辛い過去を清算できない女。全ては通るべき道だった


スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
ええ。
そのとおりですよお。

相談者:
んん・・

加藤諦三:
ほんとに、たわわのような(*)人生でしたねえ。
あなた、もおう・・小さな子ども、赤ん坊から始まって、

(*)たわわのような:
実のなった木の枝がたわんでいる

相談者:
はい

加藤諦三:
人々の光になります。

相談者:
あー、そういう、優しい人になりたいです。

加藤諦三:
いやあ、もう、すでになりつつあるけれども、そうなります。
人間は、

相談者:
はい

加藤諦三:
こういう環境の中で生きても、

相談者:
はい

加藤諦三:
ここまで、生きられるもんだという・・これは多くの人の励ましになります。

相談者:
あー

加藤諦三:
あなたが世の中の光になるための、通らなければならかった道だと思ってください。

相談者:
あっ(笑)、ありがとうございます。

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
頑張ります。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
あ、ありがとうございました。

加藤諦三:
親に愛されない人は、「わたしは神に愛されている」、と気づいたときに、救われます。

スポンサードリンク

(内容ここまで)

どんくらい続いたんだろうね。

この奇妙な8人生活。

てか、まさか5人とも同じ種なのか?

だとしたら、相当の期間、ほぼ同時進行で、姉妹と子作りに励んでたことになる。

ま、いっけど。

まさに親は選べない。

生育環境なんて、もう運命として受け入れる以外にない。

今日の回答は、そんな人に対する一つの視点ですね。

豊かな生活を手に入れなければ、過去を笑い飛ばすことは出来ない。

辛い過去を「宝」(大原)と思えるか。
通るべき道だった(加藤)と思えるか。

すべては、今、というか、これからにかかってくるんだと思う。

もちろん、それは内面的なことだ。

形の上では今でも、もう十分。
これは加藤氏の言うとおり。
決して慰めではない。

生育環境を理由に簡単にダークサイドに落ちる人だっているんだから。

相談者もそうなりかけた。
でも、ならかった。

荒れた相談者がなぜ軌道修正できたか?
語らせても良かったけどね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。