跡継ぎの定義ができない相談者が 農家の跡継ぎの心配する


テレフォン人生相談
2015年7月15日 水曜日

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女58歳 夫61歳 長男33歳 次男30歳 三男25歳(障害者) 5人暮らし
父85歳 母81歳 妹55歳の3人暮らし
妹の長女31歳(既婚) 同長男28歳(既婚)

スポンサードリンク

ドリアン助川:
今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
家の跡取りの件なんですけどお。

ドリアン助川:
家の跡取り?

相談者:
はい、わたし、女2人兄弟で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
家を継がないかん・・て、わたしが、あのお、養子を貰ってえ、結婚して、でえ、妹・・が、結婚して、離婚しまして、子ども・・連れて帰って(笑)、

ドリアン助川:
ちょっと待ってくださいね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
姉妹、で、あなたがお姉さん?

相談者:
はい

ドリアン助川:
でえ・・失礼ですけど、今、おいくつですか?

相談者:
58です。

ドリアン助川:
58歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
妹さんはお幾つですか?

相談者:
55歳です。

ドリアン助川:
55歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、跡取りということは、何か、お仕事、を、お家でなさって・・

相談者:
あの、農家・・農家やったんですね。

ドリアン助川:
農家なんですね?、はい

相談者:
その、田んぼ・・をせないかん、ということでえ、

ドリアン助川:
農家を継ぐということで。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
名字も、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、継がないかんいうことで。

ドリアン助川:
はい、それで、お姉さんであるあなたは、養子を貰うっていう・・

相談者:
はい、養子をもらって結婚したんです。
長男いう形で入って、

ドリアン助川:
はい、はい、はい、はい。
あなた・・の、旦那さんが養子という形になっているわけですね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい、分りました、はい。
そして?

相談者:
で、妹も、結婚したんですけど、あのお、離婚、して、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、子ども・・2人連れて帰ったんです、小さい・・からいうことで、両親とずっと、もう、今まで住んできたんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
でえ・・妹の子どもは結婚して、

ドリアン助川:
はい

相談者:
外に出たんですけどお、あのお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
跡取りのことが、ずっとウヤムヤになってるんでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
はっきりさせたい・・わたしたち、あの、夫婦は思ってるんです。

ドリアン助川:
はい、今、あのお、お父さん、お母さん、てのはご健在なんですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
おいくつと、おいくつの・・

相談者:
父が85で、母が81です。

ドリアン助川:
85歳、81歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、農家ということなんですけども、そのお、田畑、結構な広さなんでしょうか?

相談者:
ちょとお・・広さ言われたら分らんのやけど・・

ドリアン助川:
専業農家でやっていけるくらいの広さ・・

相談者:
はい、いや、いや、いや、いや、兼業です。

ドリアン助川:
兼業ですか。

相談者:
はい

ドリアン助川:
兼業で、一周すると、歩いて5分とか、大きな土地をお持ちなんですね?

相談者:
はい、何箇所かに。

ドリアン助川:
何箇所かに。

相談者:
はい

ドリアン助川:
そして、お父さんとお母さんは、これまでえ、農業やってこられたわけですか?
休んでる時期はなく・・

相談者:
そうです、そうです。
2、3年前まで2人でやってたんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、わたしの主人がちょっと体弱くって、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
結婚当初は、なんとか、手伝いぐらいしてたんですけどお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
腰の方痛めたりして、あのお、出来ない状態で、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
それで、もう、だから、今、ま、2人考えてるのは、出来ないしい・・あのお、わたしたちの子どもも、もう、あのお、1年近くこっちに来てるんでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
両親が、あのお、◆△%&■◎帰らないいうことなんでえ、もう・・

ドリアン助川:
あなたたちのお子さんが、何人いらっしゃるんですか?

相談者:
あ、3人

ドリアン助川:
3人。

相談者:
男の子いてえ、

ドリアン助川:
男の子3人。
おいくつの・・

相談者:
あ、33と、

ドリアン助川:
はい

相談者:
30と、

ドリアン助川:
はい

相談者:
一番下、25は、あのお、障害があって、あの、施設の方へ預けてます。

ドリアン助川:
あ、そうなんですか。

相談者:
はい

ドリアン助川:
旦那さんは、おいくつでしょうか?

相談者:
あ、61です。

ドリアン助川:
61歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
58歳のあなたと、61歳の旦那さん。

相談者:
はい、はい、はい、はい

ドリアン助川:
で、33歳、30歳のご子息は、もう、違う所に居るんですね?、今。

相談者:
いや、一緒に住んでます。

ドリアン助川:
一緒に住んでるんですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
一緒に住んでるんですけども、ま、農業ではないことをやってらっしゃる?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ということは、これまで、そのお、お父さん、お母さん、手伝ってこられた方というのは、どなたになるんでしょうか?

相談者:
誰も手伝ってないです。

ドリアン助川:
誰も手伝ってない。

相談者:
はい

ドリアン助川:
そして、えー、ま、いよいよ、そのお、農家を継ぐということで、

相談者:
はい・・

ドリアン助川:
継ぎたいんだ、て言う方は、いらっしゃるんですか?

