コレ横領罪じゃないか?47年間勤めた会社は積み立てた退職金を支払わない


テレフォン人生相談
2015年6月29日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 男62歳 未婚

今日の一言: 忘れてはならないことは、心の資産です。

スポンサードリンク

(年齢、家族構成のやり取りは省略)

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
してません。

加藤諦三:
今、お一人ですね。

相談者:
はい

加藤諦三:
えーと、離婚してお一人なんですか?
それとも、ずうっと、

相談者:
いえ、全然、してません。

加藤諦三:
全然してない、はい、分りました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
会社を辞め・・たんですよね、去年のね。

加藤諦三:
去年、会社を辞めた。

相談者:
はい

加藤諦三:
長年勤めてた会社を辞めたってことですか?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
あの、何年ぐらい?

相談者:
47年と、5ヶ月・・

加藤諦三:
47年・・ということは、あれですね、学生、もう、卒業して、ずうっと・・

相談者:
15から、勤めてました。

加藤諦三:
あ、そいで、ずうっと同じ会社に勤めたんですね。

相談者:
はい、はい、はい

加藤諦三:
そら、色んなことあるでしょうね。
はい、それで?

相談者:
(笑)
で、だんだん・・仕事も、無くなってきたもんでえ、

加藤諦三:
仕事も無くなってきたってことは・・

相談者:
会社で、あのお、仕事を取らないんですよね。
会社、社長から、自ら、営業に廻らなくてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
なかなか仕事が来なく・・無くなっちゃったもんで、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、一ヶ月う、10日?、しか、ぐらいしか働かなくなっちゃったもんでえ、

加藤諦三:
一ヶ月に10日働いてるってのは、社長が?、あなたが?

相談者:
わたしはその間、自宅待機なんですよ。

加藤諦三:
あなたは、自宅待機で働かないで、社長は一ヶ月に10日しか働かないで、よく持ちますね。

相談者:
うん、まあ、会社、ほら、あの、アパート経営してるもんですから。

加藤諦三:
ああ、

相談者:
ああ

加藤諦三:
要するに、会社に資産があるの?

相談者:
有りますよ。

加藤諦三:
だから、資産、が、あるから、まあ・・

相談者:
うん

加藤諦三:
まあ、収入として・・

相談者:
社長としては困らないわけ。

加藤諦三:
うん、はい、はい

相談者:
わたしは困るんです、仕事が・・(笑)

加藤諦三:
で、仕事が無い、自宅待機のとき、給料はどうなってた?

相談者:
日払い、日にち・・いくらって。

加藤諦三:
うん、うん、いや、だから、それちゃんと払われてた?

相談者:
ええ、そうです。
だから、だんだん、ほら、あのお、わたしもアパート暮らしなもんでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、家賃払えなくなってきたもんですからね、うん・・

加藤諦三:
あの、仕事は何ですか?

相談者:
大工です。

加藤諦三:
あ、大工さん・・

相談者:
はい。
それでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、あのお、20年前にい、

加藤諦三:
はい

相談者:
銀行から、

加藤諦三:
はい

相談者:
あなたの名前で、

加藤諦三:
はい

相談者:
定期預金が、

加藤諦三:
はい

相談者:
満期になったもんですから、どうしますか?って、連絡があったんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、わたし、そんなのやったことないから、銀行に問い・・聞いてみたらばあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしの名前の・・は在るけどもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
印鑑証明は、誰ですか?って聞いたら、

加藤諦三:
ええ

相談者:
会社の名前になってたんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
だから、会社の名前・・ですから、わたしはあのお、印鑑押してないから、わたしのものではないですよって、言ったんですよね。

加藤諦三:
ええ。

相談者:
うん

加藤諦三:
ていうことはあれ?、20年前からあ、

相談者:
うん

加藤諦三:
あなた名義で、

相談者:
はい

加藤諦三:
会社が、

相談者:
はい。
勝手に積んでたんです。

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
毎月、あのお、1万円ずつう、

加藤諦三:
はい

相談者:
奥さまがあ、わたしが退職したらあげますっつう、そういう名目で、積んでたらしいんですよ。

加藤諦三:
で、あなたには、いって、なんにもいってないわけですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん

相談者:
んだもんで、わたしも、ほら、あのお、去年ね、

加藤諦三:
はい

相談者:
退職した、そのときに、
「うちの女房が、」

加藤諦三:
はい

相談者:
「お前のためにい、」

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、
「退職代わりに、と思って積んでたお金があるからあ、」

加藤諦三:
はい

相談者:
「それを下ろしたいからあ、」

加藤諦三:
はい

相談者:
「わたしの印鑑証明書とお、」

加藤諦三:
はい

相談者:
「身分証明証を貸してください」
って言われたんですよ。

加藤諦三:
あなたに渡したいからということですね?

相談者:
そういうふうじゃなかったんです
ただ下ろしたいだけで。
でえ、どういうお金なの?って聞いたんですう。

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたらば、お前のためにい、いつか辞めるだろうと思って、そのためのお、退職金代わりに積んでたお金を、じゃ、今下ろすからっつうことでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、わたしに、じゃ、少しはくれるんですか?って言ったんですよね。

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしのために積んでたんだからね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
138万もあるんだから。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、半分・・ま、でなくても、ま、少しはくれるんですか?っつったら、
「それは、んん・・ちょっとねえ」
なんて言ったもんでえ、あ、これは、くれないんだなあって思って・・

加藤諦三:
うん、少しは、って言ったって、あなたの、退職金なわけでしょ?

相談者:
そうなんですよ。

加藤諦三:
んん・・

相談者:
わたしの名前で、ま、むこうが勝手に積んでたもんですけどもお、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしの名前で積んで◆△%&■◎

加藤諦三:
要するに退職金が無かったわけだよね?

相談者:
はい。
積んでたものを、なんで?って思って、わたしもね。

加藤諦三:
はい

相談者:
だから、くれないんなら、し方ないなあと思ってえ。
で、一応まあ、一応、下ろしたいから、あのお、証明、はん・・印鑑証明書と判子を貸してくれって言われたから、いいよ、って言って貸したんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で・・んで、そのお、お金いくら下ろしたんですか?って、社長に聞いたんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたらば、あのお、
「そんなの教えることはない」
って言われたんで。

加藤諦三:
まあ、要するに、自分の人生そのものだからね、

相談者:
はい

加藤諦三:
15歳から。

相談者:
はい

加藤諦三:
その信頼してる棟梁に、

相談者:
はい

加藤諦三:
最後に裏切られたような気持ちだということね?

相談者:
そう、だから、その言葉がね、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、お前にはもう、そんな、いくらお金下ろしたってね、

加藤諦三:
うん

相談者:
教えることもないしい、

加藤諦三:
うん

相談者:
あげることもないっていうような言われ、言い方をされたもんでね、

加藤諦三:
うん

相談者:
それが悔しい・・なんで、わたしの身分証明証とお、

加藤諦三:
うん

相談者:
ね、印鑑を貸して、下ろしてあげたのに、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんで、一言、ありがとうございました、と、そういう言い方ないのかなあ、と思いましてね。
で、その、お金をね、

加藤諦三:
うん

相談者:
一応、下ろしたお金がね、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんで、もらえないのかなあ、と思って、まあ、社長の気持ちがあ、悪ければ、くれないだろうけども、そういうの、なんかしらで、もらえる方法ないかなあ、と思いましてね。

加藤諦三:
ああ、はあ、はあ
今日の相談っていうのは、そうすると、そういうようなことでね、

相談者:
はい

加藤諦三:
これ、お金をもらう方法ないかな?っていう、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
相談ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
分りました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。