離婚して12年。マンションの持分を盾に居座る元妻


テレフォン人生相談
2015年7月27日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 男51歳 同居の長女19歳 別居の長男 前妻47歳

今日の一言: なし

スポンサードリンク

(年齢、家族構成のやり取りは省略)

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
いえ、離婚しました。

加藤諦三:
離婚して今お一人ですか?

相談者:
はい、あと、子どもが2人いますけれど、

加藤諦三:
はい

相談者:
長男が、えー、独立して、生活してます。

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすと、暮らしてるのは今お一人ですね?

相談者:
あ、えー、長女です。

加藤諦三:
あ、長女と、

相談者:
はい

加藤諦三:
お嬢さんは今何歳ですか?

相談者:
19になります。

加藤諦三:
19歳、はい、分りました。
で、どんな相談でしょうか?

相談者:
12年前に離婚したんですけれど、

加藤諦三:
はい

相談者:
3ヵ月・・たぶん、3ヶ月ぐらい、過ぎにい、

加藤諦三:
はい

相談者:
前のお・・妻があ、家に・・戻って来てえ、

加藤諦三:
家に・・はい、

相談者:
ええ

加藤諦三:
っていうことは、この19歳の今お嬢様が、いる所にということですね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
ええ

相談者:
わたし・・ええ

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、わたしい・・朝が早くて、夜遅かったもんですから、特にい・・気づかなかったっていうか、

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ、あの、息子お・・の部屋に居たような感じなんです・・

加藤諦三:
あー

相談者:
そこに閉じこもりっていうか、もう、なんていうんですかね、わたし居るときは、出て来ないんですよ・・全く。
音もしない・・しい

加藤諦三:
そうすると、最初に戻って来たときは、どういうふうに戻って来たんですか?

相談者:
いや、もう、合鍵があるんでえ、勝手に入ってきたような感じでえ・・

加藤諦三:
そいで12年間ということは、10・・年近く、そういうように、あなたの家に、

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
出たり入ったりしていたと。

相談者:
そうですね。
・・
それでえ・・

加藤諦三:
で、あなたは、それが気が・・気が付かなかったわけ・・

相談者:
ま、気づいてたことは、気づいてたんですけれどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
ただあ、あのお、わたしもお、仕事してたもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ。
あのお、色々、むこうの親御さんとも・・説得して、一時はあのお、引き取るっていう感じで、説得したんですけど、頑固として、言うこと聞かなくて、

加藤諦三:
はい
離婚するって言い出したのは・・奥さんの側から?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
ふうん、で、今、奥さん、ま、前の奥さん何歳なんですか?

相談者:
えー、4つ下ですかね。

加藤諦三:
4つ下。

相談者:
はい

加藤諦三:
と、40・・7ぐらい。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい
それで?

相談者:
まあ、あのお、わたしもお、一人で・・お金もそんなになかったんでえ、やっぱりい、

相談者:
はい

相談者:
ちゃんとしなくちゃいけないんでえ、

相談者:
はい

相談者:
裁判沙汰とか、弁護士をつけて、なんとか解決しよう・・と、思っても、お金の(笑)余裕が無かったもんですから、ずうっとここまで来たんですよ。

相談者:
はい

相談者:
それでえ、長女があ、やっと社会人になったんで、この機に、なんとか解決う・・する方法ないかな?と思ってえ・・

加藤諦三:
だけど、離婚は、法律上はもう、離婚・・してるわけですよね?

相談者:
はい、してます、はい

加藤諦三:
はい
それで、離婚するときの、それは当然、協議離婚・・です・・裁判

相談者:
ま、そうですね。

加藤諦三:
家庭裁判所に、

相談者:
◆△%&じゃなくう・・

加藤諦三:
行って云々ということじゃ、ないですよね?

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
そいで、その離婚したときに、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか、色んな取り決め、あの、約束事みたいなのは何にもなかったんですか?

相談者:
えーと、親権は自分・・持ったんですよ、二人とも。

加藤諦三:
む、息子さんも、お嬢さんも両方持ってたの?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの方が。

相談者:
ええ

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
当初、3ヵ月前後、バタバタしてえ、出て行く、出て行かないっていうか、むこうの親御さんとも話、したときにい、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、あのお、マンションなんです、集合住宅、マンション。

加藤諦三:
はい

相談者:
それ購入するとき、一割い、負担・・するということでえ、なん・・1割、名目上1割っていう、むこうの親御さんの、あれだったんで、1割、一応、1対9で、所有権・・設定したんですよ。

加藤諦三:
あ、そうすると、今あなたの住んでいるマンションってのも、何、

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ローン終わってんの?

相談者:
まだ終わってないです。

加藤諦三:
まだ終わってないの?

相談者:
それでえ、その離婚して、3ヵ月して、とにかく出て行ってくれとか、あの、むこうの親御さんも引き取るから、とにかく出なさいっていう・・話になったときにい、離婚したんだから、

加藤諦三:
うん

相談者:
出て行くの・・

加藤諦三:
あ、だから、出て、

相談者:
実家に戻れっていう、ことだと、

加藤諦三:
ああ、実家に戻って来いっていうことね?

相談者:
うん

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
ただ、前の妻は、一割負担ある、一割の設定があるんだから、出て行く必要ないとか、言い出してえ、

加藤諦三:
うん・・分りました。

相談者:
親の言うことも、全然全く、聞こうとしないでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
居座ったんですよ。

加藤諦三:
で、あなたが最後に会った・・ときってのはいつですか?、具体的に。
家に居たっていうんじゃなくて。

相談者:
・・

加藤諦三:
話をしたとき。

相談者:
話をした、ときは、もう、10・・年ぐらい前ですかね。
10・・1年ぐらい・・

加藤諦三:
じゃ、離婚してえ・・から、実際に会っては話、してないと。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
分りました。
それで、今日のあなたの相談っていうのは、

相談者:
ええ

加藤諦三:
こういう状態の中でえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分は、まあ、法律上離婚しているんだから、

相談者:
はい

加藤諦三:
実態、生活の実態も離婚したような、

相談者:
はい

加藤諦三:
実態にしたいということ?

相談者:
・・

加藤諦三:
それにどうしたらいいか?ってことですか?

相談者:
ていうか、ま、そう、それもありますけれどお・・出て行ってもらいたい(笑)っていうか、まあ、わたしも今後・・の、◆△%&■◎

加藤諦三:
いや、そら、出て行ってもらいたいっていうのは分るけど、出て行ってもらいたいって言っても・・出て行かないでしょ?

相談者:
はい
出て行かないでしょうね。

加藤諦三:
これ非常に難しい、あのお、ケースだと思いますけれども、

相談者:
ええ・・◆△%&

加藤諦三:
今日は幸いですね、その非常に難しい、ケースに、対応、して、いただける、最適な弁護士の先生だと思いますけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
弁護士の、坂井眞先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみてください。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。