韓国人と結婚して韓国に渡った娘。孫への体罰が酷い


テレフォン人生相談 2015年11月16日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者:  大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 女70歳 夫とは死別 10年前に韓国人と結婚して韓国に渡った娘41歳 孫息子7歳

今日の一言: 自分の心の空洞を埋めるための行動を愛と合理化しないこと。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いいたしますう。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えてください。

相談者:
はい、わたくし70歳です。

加藤諦三:
70歳、結婚してます?

相談者:
あ、はい、あのお、もう主人は亡くなりました。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
41歳の娘がおりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、10年ほど前にい、あのお、国際結婚をして、

加藤諦三:
はい

相談者:
韓国に渡りました。
それ・・

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい
それで、あのお、子どもが生まれまして、

相談者:
はい

相談者:
で、その子どもお、の、ちょっと教育について、ご相談したいんです。
で、

相談者:
と、31歳ぐらいのときに結婚してると。

相談者:
はい

相談者:
で、お子さん、その、あなたから見るとお孫さんですけど、

相談者:
はい

加藤諦三:
何歳なんですか?

相談者:
7歳です。

加藤諦三:
7歳ですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
男の子、女の子?

相談者:
男の子です。

加藤諦三:
男の子。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、この子の、教育について相談したい、と・・

相談者:
あ、教育というか、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、学校に入りまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、小学校1年生に入りまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、モノを、よく失くす、忘れ物をする。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、ま、例えば、モノを失くしたときにい、

加藤諦三:
はい

相談者:
その、友達のモノを勝手に使う。

加藤諦三:
例えば、友達のモノを勝手に使うって、どんなもの使う・・んですか?

相談者:
あのお、鉛筆、消しゴム、はさみ

加藤諦三:
あ・・はい

相談者:
それで、自分の、鉛筆消しゴム鋏は、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、失くしちゃうんです。

加藤諦三:
失くしちゃうっていうことはどういうことなのかな?・・持っていくんだけれど・・

相談者:
持っていくんだけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
どっかに置き忘れるのか、とにかく無くなってしまう・・
そうすると、隣の子とかあ、のを使う・・

加藤諦三:
ということですよね?

相談者:
はい、それで、

加藤諦三:
そうすると、さっき、家から持ってくんだけれども、教室で使う頃には無くなってるっていうことだよね?

相談者:
そうです。
そいで、あのお、持って帰って来たときに、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、鉛筆・・知らない鉛筆があれば、

加藤諦三:
はい

相談者:
どうしたの?って聞けば、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、その、誰それさんから、もらった・・って言うんです・・けどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
その、誰それさんは、あのお、「渡してない」、あのお、「いつの間にか無くなった」

加藤諦三:
はい

相談者:
っていうことで、黙って持ってきちゃったっていうことで、ま、あのお、叱るんですけどお、

加藤諦三:
うん

相談者:
その叱り方が、そのお、

加藤諦三:
叱るってのは、この、お母さんが、叱るっていうこと?

相談者:
あ、あ、うん、お母さんも叱、あの、娘も叱るんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
その、当然、そのお、お父さんに言いますね?

加藤諦三:
はい

相談者:
そのお父さんの叱り方がまたすごいんです。
そのお、体罰が、も、酷くて。

加藤諦三:
あー

相談者:
わたしとしては、

加藤諦三:
はい

相談者:
あまりにも酷い、叱り方なんで、そのお、考え方が、きつく叱れば直る・・

加藤諦三:
はい

相談者:
と思ってるんです・・

加藤諦三:
はい

相談者:
そのお、父親の方は。

加藤諦三:
はい

相談者:
でもお、そおじゃない・・と思うので、

加藤諦三:
はい。
そうじゃないと思うっていうのは、父親が、

相談者:
わたし、わたしが。
わたしが、あの・・父親が、あのお、激しく叩いて直す・・っていう考えは、わたしは間違ってると思うので、

加藤諦三:
はい

相談者:
・・ほんとは、引き取りたいんですよ。

加藤諦三:
引・・

相談者:
ほんとは引き取りたいんですけどお、

加藤諦三:
要するに、この、お子さんを引き取りたいっていうことね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい
でも、お子・・

相談者:
でも、娘は、絶対イヤだって言ってる・・言ってます。

加藤諦三:
て、今、だけど、韓国に居るわけですね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
どの程度の体罰?

相談者:
あっ・・体罰は、あのお、聞いた話ですけど、かなり、きついですね。
あの、怪我をするとまではいきません。

加藤諦三:
はい

相談者:
怪我をするとまではいかないんですけど、あの、まず、声が大きい。
それから、叩く・・力が強い。

加藤諦三:
うん

相談者:
お尻叩いてるから、まだ、いいんですけどお・・でもお、その、言ってること・・

加藤諦三:
顔は叩いてないんですね?

相談者:
顔は叩いてないんです。

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
で、言ってる言葉も、

加藤諦三:
はい

相談者:
きつい。

加藤諦三:
うん・・
体罰ってのは、何回ぐらいあったんですか?、大よそですけど・・

相談者:
えっとお、月にい、少ないとき1回、多いときは、2回、3回・・
その父親の方も、「もう、こんな子要らない」、とか、そういう言い方するからあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
引き取りたいんですけどお・・あのお、

相談者:
はい
それで、

相談者:
ちょっと、経済的と体力的と、

加藤諦三:
うん、ま、あのお、そりゃあ、そう簡単なことじゃない・・
ですけど、お母さんは、どう言ってんですか?

相談者:
すいません、まだ、引き取るとは言えないんです、わたし、そのお・・引き取るって言ったら、「どうぞ」、って渡されちゃったら、ちょっと、引き取る自信もまだ、ちょっとなくて・・ただ・・ほっといちゃいけないと思っ・・たときに・・

加藤諦三:
すと、あなたとしては、こういうことですね?
引き取りたいけど、引き取るだけの能力は、今自分にないと。

相談者:
はい

加藤諦三:
しかし、体罰を加えられてんので、かわいそうだから、このままにしておくわけにはいかないと。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、お嬢さん、自身・・は、どういうふうに言ってんですか?
お嬢さんは、あなたに電話でもって・・今、あなたが話したようなこと、「こういうこと、してんのよ」っていうふうに訴えてきてるわけ?

相談者:
訴えてきます。
あのお、もお、わたしもどうしていいか分かんない・・

加藤諦三:
・・

相談者:
で、なんで盗みをするのかが分かんないんです。

加藤諦三:
うん、それはもう単純にストレスだと思いますけれども、嘘をつくのもね。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今はもう、どうしていいか分からなくなってるということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日は、あのお、スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。