幼児期から脱せない31歳の女。母の無関心があなたを作った


テレフォン人生相談
2015年8月13日 木曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 女31歳独身 父 母67歳 姉33歳 の4人暮らし

今日の一言: 行動の予定表を作る。それがポイントです。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?
テレフォン人生相談です。

相談者:
お願いします。

加藤諦三:
はい
最初に年齢教えて下さい。

相談者:
31歳です。

加藤諦三:
今、独身ですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
独身で、お父さん、お母さんと一緒に暮らしてんの?
それとも自分一人?

相談者:
いえ、一緒に住んでます。

加藤諦三:
一緒に住んでいる。

相談者:
はい

加藤諦三:
えーと、そうすると、お父さんと、お母さんと、あなた3人ですか?

相談者:
あと姉です、はい

加藤諦三:
お姉さん何歳?

相談者:
30・・3

加藤諦三:
はい、分りました。
そいで、どんな相談ですか?

相談者:
母親とあまり仲が良くないんですけどお。

加藤諦三:
うん、お母さん、何歳?

相談者:
67・・です。

加藤諦三:
あまり仲良くないってのは、具体的に言うとどういうことですか?

相談者:
え、いや、なんか、こっちがあ、本気で、話したいことがあってもお、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか、いつも向き合ってくれなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
逃げられるっていうか・・

加藤諦三:
はい

相談者:
なので、ちょっと、距離を置いた方がいいのかなあ・・と思って。

加藤諦三:
はい
例えば、あのお、最近・・そのお、自分がこう、真剣に話したことを、さっと逃げられてしまったように・・
「またかよ・・」と思ったのは、具体的にそういう場面ってのは、最近あります?

相談者:
なんか、あの、最近・・「早く家を出なさい」とかって言われたんですよ。
なんか、「自立するために出た方がいい」って言われたんですけど。

加藤諦三:
はい

相談者:
でも、それは、あのお、姉から、

加藤諦三:
はい

相談者:
母親・・が、あたしが出た方がいいから、って言われてえ・・

加藤諦三:
あ、お姉さんがお母さんに言って、

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、お母さんがあなたに言ったということね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
でも、わたしが前に家を出るって言ってたときは、出なくていいよとかって言ってて・・

加藤諦三:
家を出なくていいって言ったのは誰ですか?
お母さん?

相談者:
母親も、父親も。

加藤諦三:
お父さんも、お母さんも、そう言ったと。

相談者:
はい

加藤諦三:
そいで、あなたがそのとき、家を出ようと思って、お父さんと、お母さんに話したときにい、

相談者:
はい

加藤諦三:
気持ちっていうのは・・どうしてですか?
お父さんとお母さんの方から言われたんじゃなくて、あなた方から言ったのね?

相談者:
はい

加藤諦三:
どんな気持ちで言ったの?

相談者:
昔、家を出てったことがあったんですけどお、

加藤諦三:
あ、いつ頃ですか?

相談者:
えっとお、10年前と、8年前。

加藤諦三:
あ、2回も、家出・・自分一人で生活してんのね?

相談者:
はい

加藤諦三:
でえ、それぞれ、何年ぐらいでまた家に戻ってんですか?

相談者:
あ、それは、1年、づつです。

加藤諦三:
1年、外で・・自分一人で暮らして、また戻ってると。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、そのお、時期、ずうっと働いているんですか?
それとも・・

相談者:
あ、学生のときと、社会人のとき・・

加藤諦三:
それで、今日のお、あなたの最初の相談っていうのはですね、

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんが、自分と本気で向き合ってくれないと。

相談者:
はい

加藤諦三:
いうこと・・

相談者:
今、も、また自分が自立するためにい、

加藤諦三:
うん

相談者:
母親とも離れた方がいいのかな、とか・・

加藤諦三:
今日の相談というのは、自立・・しようと思ってんだけどもお、自立した方がいいのか?

相談者:
はい

加藤諦三:
それとも、このまま、お父さんとお母さんとお姉さんと、

相談者:
はい

加藤諦三:
この4人の生活を続けた方がいいのか?っていうこと?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
そういうことも、含めて、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか、今のあれですか?
生き方に、こんな生き方でいいのかな?っていうことで迷ってるっていう。

相談者:
今、自分として、今が一番、満足してるんですけどお、

加藤諦三:
うん

相談者:
その、今あ、よりもっと、ま、精神的にも、経済的にも、自立した方がいいのかどうか。

加藤諦三:
ああ、そういうことですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、今、満足してるんだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
このままの自分でいいのか?と。

相談者:
はい

加藤諦三:
自立しようと。

相談者:
はい

加藤諦三:
思ってるね、てこと。

相談者:
はい

加藤諦三:
先ほど、その、お母さんが向き合ってくれないっていう、不満を言ったのは、それは、どういう、ことですか?
ていうのは、向き合ってくれないんだったら、自立するよ、っていうふうに、ごく普通に、まあ、進まないわけですね?

相談者:
ええ、一緒に居ても、なんか、向き合ってくれないので、一緒にいる意味もないのかな、と思って。

加藤諦三:
ああ、ということは、お母さんがちゃんと向き合ってくれれば自立しなくてもいいってこと?

相談者:
・・

加藤諦三:
家を出なくてもいいってこと?

相談者:
母親としては・・なんか、その親のありがたみをもっと理解して欲しいみたいで、そのためにもう1回出ろ、みたいな、感じですけど。

加藤諦三:
ああ・・
1人で暮らしてみろ、と。

相談者:
はい

加藤諦三:
したら親のありがたみが分ると。

相談者:
はい

加藤諦三:
いうことね?

相談者:
はい

加藤諦三:
分りました。
今日はスタジオに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。