加藤諦三:
はい、分りました。

相談者:
ええ、はい。

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
あの、留年の通知が届きまして、

加藤諦三:
はい。

相談者:
はい。
それで、ちょっと、本人もショックだったのか、やる気・・をちょっと、なくしましてえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
一年間、休学っていう形でもっていってください、って言うんですよね。

加藤諦三:
1年休学・・

相談者:
いや、休学。

加藤諦三:
する、って本人が言ったんですか?、それとも、

相談者:
はあい。
本人がなんです。

加藤諦三:
あ、本人が、自分は休学したいと言ったんですね?

相談者:
ええ。

加藤諦三:
はい、分りました。
はい、それで?

相談者:
それでえ、あの、春からまた頑張るよね?、みたいな感じで、尋ねるとお、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ちょっと不機嫌な顔になりましてえ、

加藤諦三:
はい、そら、そうですね。

相談者:
いやあ、もう、行ってもお、どうしようもない、みたいな・・
全然、その、気力を感じないんですよお。

加藤諦三:
はい。

相談者:
でえ、主人にちょっと相談してみましてもお、

加藤諦三:
はい。

相談者:
「何も大学中退っていうのは、珍しくもないから、いいんじゃないの?」
みたいな感じでえ、

加藤諦三:
うん。

相談者:
言うんですよね。

加藤諦三:
うん。

相談者:
それで、わたし・・としては、卒業させたいなあ、と思ってるのでえ、

加藤諦三:
はい、はい。

相談者:
一人息子ですしい、

加藤諦三:
はい。

相談者:
お姉ちゃんたちと、こう、14も離れてますあまり、可愛がり過ぎたのかな?、っていうのもあるんですけれどもお・・
なんか、甘えん坊っていうか、なんか、こう、一つ嫌な事あるとお、

加藤諦三:
はい。

相談者:
もう、そこから離れるぞ、みたいな感じ・・で今まで来てるんですよねえ。

加藤諦三:
それで、あのお、大学1年入ってから、ずうっと家ですか?
下宿は全然してない?

相談者:
してなあいですう。

加藤諦三:
そいで、そのお、まあ、休学・・したいということで、自分の意思で休学してるわけですね?

相談者:
そおうですね、そうなんです・・

加藤諦三:
で、休学する・・前、あのお、2年生までは、大学の学生生活ってのはどんな生活だったんですか?
要するにクラブ活動やってる・・

相談者:
そうですね、今って・・考えてみますと、

加藤諦三:
はい。

相談者:
大学行くのも、ま、高校からなんですけど、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ま、これをやりたい、それをやりたいっていうことも、何も無かったものでえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
まあ、普通科行ってて、卒業するときに、何か、やりたいのが、芽生えるでしょう、っていうことで、工業大学の方に、行ったんですよねえ。

加藤諦三:
ああ、はあ、はあ・・

相談者:
ええ。

加藤諦三:
そうすると、理工系の大学に行ってですね、

相談者:
ええ。

加藤諦三:
んでえ、あなたから見ると、やる気が無かったっていうことですね?

相談者:
そうですねえ、全然、机にも、

加藤諦三:
すると、当然、あれですね、単位も取れていませんね?

相談者:
そうなんです。
でも、授業は出るんですねえ。

加藤諦三:
授業は出て、サボってないの?

相談者:
ええ。
あのお、先生とお話してもですね、
「これなんか出て当然の教科なのに、なんで、出なかったんでしょう?」
みたいな、教科がありましてえ、

加藤諦三:
え?、先生と話をしたということは、あなたが、

相談者:
ええ、大学の、

加藤諦三:
その息子さんの、

相談者:
ええ。

加藤諦三:
取っている科目の、先生の所に行ったわけですか?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
ああ、あの、大学の何か、説明会があって、

相談者:
そうじゃなくて、あのお、もう、その留年の、通知を見たときに(笑)、

加藤諦三:
はい。

相談者:
お手紙の中にい、

加藤諦三:
はい。

相談者:
一度、あの、本人、悩まれてるようなのでえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あのお、成績以外にも、ちょっと悩みを抱えてるようなのでえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
是非お話したいというのを、頂いたので、

加藤諦三:
大学からの手紙に、

相談者:
はあい、ええ。

加藤諦三:
それで、その先生の所に、

相談者:
はあい。

加藤諦三:
行った?

相談者:
はあい。

加藤諦三:
そしたら?

相談者:
そうしましたら、成績のことを、まず話され・・話してくださいましてえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
そして今度、カウンセラーの先生っていますよね?

加藤諦三:
はい、います。

相談者:
大学ですかねえ、

加藤諦三:
うん。

相談者:
その◆△%が支援・・

加藤諦三:
学生支援相談センターみたいなとこですね?

相談者:
ええ。

加藤諦三:
はい。

相談者:
そこはですね、週に一度、一時間ほど、今でも行ってるんですよね。

加藤諦三:
今でも行っている。
はい。

相談者:
はあい。

加藤諦三:
友達はどうなんですか?

相談者:
ええ。

加藤諦三:
友達は、いるんですかね?

相談者:
そうですね、何人かだと思うんですけれどもお。

加藤諦三:
それで、ご主人は、今んところ、ほっておけと、中退なんか別に珍しいことでもないと。

相談者:
そうなんですねえ。

加藤諦三:
だけど、あなたとしては、

相談者:
ええ。

加藤諦三:
まあ、一年間、休学をしちゃったから、それはいいけれども、

相談者:
ええ。

加藤諦三:
次にちゃんと一年後に、

相談者:
ええ。

加藤諦三:
復学して、

相談者:
はい。

加藤諦三:
卒業させたいと。

相談者:
ええ。

加藤諦三:
だけど、息子・・は、もう、勉強する気配も無いということ?

相談者:
ちょっと、怪しい雰囲気かなと、思います・・ね。

加藤諦三:
ええ。

相談者:
ええ。

加藤諦三:
そいで、まあ、今日の相談としては、この息子をなんとか卒業した・・させたいんだけど、どうしましょう?ってことですね?

相談者:
そうですう。

加藤諦三:
はい、分りました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。