5人子持ちの45歳が無神経な妻にイライラ


テレフォン人生相談
2015年5月23日 土曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーナー)

相談者: 男45歳 妻41歳 長女17歳 長男15歳 次男11歳 次女6歳 三男4歳

今日の一言:
相手を理解するということは、相手と自分の違いを理解するということです。

スポンサードリンク

(年齢、家族構成のやり取りは省略)

加藤諦三:
奥さん、大変ですね。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい、分りました。
それで、どんな相談ですか?

相談者:
家で、結構イライラ・・してましてえ、で、そのお、平静っとか、心を、ちょっと静める・・っていうか、そういう・・ことが出来ないかな、と思いまして。

加藤諦三:
心を静める。
で、イライラするっていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、最近・・のことにイライラし・・を感じ出したっていうこと?

相談者:
前から、ま、そういうのはあったんですけど、特に最近は、もう、あまり、口も利きたくないような・・

加藤諦三:
あ、そうすると、イライラというのは、奥さんに対してイライラする・・

相談者:
そうですね、はい。

加藤諦三:
あの、なんとなく、こう、人生全体というか、生きることに対する、これっていうんじゃないけど、あっちにも、こっちにも、イライラしてるっていうんでは無いということね?

相談者:
そおですね、仕事とかのこととかは、ちょっといつも、切り離して、家庭に帰ると、まあ、そういうことは、あんまりないですしい、

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
子どもに対して、まあ、怒るときもありますけどお、

加藤諦三:
ええ

相談者:
特に、そういう、ことじゃなくてえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
やっぱり、家帰って来て、妻のこと色々見てると、なんかイライラ、するというか、

加藤諦三:
うん・・

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると、あれですね?、一般的にまあ、40歳、45歳くらいになるとね、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、色んなことで、今まで考えてきたように、人生うまくいかないんで、

相談者:
はい

加藤諦三:
色々、憂鬱になったり、イライラするというような、

相談者:
はい

加藤諦三:
ケースではないですね?

相談者:
仕事、は、ま、そうですね、色々ありますけど、まあ、なんとか、こなしてはきてて、で、妻との事に関しては、なんていうんですかね、簡単に言うと、ちょっと無神経な人っていうんすかね。

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
で、まあ、一々、その、言っても、もう、どうもならないんでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
だから、結構、言わないようにとか、その、あんまり、そういうこと見ないようにはするんですけどお、やっぱり、その、限度を超えると、やっぱり、ちょっとイライラっと来たりだとかあ、

加藤諦三:
例えば、限度を超えるってのは、どういうこと?

相談者:
うーん、なんつうかね、色んなことに関して無神経・・っていうか、

加藤諦三:
うん・・

相談者:
はい

加藤諦三:
色んなことに対して、無神経っていうのは・・もうちょっと、この具体的に・・

相談者:
ま、例えば、あのお、お皿洗うにしても、もう、ガチャガチャ割れるくらいに洗ったりだとかあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
その、あと、付き合い始めんときも、なんか、その、ま、結構、色々、遊んでたみたいなんでえ、そのお、男性関係みたいなのが、結構あったみたいなんですけどお、

加藤諦三:
うん

相談者:
その、付き合い始めてからも、結構、電話とかが、あったんですよ。

加藤諦三:
うん

相談者:
そういうことも、だから、
「誰なの?」
って聞くとお、

加藤諦三:
うん

相談者:
「いや、別に」
って言うだけでえ、だから、そんときは、ま、信じてたんで、ずうっと、それは、我慢してきたんですけどお、

加藤諦三:
うん

相談者:
例えばそのお、見える所に色んな写真とかが、そういう、あったりだとかあ、ちょっと◆△%&■◎

加藤諦三:
見えるところに写真があるってことは、なに、こういうこと?
あのお、なんか、昔、交際してたような男性・・

相談者:
そおですね、はい。

加藤諦三:
の写真が、家の中に、あるということ?

相談者:
そおですね。
自分のお、写真とか、

加藤諦三:
うん

相談者:
自分の、そのお、わたしがあ・・撮った写真とかの中に、

加藤諦三:
うん

相談者:
一緒に、そういう写真を混ぜていたりだとかあ・・

加藤諦三:
はー

相談者:
ま、浮気とか、その、そういうのは無いってふうに、、自分は一応、信じてきたんでえ、ま、そういうことはあっても、信じ・・

加藤諦三:
いや、常識的に言うとね、隠しますからね。

相談者:
ま、そうですよね。

加藤諦三:
だから、隠してないわけですよね?

