金を貸してた男が亡くなった。娘に請求したら相続放棄されて


テレフォン人生相談
2015年8月14日 金曜日

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者:  塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女69歳 夫と2人暮らし

スポンサードリンク

ドリアン助川:
今日はどんなご相談でしょうか?

相談者:
あ、お金を貸したんですけどお、貸した方が、あのお、一ヶ月前に亡くなったんです、急に。

ドリアン助川:
はい

相談者:
それでえ、保証人も立ててないので、借用書はあるんですけどお・・
あのお、あたし、この娘に相続するっていうことは聞いてたんですけど、その方に電話しましたらあ、色んなことがあったから、全部、財産を、放棄するっていう返事で、電話切られちゃったんですね。
だから、あのお、娘さんは、もう、うちには関係ないから、わたしには関係ないからって言・・言われたんです。

ドリアン助川:
は、は、は、は
えーと、まず、お金は、おいくらぐらい貸されたんですか?

相談者:
250万です。

ドリアン助川:
250万円。

相談者:
はあい

ドリアン助川:
それはいつ・・あの、貸されてんですか?

相談者:
えっとお、5年前ですね。

ドリアン助川:
5年前。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、この250万というのは、えー、全然、返済されてないんですか?
あの、一部も。

相談者:
そう、あのお、利子だけは・・毎・・ちゃんと、あのお、ずうっと、払ってもらってました。

ドリアン助川:
はい、はい
えー、利子というのは、どれぐらいの利子なんですか?

相談者:
あのお、貸すっていう、理由が、あのお、利子が良かったので貸したんですね。

ドリアン助川:
・・

相談者:
そいで、あの、年間、30万返してもらってたんです。

ドリアン助川:
えー、ということは、5年・・

相談者:
いち・・

ドリアン助川:
5年前ですから、計150万は、

相談者:
ああ、はい

ドリアン助川:
もう、利子として、

相談者:
はい

ドリアン助川:
貰っていると。

相談者:
はい

ドリアン助川:
これは、双方で決めたことなんですか?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
あ、は、は、は
どういうことで、このお金が必要になったんですかね?
相手の方は。

相談者:
あのお、なんか、その方、商売してましてえ、銀行の取引が出来なくなったから、個人に借りて・・っていうことでえ、ほいでえ、あの、もう、長いので、そろそろ返してもらいたいからって、一応、あの、いついつまでっていうことは、あのお、借用書に書いてないもんですから・・

ドリアン助川:
それで、あの、OKということだったんですね、そのときは。

相談者:
そうですねえ。

ドリアン助川:
そういう約束だったんですね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
あ、は、は、は
で、えー、えーと、あなた様、おいくつですか?

相談者:
69です。

ドリアン助川:
69歳

相談者:
70になるんですけど。

ドリアン助川:
はい、はい

相談者:
えーと、現在、ご家族があって、

ドリアン助川:
主人と2人です。

相談者:
2人で。

ドリアン助川:
えー、あなた様はお仕事されてますか?

相談者:
してないです。

ドリアン助川:
してないですか。
相手の方はあ、おいくつだったんでしょうか?

相談者:
えーっと、78が、9だと思います。

ドリアン助川:
えー、亡くなった年齢が。

相談者:
はあい

ドリアン助川:
あ、は、は、は
で、えー、ま、電話をしたら、その方のお嬢さんが出られた?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
ま、その、借金も含めて、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、具体的に、なんと、仰ったんでしょう?、その人は。

相談者:
いや、実はこういうわけで、あの、って理由、しましたらあ、あのお、わたしが、あのお、保証人になってないしい、そんなこと一言も聞いてないから、それにあの、うちの方も色々、あのお、なことがあるから、全部、財産放棄したって言うから、あのお、関係ないからって言って、電話切られちゃったんですね。

ドリアン助川:
あ、は、は
その相手のお嬢さんってのは、おいくつぐらいの方なんでしょうね。

相談者:
あたしも面識ないんですけどお、40ぐらいだと思うんです。

ドリアン助川:
40歳ぐらいの方。
は、は、は
250万貸して、えー、利子としては、毎年30万づつで、5年で150万は一応帰って来てるということですね?

相談者:
はい、ええ

ドリアン助川:
元々、親しい方だったんですか?

相談者:
親しいっていうか、あのお、主人の仕事関係の方でえ、むこうから来るだけで、あたしの方から行ったことは無いんですよ。

ドリアン助川:
来るというのはお家に?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
あのお、ということは、旦那さんも、これ間にいたわけですよね?

相談者:
それがあ

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、わたしも、あのお、仕事してて、いくらか、貯金があったのでえ、そのお、方の利子がいいもんですから、そういう・・ので、貸したっていう、ただそれだけのことだったんです。

ドリアン助川:
あのお、ゴメンナサイね。

相談者:
はあい

ドリアン助川:
旦那さんの、お知り合いの方ですよね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
で、この方がお金を貸して欲しいというのを、旦那さんを飛び越えて、

相談者:
いや

ドリアン助川:
あなたに・・

相談者:
それが、あのお、主人に内緒なので困ってるんです。

ドリアン助川:
えーとお、あなたもよくそういうこと、なさいましたね?

相談者:
そうですね、

ドリアン助川:
あのお、旦那さん、

相談者:
わたしも、

ドリアン助川:
居ないところで。

相談者:
迂闊だったんです、はあい

ドリアン助川:
でえ、じゃ、このお、30万の利子が5ヵ年返って来たというのも旦那さんに内緒ですね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
あ、は、は、は
で、えー、今に至るも、一切、このことは旦那さんには、話してないんですか?

相談者:
話してないです。

ドリアン助川:
もし、話したとしたら、旦那さんどうなります?

相談者:
いや、主人・・も、ど、どんなことになるか、わたしも分からない・・

ドリアン助川:
で、えー、今・・ま、お気持ちとしては、元本250万、返って、取り戻したいという、ことでしょうか?

相談者:
そうです

ドリアン助川:
相談内容としては。

相談者:
ええ、でも、あのお、あんまり、あのお、表立ったことを、しなければならなければあ、もう、泣き寝入りしようかなと思ってたんですけど。

ドリアン助川:
ご自分としてもどっちかいいか?、今分らなくなってるということですか。

相談者:
そうですねえ・・

ドリアン助川:
ふん、ふん、ふん
今日、何か、そのお、ま、決断のきっかけになる、言葉が聴ければいいなということでしょうか。

相談者:
そうですねえ・・

ドリアン助川:
分りました。
えー、250万を貸したと。
おー、そして、その方が亡くなってしまった。

相談者:
はあい

ドリアン助川:
利子の150万は戻って来てるけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
旦那さんには内緒だと。

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
で、今、どうしたもんか、よく分らなくなってるというとこですね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
分りました。
えー、今日の先生に相談してみたいと思います。
今日の回答者は、弁護士の塩谷崇之先生です。

相談者:
ああ

ドリアン助川:
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。