依存的敵意。姉に言い返せない62歳の女。構造が分れば憎しみは許しに変わる


テレフォン人生相談
2015年5月16日 土曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 森田浩一郎(医学博士)

相談者: 女62歳 夫64歳 長女36歳 長男32歳

今日の一言:
あなたが本当に嫌いなのは誰ですか?
攻撃性の置き換え。
解決はできません。

スポンサードリンク

(年齢、家族構成のやり取りは省略)

加藤諦三:
で、今は、お2人で暮らして・・

相談者:
え、長男は、同居して・・

加藤諦三:
あ、そうですか、

相談者:
はい

加藤諦三:
すと、3人で暮らしてるんですね。

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
はい。
あたしと、姉の、ことなんです。

加藤諦三:
あなたは、兄弟の仲の・・どん・・

相談者:
真ん中です。
上は姉で、下が弟で、3人兄弟で、真ん中です。

加藤諦三:
あ、そうですか、はい。
それで?

相談者:
4年くらい前、母が、脳内出血で、

加藤諦三:
はい

相談者:
倒れまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
今、施設に、入ってるんですけどね。
長男夫婦が決めてくれてたとこなんですけどね。

加藤諦三:
あ、長男夫婦が決めたんですね?

相談者:
そう、そう

加藤諦三:
はい

相談者:
でも、あの、いくつかあって、近くにも出来たので、
「こっちに移したらどうか?、近くだったらね、わたしも行けるから、どうかしら?」
って言・・て言ったら、
長男夫婦よりか、姉に先にちょっと声を掛けてみたんですね。
そしたら、
「あ、いいね、わたしも商売やってるから、わたしの所が近くだったら、楽でいいわね」
って。
「いいよ、じゃ、そっち、ちょっと話をしてみて」
って言われたので、

加藤諦三:
うん

相談者:
長男夫婦に言って、
「あ、じゃあ」
って、見学には来て、

加藤諦三:
うん

相談者:
くれたことがあったんですけどね。

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、順番があるので、なかなか入れないもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
今は、別のとこにいるんですけれど、フッ、て、何気なく、わたしが、
「早くこちらに来ればいいのにねえ」
って言ったら、急に姉が怒り出すように、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしが勝手に決めたのに(決めたと言って)、姉は、聞いてない、というようなこと言い出したもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
あれ?、話が違う、ってことが、まず、一点あったりとかあ、

加藤諦三:
はい、そのときに、あなたは、

相談者:
はい

加藤諦三:
「いや、弟が決めたんだよ」
っていうふうには言わなかったんですか?

相談者:
あの、反発出来ないんですよね。

加藤諦三:
あー

相談者:
姉にはあんまり。

加藤諦三:
すと、小さい頃から、お姉さんには、何も言いたいことが言えなかったということですか?

相談者:
はっきりとは言えないです。

加藤諦三:
そうすと、そのときは、どうだったんですか?
弟が決めたんだけど、と言わないで、

相談者:
言わないで、黙ってたんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
もう、言葉が出なかったんですね。
なんで・・

加藤諦三:
言葉が出なかったというのは、怖かったということ?

相談者:
怖かった。

加藤諦三:
はい

相談者:
そう、怖かったし、
それとか、あたしが・・娘が、離婚をしたんですけれどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
まだ、そういうふうに、わたしが、何も思ってない、姉のところに何気なく、娘夫婦がどうのこうの言ってたときい、またそのとき、ある日突然、
「だから、うまくいかないんだよ」
って、そういう、パアッ、て、はっきり言うんですね。

加藤諦三:
その、「だから」、っていうのは、その前に、なんか、説明してるわけですよね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
「それだから」、上手くいかない、って・・
「だから」ってのは、どういう意味ですか?

相談者:
娘が強い、って言うんですよね。
あたしの娘が。

加藤諦三:
あ、あなたのお嬢さんが、強いから、

相談者:
そう

加藤諦三:
上手くいかないと、

相談者:
そう

加藤諦三:
はい

相談者:
はっきり言うと、娘婿は、サラ金があったりとか、

加藤諦三:
はい

相談者:
DVがあったとりかするけど、あんまり、細かくは言ってなかったんですけどね。
そういうこと、知らないのにい、

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうふうに上手くいかないんで、わたしの娘が強いからだよ、とかって、

加藤諦三:
はい

相談者:
はっきり、そうやって、もう、今、何にも、もう、言い出せなくて、話もしたくなくてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
会うことも、もう、ちょっと拒否っていうのかしら、会いたくないんだけどお、母たちとか実家の方へ行くもんですからあ・・うん。

加藤諦三:
あ、要するに、会いたくないけれども、会っていると言う意味ですか?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、

加藤諦三:
はい・・はい

相談者:
そういうふうに言われてしまうので、もう、全然、ここ何年、会って話もしないし、電話もしないし、

加藤諦三:
はい

相談者:
よっぽどのことないから、メールをちょっとやれば、ええ、伝言のように、ありがとう、くらいしか、やらないようなんですけどね。

加藤諦三:
はい

相談者:
それでえ、主人は、
「気にしなくてもいい」
って言うんですけど、でも、

加藤諦三:
はい

相談者:
言われた方にすると、ずっと、いっ・・残ってるもんですからね。

加藤諦三:
そうすると、今、あなたが一番、気にして、残ってるというのは、どの部分ですか?

相談者:
娘の、

加藤諦三:
第一点が、その娘のことについて、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの娘だから、上手くいかないのよ、と。

相談者:
そう

加藤諦三:
はい、それ。

相談者:
んで、あと、主人が大手の自動車メーカーに勤めてるんですけれど、

加藤諦三:
はい

相談者:
それも、
「下っ端なんだよね」
とかって、主人とか、娘のことも言われたので、

加藤諦三:
はい

相談者:
もう、全然、話も出来ないっていうか、会いたくないような・・

加藤諦三:
すると、お母さんのこと・・は、さっき、その、あなたが決めたんだ、っていうふうに言われたことが引っかかってるわけじゃなくて、この、お嬢さんと、

相談者:
うん

相談者:
ご主人について言われたことが引っかかってるってことですか?

相談者:
もう、一杯あります。

加藤諦三:
お母さんのことについても、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分が決めたんではないのに、あなたが勝手に決めたと

相談者:
そう

加藤諦三:
言われたと。

相談者:
そうです。

加藤諦三:
そいでえ、例えば、ご主人について、
「下っ端だから」
って言われたときも、黙っていたと

相談者:
はい

加藤諦三:
いうことですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、お嬢さんが離婚したときにも、
「あなたの娘だからね」
って言われたことも、黙っていたということですね?

相談者:
黙ってた・・言えないんですよね。

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
なぜかその・・反発っていうのかしら、
「や、そんなことないよ」
とか、とは、言えないんですね。

加藤諦三:
言えないね・・はい、はい、はい

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今日のあなたの、その、相談というのは、

相談者:
どうしてこれから、姉とね、

加藤諦三:
ええ

相談者:
付き合っていっていいのか、

加藤諦三:
はい

相談者:
何をきっかけに、また、話をしたらいいのか、

加藤諦三:
はい

相談者:
もう、出来なくなってしまったので、

加藤諦三:
はい

相談者:
もう、ここ、何年と。

加藤諦三:
はい、分かりました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。