60年前の借地権付き住宅、3年前に 退去依頼、地代免除で住んでたが


テレフォン人生相談
2015年10月8日 木曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者:  坂井眞(弁護士)

相談者: 女68歳 バツ2 子ども4人(42 37 26 24) 2人は種違い 24歳の息子夫婦と暮らす

今日の一言: なし

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい、こんにちは

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、こんにちは

加藤諦三:
こんにちは
最初に年齢教えてください。

相談者:
68歳です。

加藤諦三:
68歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してますう?

相談者:
結婚して、離婚して、子どもたちがね、もうみんなおっきくなって、みんな、あの、あれしてます、結婚してます。

加藤諦三:
あのお、離婚してから、何年ぐらい経つんですか?

相談者:
15年以上なりますね。

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
それで、お子さんは?

相談者:
子どもは4人います。

加藤諦三:
4人。

相談者:
はい

加藤諦三:
えーと、何歳ですか?

相談者:
えっと、上が40・・2歳

加藤諦三:
はい

相談者:
で、次男が37歳

加藤諦三:
はい

相談者:
で、あと、ちょっと再婚して出来たのが、

加藤諦三:
はい

相談者:
26歳と、24歳です。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
で、今、一緒に暮らしてるのは、

相談者:
一緒に暮らしてるのは、26歳の息子と暮らしてます。

加藤諦三:
あ、26歳の息子さんと一緒。
はい、分かりました。

相談者:
ええ、はい、夫婦で、はい、息子夫婦とです。

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
ですね、今、わたしがいる所、実家なんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、60年近くう、住んでるんですけどね。

加藤諦三:
はい

相談者:
土地い、を、借地なんですよ。

加藤諦三:
借地?、はい

相談者:
ええ、ええ
それで、立ち退いて欲しいっていうことを3年前に、土地の主さんに言われたんですよね

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、それで、その代わり、親父が、生きてるときには、この家から、

加藤諦三:
親父・・親父っていうのは、誰の、

相談者:
わたしの父、わたしの父です。

加藤諦三:
あなたの、はい

相談者:
ええ、ええ、96歳で亡くなったんですけどね。

加藤諦三:
はい

相談者:
お父さんが、この家から出るときは、きれいに、更地にして、

加藤諦三:
はい

相談者:
返す、立ち退き料も要らない、更地にして返すって、うちの父が言ったらしいんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、色んなこの、金かかるしい、っていうことで、地主さんに話したらですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
土地代は、一応もう、3ヵ年前から取ってないんですよ。

加藤諦三:
要するに借地権は、があるわけですね?今。

相談者:
ええ、ええ、そうです、はい

加藤諦三:
そいで、3年前、に、返してくれと言われてて、

相談者:
3年前に、あの、こっちは、いずれ立ち退いて欲しいっていうことは言われたんですよ。

加藤諦三:
はい
あ、

相談者:
ですけど、はい

加藤諦三:
3年前に、”いずれ”、立ち退いて欲しいという・・ふうに言われた。

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
分かりました。

相談者:
それで、はい

加藤諦三:
それで、今?、もう立ち退いて欲しいと言われてるということですか?

相談者:
ええ、ええ
それでですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしだけじゃなくて、もう、この、あと、3、4軒ぐらいまだあるんですよ、こういう件がね。

加藤諦三:
あ、地主さん、そこら辺一帯、

相談者:
ええ

加藤諦三:
その、地主さんがたくさんもう、持ってるわけですね?

相談者:
ええ、ええ、それでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしだけじゃなくて、あと2、3箇所の所も。
それでですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
家主さんの息子が、お母さんが、

加藤諦三:
うん

相談者:
家に、おいでって言ってるよ、ということ言ったんですよ。
そしたら、裁判かけるって、仰ってるらしいんですけど。

加藤諦三:
家主さんの息子っていうのは、その土地を持っている、

相談者:
あの、方の息子さん。

加藤諦三:
息子さんが、はい

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
お母さんの方が土地の主なんですか?

相談者:
ええ、ええ、そう、土地の主です、お母さんが。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
それで裁判かけるっていうのは、もう、とにかく、すぐに出て行かなければ、という意味ですか?

相談者:
強制撤去させるのお?って言ったら、「そうだよ」、って言ったもんですからあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしはまた、隣近所、4、5人いるもんですからあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
揃って、

加藤諦三:
はい

相談者:
その、土地の主さんのお家に行って、話しようかね、と思うんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ですけど、一応、色んなの、聞いてみないと、分かりませんので、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、どういう、した方がいいんかなあ、と思って、相談、ですけど・・

加藤諦三:
はい、分かりました。
そうすると、今、こういうことですね?
3年前に、いずれ立ち退いて欲しいというふうに言われた。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今、あのお、家主に呼ばれて、

相談者:
はい

加藤諦三:
という、ことですね?

相談者:
ええ、ええ、はい、はい

加藤諦三:
それで、これはあの、借地料は払ってない・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、裁判掛けて、強制撤去させるっていうことを、

相談者:
うん

加藤諦三:
あの、言ってるそうです、親は。

加藤諦三:
はい

加藤諦三:
そうすると、その、裁判かけて、強制撤去まで、あの、すぐにいくもんでしょうか?という相談ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、えー、今日はスタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「60年前の借地権付き住宅、3年前に 退去依頼、地代免除で住んでたが」への2件のフィードバック

  1. 60年前って、アメリカ占領時代?
    アメリカの法律下にあったのならば、
    旧借地法適用で良いのでしょうか?
    それとも鹿児島県かな?方言似てる地方もあるし。

    1. おー、するどい、そうだ。

      占領軍による土地所有権の認定作業(1946年~1951年)は一応終わっているので、60年前の1956年は民間人による土地の売買や賃貸借は可能だったみたい。
      復帰後は、当然日本の法律に引き継がれたと思われ。
      なので、おっしゃるとおり現在も旧借地法の適用事案ですね。

      ちなみに、沖縄県には未だ所有権不明の土地が東京ドーム17個分残っていて、県の管理下なんだとか。
      (参考 共同通信 2015年2月)
      (参考 沖縄県読谷村 あなたの土地ではありませんか?~所有者不明土地~)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。