相談者:
こういう話になると、もう、みんな、なんか、ウヤムヤにしておきたいいうふうな・・わたしたちは、あのお、今回、あのお、はっきりさしたいんやけどお、妹は小さいときから甘やかされて育ててえ、

ドリアン助川:
あ、は、は、

相談者:
両親は妹の、機嫌伺って、あの、本心あまり言わないんです。

ドリアン助川:
ということは、お父さん、お母さん、妹さん・・

相談者:
え、妹の、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
子ども2人いるんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
でえ、、男の子が元気なんでね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その子に、いう希望は持ってる(笑)みたいなんだけすけどお、

ドリアン助川:
それは持ってるみたいなんですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい。
このお、妹さんのお子さんは、おいくつでしょうか?

相談者:
あ、長女が31と、

ドリアン助川:
はい

相談者:
長男28です。

ドリアン助川:
長男28歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
この長男の方に継いでもらいたいと思ってるようなんですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、この長男の方の、はどうなんでしょう?、継ぎそうなんでしょうか?

相談者:
かあ、も、小さいときから、あのお、育ててもらってるんで、あのお、老後の面倒は看るう、みたいなことは、言ってるらしいんですけどお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そういう後継ぐとか、どっか・・という話になると、もう、みな、ウヤムヤ(笑)に・・

相談者:
ちょっと待ってくださいね。

相談者:
はい

相談者:
この農家を継ぐ土地を、継ぐということが、

相談者:
はい

相談者:
皆さんにとって、好ましいことなのか?
あるいは、ちょっと面倒なことになると、思われているのか?、どっちなんでしょうか?

相談者:
面倒とか、もう、あのお、たぶん、田んぼはしないと思うんですう。

相談者:
継いだとしても。

相談者:
はい

相談者:
何をなさるんですか?
田んぼをしない、ていう場合は。

相談者:
父が亡くなったら、皆で分けてえ、

相談者:
はい

相談者:
どういう・・土地活用なるかっていうと、今のところはあれなんだけどお、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
田んぼはしないと思うんですう。

ドリアン助川:
ということは、その土地を継いでも、もう農業には戻らないということですね?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
具体的には、じゃ、今、悩まれてるということは、どういう部分なんでしょう?

相談者:
だから、跡取りい、ですかね、あの、まあ、墓守のことなんですけど・・

ドリアン助川:
それを、誰・・にすればいいか・・、

相談者:
ええ、誰が、はい、誰が、はっきり・・

ドリアン助川:
どういう方法で、誰に、継いでもらえば一番問題が起きないか、というような、こと、なんでしょう・・かね?
本心としては、どういう部分でしょう?

相談者:
わたしたちのお、気持ちは、

ドリアン助川:
はい

相談者:
決まってるんです、両親なり、妹が、ウヤムヤにして、話の場を持っても、結論・・に至らないんでえ、そこんところをどのように、

ドリアン助川:
あのお、

相談者:
したらいいんかな、と思って・・

ドリアン助川:
本音としてはね、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたたち夫婦が継ぐという、土地を得るという方向に持って行きたいんじゃないですか?

相談者:
子どもが3人いたらあ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
三分の一づつ、は、なる、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それは、思ってるけどお・・

ドリアン助川:
はい、別に独り占めしようとしてるわけではない?

相談者:
ええ、ええ

ドリアン助川:
等分で分けていただいたら、いいというふうに思ってますか・・

相談者:
ええ・・

ドリアン助川:
そういうのをはっきりしたいということなんですね。

相談者:
◆△%&■◎は、跡取り誰がなるか?、あの、妹がしてもらったら、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
一番いいんだけどお・・

ドリアン助川:
え?、妹がするのが一番いいんですか?

相談者:
ええ、ええ、跡取るのは、なんか、今もずっと、妹住んでるし、両親と。

ドリアン助川:
今、あなたは、一緒に住んでないんですか?

相談者:
ええ、あの、車で、2時間◆△%ぐらいの所に。

ドリアン助川:
も、じゃ、全然違う所に住んでらっしゃるんですね?、今、あなたは。

相談者:
あ、はい

ドリアン助川:
そおいうことですか。

相談者:
はい、も、家も建ててます。

ドリアン助川:
そおなんですか。
それで、実質、

相談者:
ちょっと、あの、3男に障害があってね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
学校・・の、関係なんかで、こっち来たんでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
こうなってしまったんですけど・・

相談者:
えー、ま、そういう事情があるにしろ、おー、お父さん、お母さんとは一緒に暮らしていない。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、一緒に暮らされてるのは、妹さんのご夫婦なんですね?

相談者:
妹は一人です、あの、離婚したから。

ドリアン助川:
離婚したから。
で、もう、

相談者:
はい、で、子どもも、2人とも結婚してます、妹の子どもは。

ドリアン助川:
じゃ、お父さん、お母さん、と住んでらっしゃるのは、妹さんお一人?

相談者:
ええ、ほいで、あのお、妹のお、長男が、あの、

ドリアン助川:
はい

相談者:
近くに住んでいるんで、もう、子どもも、一人いて、あの、

ドリアン助川:
ああ

相談者:
実質(笑)、そちらが、あのお、跡取りのような、形にはなってるんです。

ドリアン助川:
なるほど、なるほど。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、ということは、このまま行くと、その、妹さんのところに、土地が全部行ってしまうんじゃないか?という思いもあるわけですね?

相談者:
はあい、でも、もう、それよりも、もう、あのお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
跡取りのことをはっきりさせたい、いうのが、強いです。

ドリアン助川:
はい、分りました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。