「殺すぞ」と言った妻と別居するも 、子どもが大きくなるまで一緒に暮らしたい


テレフォン人生相談
2015年9月16日 水曜日

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者:  大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 男43歳 別居中の妻41歳と6歳の娘と7歳の息子

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いします。

ドリアン助川:
よろしくお願いします。

相談者:
はい

ドリアン助川:
え、今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
2ヶ月う、前から、家内と別居しておりまして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで、ま、今後の、家内との関係を、どのようにしたらいいか?、ということで、ご相談、さしていただきたいと思います。

ドリアン助川:
はい
奥さん、は、今、おいくつでしょうか?

相談者:
41歳です。

ドリアン助川:
41歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなた様は?

相談者:
僕は、えー、43歳です。

ドリアン助川:
43歳。
結婚してからどれくらいなるんでしょうか?

相談者:
7・・年になります。

ドリアン助川:
7年

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、恋愛結婚で。

相談者:
はい、そうです。

ドリアン助川:
はい
お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
はい、6歳の娘と、7歳の息子といます。

ドリアン助川:
で、2ヶ月前から別居ということですけども、具体的にはこれ、どういうことが理由で・・

相談者:
今あ、仕事が自営になるんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
えーと、自営と合わせて、ちょっと収入が、あの、少ないので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
えーとお、ちょっと別の仕事を、してるんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それを、あのお、今住んでるところから、どうしても、ちょっと遠くの方に、一週間ぐらい行かなきゃいけないので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、そういったこともちょっと、月に1回くらい、急に入ったり、することが多くてですね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、えー、家内が車の運転が出来ないので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
日頃の、あのお、買い物とかですね、あと、子どもが保育園に行ってますので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その、送迎・・は、あのお、僕がするんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そのお、ときに、ま、ちょっと、そういうのが、出来なくなって、ま、本人が困るう、ということで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、えー、今はあの、僕の実家の近くに住んでいるので、わたしの母・・がですね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、そういうときは、ちょっと、車で、えー、子どもたちを送ったりしてくれるう、ので対応出来るんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
家内としては、それが・・
ま、僕も事前には話をするんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
突然ちょっと、言われる、ようなことがあったりとか、ま、自分の予定が、急に狂ってしまうということで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ちょっとそれが原因で、言い合いになりまして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で、もう、一緒には住めないということで、ま、僕が、今は、実家の、方に、あの、父親と母親と、居るようになってます。

ドリアン助川:
お子さんは、今一緒にいらっしゃるんですか?

相談者:
あ、えー、は、家内の方・・に、あのお、住んでるとこに居ます。

ドリアン助川:
奥さんの方の住んでるとこというのは、元のお家でしょうか?

相談者:
そうです、はい

ドリアン助川:
えー、あなたが元々居た、お家にいらっしゃる、つまり、家を出たのはあなたということですね?

相談者:
そうです、はい

ドリアン助川:
はい
あなたが家を出て、えー

相談者:
はい

ドリアン助川:
お父さん、お母さんと今、暮らしているということですね?

相談者:
はい、そうです。

ドリアン助川:
ということは、出て・・ま、啖呵を切って出てきたというのは、あなたということになりますかね?

相談者:
えっとですね、僕があ、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ちょっと、追い出されたような、

ドリアン助川:
追い出された

相談者:
形になります、はい

ドリアン助川:
あー。
えー、ま、別居と聞くと、女性関係があったのかな?、とか、そういう風に、

相談者:
はい

ドリアン助川:
考えてしまうんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
そういうことはないんですね?

相談者:
はい
そういうのは一切ありません。

ドリアン助川:
そういうのは無い?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、お互いの、そのお、ま、仕事を巡るような、生きていく姿勢の違いから、トラブルが起きたということですか?

相談者:
そおですね・・はい

ドリアン助川:
それとも、あなたのお母さんが家庭に入って来ることによってえ、

相談者:
はい

ドリアン助川:
そこでトラブルが起きた。

相談者:
いえ、そこお、は、無いです。

ドリアン助川:
そこは無いですか?