相談者:
まあ、そうですね。
ただ、誰から電話来たとは言わないんすけどお、出てったりするんでえ・・

加藤諦三:
分りました。
要するに、無神経過ぎると。

相談者:
そうですね。
結婚・・10周年ときにプレゼントした指輪も、1回もつけて無いだとかあ・・

加藤諦三:
あー

相談者:
なんか、ちょっと、そういう、なんか、色んなことがもう、やっぱり、長く暮らしてきて、やっぱり、そういうのが、ちょっと、色々溜まってきたっていうんすかねえ・・

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
も、最近は、なんか、気になると、ちょっともう、イライラ、やっぱり、しちゃうんで、

加藤諦三:
奥さんは、これだけ子どもがいると、働いてはいないんでしょ?

相談者:
あ、一応、働いています。
最近働きだしまして、

加藤諦三:
はたら・・働いて・・

相談者:
はい

加藤諦三:
どうやって、これ、

相談者:
近くに、実家があるんで、そこに預けたりとか、

加藤諦三:
あー

相談者:
はい

加藤諦三:
ほいで、これ、晩ごはんなんか、ちゃんと作ってるんですか?

相談者:
ん、ま、作るのは作るんですけどお、その、お酒が、好きなんでえ、帰って来てえ、まず家に直行しないで、1回実家に寄って、一杯ひっかけて、こう、帰って来て、食事、飲みながら作ってますから・・

加藤諦三:
で、飲むって、どの程度飲むんですか?

相談者:
500一本くらい、たぶんそんとき、飲んで◆△%&■

加藤諦三:
ていうのは、赤い顔して、お母さんが夕食準備してるってのは、ちょっと、違いますよね、気分が。

相談者:
でもお、もう、まあ、その、帰ってきてからも、だからあ・・ちっちゃい缶は、飲みながら、食事の支度をしててっていう感じですよね。
で、食事、食べるのが、も、だいたい9時頃とかに、なって・・
自分がいつも帰って来るので、だいたい9時前後なんで。

加藤諦三:
うん。

相談者:
その◆△%子どもが、

加藤諦三:
それは、あなたに合わせて、

相談者:
はい

加藤諦三:
9時頃っていうんでは無いんですか?

相談者:
じゃないすね。

加藤諦三:
あ、合わしてるわけじゃなくて、

相談者:
そのお、なんだかんだやってると、その時間になっちゃうっていうか、はい。

加藤諦三:
うーん・・
要するにあなたの方からすると、今言ったような具体的なことがあって、イライラしてると。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
だからといって、別にそのお、もう、離婚を考えるとかっていう、そういうことでは無いんですね?

相談者:
ちょっと考えるときもありますね。

加藤諦三:
考え・・

相談者:
ただ、やっぱり、子どもがあ、まだ小さいのと、やっぱり、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ま、色々考えると、やっぱり、そうも、出来ない部分もあるっていうか、はい。

加藤諦三:
うん・・

相談者:
何度かそういう、話もしたこともあるんですけどもお。

加藤諦三:
え?、もう、話題に出ることもあるんですか?

相談者:
2、3回ありましたね。
でも、そこまで言って、注意しても、全然、聞く耳持たないし・・

加藤諦三:
で、態度は全然改まらないわけですね?

相談者:
改まらないですね。
こう、なんつうんすかね、人に言われるのが、まずう、嫌い、っていうんですかね。

加藤諦三:
うーん・・うん

相談者:
その、お酒も減らせっていう話をしたんですけどお、
「あたしから、そうやって、何でも奪うのか」
っていうような言い方をするんですよ。

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
いや、そうじゃなくて、量を考えて飲めばいいんじゃない?っていう話を何度もしてるんですけどお、

加藤諦三:
うん・・

相談者:
全然、聞く耳を持たない・・ですね。

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
はい・・

加藤諦三:
分りました。
今日は、大変、いい回答者の先生がいらしてます。
シンクロの銅メダリストで、メンタルトレーナーの、田中ウルヴェ京(みやこ)さんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみてください。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。