大変!浮気がバレた36歳女。夫が好き、離婚したくない


テレフォン人生相談 2015年10月21日 水曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者:  大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女36歳 夫36歳 子ども3人

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
もしもしい

今井通子:
はい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:
5日前・・にですね、主人からあ、

今井通子:
はい

相談者:
携帯を見て、不貞行為を、わたしが、してしまいぃ、

今井通子:
はい

相談者:
その、わたしが加害者になって、その加害者あ、の、わたしい、の、償いの、精神面のことで(すでに泣き声)相談したいんですけど。

今井通子:
あなたおいくつ?

相談者:
36歳です。

今井通子:
はい
ご主人は?

相談者:
同い年です。

今井通子:
同い年なのね?

相談者:
はい

今井通子:
で、お子さんいらっしゃる?

相談者:
はい、3人です。

今井通子:
でえ、あなたが不貞行為を行った?

相談者:
はい

今井通子:
てのは事実なのね?

相談者:
はい

今井通子:
で、それはあ・・いつ頃のことですか?

相談者:
一ヶ月ほど前です。

今井通子:
一ヶ月ほど前に、

相談者:
はい

今井通子:
一回だけ?

相談者:
2度・・

今井通子:
2度?

相談者:
はい

今井通子:
どういう関係で?

相談者:
好意を、持っていただいてまして、

今井通子:
はい

相談者:
1年ほど前に、

今井通子:
はい

相談者:
初めて、お食事に行ったりという感じでえ、

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
でえ、相手の方は、何歳ぐらいの方?

相談者:
50代です。

今井通子:
50代男性?

相談者:
はい

今井通子:
で、あのお、結婚されてんのかしら?

相談者:
はしてません。

今井通子:
あ、独身でらっしゃるの?

相談者:
はい

今井通子:
はい
で、この方が好意を持っていると、いうことで、あなたの方はどうなの?

相談者:
わたしはあ、

今井通子:
うん

相談者:
もちろん家庭を壊すつもりじゃ無くう、

今井通子:
うん

相談者:
軽率な行動で?

今井通子:
うん

相談者:
ズルズルときてしまっていたので、

今井通子:
ええ

相談者:
はい

今井通子:
うん

相談者:
家庭、を、

今井通子:
うん

相談者:
守りたい・・一心なんですけど・・

今井通子:
今はね?

相談者:
はい

今井通子:
うん
でえ、結局う、5日前にい、ご主人が、

相談者:
はい

今井通子:
あなたの携帯を見たわけ?

相談者:
もお、見たのは、

今井通子:
うん

相談者:
その日からは1週間ほど?

今井通子:
はい

相談者:
我慢はしてたみたいなんです、言わずに。

今井通子:
うん、あ、じゃ、5日前に言われたわけね?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
はい

相談者:
で、「言ってみろ」っていう話を、

今井通子:
うん

相談者:
して、わたしはそこで、全てを?

今井通子:
うん

相談者:
話して、

今井通子:
うん

相談者:
で、主人は、やはり離婚、は、

今井通子:
うん

相談者:
失うものが大きすぎる、

今井通子:
うん

相談者:
ということで、

今井通子:
うん

相談者:
離婚は、今のところ、しない方向で?、いてくれてるんですがあ、

今井通子:
はい

相談者:
「どうしても許せない」、とも言われますしい、

今井通子:
うん

相談者:
そういう主人の精神面?

今井通子:
うん

相談者:
とお、あたしの償いの姿勢? を、今後、どうしていったらいいか?と思いまして。

今井通子:
で、あなたは、じゃ、もう、そのお、男性とは別れたっていうか、

相談者:
はい

今井通子:
そのことをキッパリ言いました?

相談者:
はい、あのお、主人が、

今井通子:
うん

相談者:
3日ほど前に相手の家へ、行きまして、

今井通子:
はい

相談者:
話し合いをし、慰謝料ということで、それも向こうも、承諾し、

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
それでえ、ちなみに慰謝料はいくらぐらい?

相談者:
300万。

今井通子:
300万。

相談者:
はい

今井通子:
で、えー、相手の方は?

相談者:
は、のみますということで・・

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
で、この話は、もう、そうすると、終わったわけね?

相談者:
話し合いは終わってます。もう、これ以上は何も無いです。

今井通子:
うん、なるほど。

相談者:
はい
ただあ、そこで、

今井通子:
うん

相談者:
主人の、

今井通子:
うん

相談者:
ずうっと今まで20年の付き合いで、

今井通子:
はい

相談者:
信用、を失ってえ、許せない気持ち?

今井通子:
はい

相談者:
で、過ごしている主人も、わたしも、どうしていいか分からないですしい、

今井通子:
うーん・・
今、チラっと20年って仰ったんだけどお、

相談者:
はい

今井通子:
20年って、すごい若いとき結婚したの?

相談者:
いえ、違います。

今井通子:
例えば学校・・が一緒でずっと、付き合ってたみたいな?

相談者:
そうです。

今井通子:
そうすると、ご主人としては、かなり、もう、あれですね?
奥様愛したわけだ。

相談者:
はい

今井通子:
あなたもだから、本当は、

相談者:
はい

今井通子:
ちょっとここでつまづくべきじゃなかったっていうことは、思ってらっしゃる・・

相談者:
もちろん、もちろん、そうです、それだけです。

今井通子:
そおですよねえ。

相談者:
はい

今井通子:
うん
これって、そのお、最終的に行ってしまったのは、お酒飲んでるとき?

相談者:
そうです。
ん、でもお、お酒のせいにすると、やっぱり、違うかな?とも思いますしい、

今井通子:
うーん・・そうですよねえ。

相談者:
はい

今井通子:
あなたって専業主婦?

相談者:
パートをしてます。

今井通子:
あ、パートはしてらっしゃる?

相談者:
はい

今井通子:
と、パート仲間だったのかな?この、相手は。

相談者:
いえ、違います。
主人の、知り合いです。

今井通子:
じゃ、知ってる人に、紹介されたの?

相談者:
そういった形で、会いました。

今井通子:
で、その知人の方も一緒だったの?、じゃ。

相談者:
え、その場には居ました。

今井通子:
ああ、なるほど。
お友達の方と、その方も含めえ、みんなで食事したわけ?

相談者:
はあい、そうですね。

今井通子:
うん
で、その後お、お友達は抜きで、

相談者:

今井通子:
2回目の食事をしたの?

相談者:
2回目もいました。
そういう、なんて言うんですか、ご飯食べる仲間として。

今井通子:
じゃあ、その、一ヶ月前にい、

相談者:
はい

今井通子:
メイクラブしちゃったときっていうのは、

相談者:
はい
別れた後です。

今井通子:
あ、別れた後ってのは、知人の方がそこまで一緒だったのね?

相談者:
ご飯は一緒ですけど、

今井通子:
ご飯は一緒で、

相談者:
はい、はい

今井通子:
別れた後にい、

相談者:
はい

今井通子:
誘われた?

相談者:
そおですねえ・・お互いに、そうですね・・

今井通子:
ああ、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
ふんふんふん
で、結局う、じゃあ・・ガードが甘かったですねえ。

相談者:
はい

今井通子:
うん
で、今度は、えー、ご主人の方は確かに、ずっと信頼してたのに許せない、この気持ちはしばらくは治まらないでしょうがあ、

相談者:
はい

今井通子:
うん
あなたとしては、今日のご相談は、どうやって償ったらいいでしょう?ってこと?

相談者:
そうです。

今井通子:
なるほど分りました。
今日はですね、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。
先生よろしくお願いいたします。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。