相談者:
別に、はい、協力してもらえるので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、特にそんなに干渉することもありませんし、ま、お願いすると手伝ってくれる、とかですね・・

ドリアン助川:
あなたの奥さんと、あなたのご両親との関係は良好だったとことですか?

相談者:
そお、ですね、はい

ドリアン助川:

この2ヶ月前に別居、ま、つまり、追い出されたという、あなた、お話、しましたけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
どういう、言葉で追われたんですか?、奥さんから。

相談者:
えーと、まあ、あなたとは、もう一緒にい、暮らせない、という、こと、とですね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それから、一度あのお、ま、そのお、喧嘩をした、翌日には、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、戻ろうということで、僕も、謝って、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
たんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、家内は、あまりそれを、受け入れえ、てくれなくてですね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
逆にあのお、ちょっと、キツイ言葉で罵倒された・・

ドリアン助川:
うーん・・

相談者:
こともありまして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで、ま・・殺すぞ、というような、ことで、

ドリアン助川:
ええ・・

相談者:
言われて、しまって、ちょっと、僕もそれから、ちょっと恐怖を感じる、

ドリアン助川:
ああ

相談者:
こともあるんですけれども・・

ドリアン助川:
あの今、喧嘩って一言仰いましたけどもね、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、まあ、夫婦喧嘩にも色んな、そのお、レベルがあるかと思うんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたから、奥さんに対して、例えばキツイ言葉、あるいは暴力を振るったというようなことはあるんですか?

相談者:
ええ、それはあ、暴力振るうことはありません。
それから、ま、言葉あ、は、ちょっとその、強い口調で言う、ようなことありましたけども、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ちょっとそれ以上に、逆に家内の方から、も、ほんとに女の人が、言うような言葉じゃないような言い方は、され、ることがよくありました。

ドリアン助川:
2ヶ月間、連絡はまったく取り合ってないんですか?

相談者:
えーとですね、あの、子どもお、が、その保育園に今、行ってるのでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その送迎のために、朝と、それから、夕方と、行く、こととかですね・・
家内がその、免許持ってないので、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、買い物に行く、とかでえ、出たりすることは僕があって、することがあるので、全く連絡取らないとか、あの、会わないとかいうことはないです。

ドリアン助川:
あ、ということは、ま、あのお、帰るとこは別々になったけれども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
お子さんのためとか、買い物であればあなたは、まあ、その度に現れて、一応、そういうことはなさってるわけですね?

相談者:
ええ、そうですね、はい

ドリアン助川:
で、そのときの奥さんの態度ってのはどんな感じなんでしょう?

相談者:
まあ、あの、基本は機嫌が、とても悪くてですね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あまりい、話しい、掛け辛いような、状態がほとんどです。

ドリアン助川:
なるほど

相談者:
はい

ドリアン助川:
離婚という話はもう出てるんでしょうか?

相談者:
はい、それで、えーと、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、これをきっかけにい

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、子どもが、えっと、ま、下の子がですね、えっと、もう一年、保育園があるので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
小学校に上がる、とういうときに、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、もう、こっちの方が出て行くという、ことを、この前言ってました。

ドリアン助川:
ああ

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、あなたとしてはどうしたいんでしょう?

相談者:
子どものことを考えると、

ドリアン助川:
はい

相談者:
やはり、両親がちゃんとしてるということが、一番大事だろうと思ってえ・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
最低でも、ま、一緒に住みながらですね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、関係、は、その、ちょっとギクシャクしてても、ま、仮面夫婦じゃないですけれども、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
そういう状態でも、子どもが大きくなるまで育てて、いきたいと思います。

ドリアン助川:
あなたとしては、じゃあ、もう一度、まあ、戻りたいと。

相談者:
そうですね、はい、あの、一緒にい、仲良くう、4人でえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
暮らしたいのと、まあ、この後、実家あ、を、あの、家を、あのお、ま、ちょっと建て替える予定があるので、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ま、あの、両親と合わせて、ま、みんなで、一緒に住みたいという、のがあります。

ドリアン助川:
分かりました。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、それでは、今日の先生にご相談してみたいと思います。
幼児教育研究の大原敬子先生です。
よろしくお願いします。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。