歯科医に一目惚れした42歳の女。踏み出せないのは自己肯定感の欠如


テレフォン人生相談
2015年5月18日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女42歳 独身 母68歳 2人暮らし

今日の一言:
一目惚れは、孤独の心理です。

スポンサードリンク

(年齢、家族構成のやり取りは省略)

加藤諦三:
で、今、働いているんです?

相談者:
えーと、パートで、働いてます。

加藤諦三:
あ、パートで働いている。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分りました。
それで、どんな相談ですか?

相談者:
2ヶ月くらい前にい、

加藤諦三:
はい

相談者:
親知らずの手術をしましてえ、

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
そのときにあのお、担当していただいた先生が、

加藤諦三:
はい

相談者:
感じのいい方でえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと一目惚れしてしまったんですけれどお。

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
どうやって、あのお、後悔の無いように、アプローチしたらいいのかな、と思いましてえ、

加藤諦三:
うーん・・
あのお・・一目惚れってのは、確かにあるわけですよ。
それでその・・一目惚れしちゃって、どうしたらいいですか?って、いうと、要するに、あなたは、そもそも、どうしたいんですか?

相談者:
自分の、

加藤諦三:
はい

相談者:
気持ちを、相手に伝えたいんです。

加藤諦三:
でえ、伝える方法が分んない・・

相談者:
はい

加藤諦三:
相手は、そう・・既婚ですか?、独身ですか?

相談者:
かは、分りません。

加藤諦三:
ふうん・・
そうすると、相手のことについても、あまり、知らないわけですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、2ヶ月前ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、今の状態ってのは・・あなたの心理状態ってのは、どういう状態ですか?
要するに、

相談者:
もう、眠れない・・

加藤諦三:
もう、朝起きると、その先生のことを考える・・

相談者:
(笑)はい

加藤諦三:
あ、そういう状態?

相談者:
はい、もう、眠れなくてえ・・

加藤諦三:
あ、眠れない。
そうすると、夜もその先生のことをずっと考えている?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
すると、2ヶ月ということで・・一目惚れで2ヶ月・・
気持ちは、強くなってますか?
それとも、弱くなってきてますか?

相談者:
弱くなってます。

加藤諦三:
あ、弱くなってきてんの?

相談者:
はい

加藤諦三:
てことは、一目惚れで、その後、どんどん、どんどん、熱が冷めてきてる?

相談者:
いや、あのお、妄想・・(笑)が、広がってしまってえ、

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
あの、

加藤諦三:
どういうふうに広がってるんですか?

相談者:
ていうか、もう、どうやって伝えたらいいのかな、っていう、その、方法ばっかりを、自分で考えてしまってえ、

加藤諦三:
うん、「考えて」という言葉使うけど、ただ悩んでっていうことだよね?

相談者:
あ、そうですね、はい

加藤諦三:
うーん、ちゃんと具体的に考えれば、いくらだって伝える方法があるわけですから。

相談者:
やっぱり、どっか、自分を、あの、守ってしまってるんだと思います。

加藤諦三:
うん、そうでしょうねえ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
守るってのは、例えばどういう意味?
断られるのが怖いっていうか、

相談者:
あのお、

加藤諦三:
あるいは、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
要するに、好きだって言って、断られるのが怖い?

相談者:
はい

加藤諦三:
と、相手に関する関心はあまり無いの?

相談者:
あります。

加藤諦三:
ある、って何も知らないんでしょ?

相談者:
あー

加藤諦三:
ただあなたが、好きだっていう自分の気持ちが、その、好きだ、好きだっていうだけであってえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
ちょっとごめんなさいね、こんなこと言って。

相談者:
いえ、いえ

加藤諦三:
相手が猫だか、犬だか、虎だか、分んないわけですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
今、好きになった人が虎かもしれないし、猫かもしれないし。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、そのことは考えないわけですよね?
相手がどういう人だ、って。
だって、相手が独身・・の場合と、結婚してる場合とは、違いますでしょ?

相談者:
違います。

加藤諦三:
だけど、そのことはあまり関心無いわけね?
わたしが好きだあ、ってことだけね?、今。

相談者:
そおで・・かもしれないです。

加藤諦三:
そして、今日の相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
夜も眠れないしい、

相談者:
はい

加藤諦三:
朝起きたら先生のことを考える。
で、気持ちを伝えたいけど、どう気持ちを伝えていいか、分んないと。

相談者:
はい

加藤諦三:
わたしはどうしたらいいでしょう?ということ?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
分りました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。