お母さん、娘の私と縁を切ると言うなら父の遺産を下さい


テレフォン人生相談 2015年11月23日 月曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女28歳・同棲中 母60歳 父は2年前に他界 母と暮らす兄31歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談でえす。

相談者:
よろしくお願いいたします。

今井通子:
はあい
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
母との、関係なんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
2年前にい、

今井通子:
はい

相談者:
父が亡くなってえ、

今井通子:
はい

相談者:
母との関係が今、上手く、いっていなくてえ、

今井通子:
はい

相談者:
母から、縁を切る、ということを、言われてえ、

今井通子:
はい

相談者:
も、母との、関係・・が、自分で納得う、いくようにしたいのとお、

今井通子:
うん

相談者:
で、もし、このまま、ほんとに、縁を切るんであればあ、父のお、遺産を相続したいという、ことです。

今井通子:
ふうん・・
あなたはおいくつ?

相談者:
28です。

今井通子:
28歳

相談者:
はい

今井通子:
お母さまはおいくつ?

相談者:
60です。

今井通子:
60歳
お父様は2年前、おいくつだった?

相談者:
59です。

今井通子:
59歳

相談者:
はい

今井通子:
ご病気?

相談者:
はい、ガンでした。

今井通子:
あらまあ。

相談者:
はい、2年闘病して亡くなりました。

今井通子:
あ、そうだったんですか。
で、まずですね、お父様がいらっしゃったときは何でもなかったの?

相談者:
元々、

今井通子:
うん

相談者:
母とのお、関係は、良くはなかったんですけどお、

今井通子:
はい

相談者:
表面的に付き合っては、いたんですね。

今井通子:
なるほど。
あなたの家(うち)は、お父様とお母さまとあなたの3人でらしたの?

相談者:
と、お兄ちゃんが一人います。

今井通子:
お兄さんおいくつ?

相談者:
31ですね。

今井通子:
で、お兄さんも、一緒に住んでらっしゃるの?

相談者:
母と、兄が、あの、実家に住んでいて、わたしが別で暮らしています。

今井通子:
別に暮らしてらっしゃるんだ?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
はい
それで、あなたが、小さいときは元気な子だった?

相談者:
はい、も、親に従順でしたね。
親の言うことは、絶対、でした。

今井通子:
あーなるほど。

相談者:
反抗期も、なく、ま、反抗することも怖くて出来なくて・・

今井通子:
お父様怖いの?、お母さま怖いの?

相談者:
お母さんですね。

今井通子:
お母さん、どういうふうに怖いの?

相談者:
大きい声を出してえ、

今井通子:
はい

相談者:
ま、ヒステリックに、ワーッてなるんですね。

今井通子:
うん

相談者:
なのでえ、ま、ちょっとこちらが何か伝えようとしても、向こうでワーって来られると、

今井通子:
ええ

相談者:
わたしも、それに、対処できなくてえ、もう諦めてしまったりい、

今井通子:
ふうん

相談者:
そこでもう、口をつぐんでしまったりい、

今井通子:
ええ

相談者:
て、いうのをしてきてしまったので、で、一緒に暮らすのも、窮屈になったのでえ、あの、大人になってえ、離れてえ・・

今井通子:
大人になってっていうのは、いくつぐらいのとき?

相談者:
22のときにい、完全に、今、暮らしているところに、行って、そこから、ずうっと、別々です。

今井通子:
そのお、22歳のときに、ということは、学校卒業して、

相談者:
はい

今井通子:
大学も行った?

相談者:
行ってないです。
専門学校で、もうちょっと離れたところに1年くらい行きい、で、帰って来て、から、また実家に暮らしてえ、で、

今井通子:
専門学校自身も、そうすると、一緒に暮らさないで、別なところに行っていたわけ?

相談者:
そうです。
学校が、なんですけどお、

今井通子:
うん

相談者:
途中で、帰されたんですね。
も、ほんとは、あの、1年、ものじゃなくて、3年ぐらいの、プログラムだったんですけどお、

今井通子:
はい

相談者:
も、親に、「もう、実家に、帰ってきなさい」、っていうことでえ、強制的に・・
で、その理由も、わたしは、よく分からなくて、も、ただ、ただ、帰って来なさい、ということだったんですね。

今井通子:
それは、あのお、お父様の体調が悪かったとか、そういうことではなく?

相談者:
ま、そういう、明確な理由はなかったんです。

今井通子:
ふん

相談者:
ただもう、あなたはおかしくなってるから・・なんか、なんか、そういう、ことをなんか、色々言われて・・
ま、でも、親のお金で行かしてはもらっていたしい、

今井通子:
うん

相談者:
戻ってきなさい、と言えば、わたしも、逆らえなかったので・・

今井通子:
なるほど・・
そうすると、あなた何?、例えばあ、

相談者:
はい

今井通子:
ウツ的な状態だとかあ、そういうことに、なったことがあるの?

相談者:
高校生のときは、あの、過食症でした、摂食障害って言うんですか・・

今井通子:
ああ

相談者:
で、そのときにい、も、理解も得られなかったのでえ、

今井通子:
はい

相談者:
とにかくう、すごく罵倒されたりい、

今井通子:
ええ

相談者:
すごく気持ち悪がられたり・・

今井通子:
うん

相談者:
まあ、していました。

今井通子:
そういうときってお兄さんはどうだった?

相談者:
お兄さんは、関わらないですね。

今井通子:
うーん

相談者:
口では、
「気持ち悪い」
だとか、
「こんな食いやがって」
とか、どうのこうのとか、

今井通子:
うーん・・
あ、じゃ、お母さんと、同じような、

相談者:
一緒ですね、で、ま、お母さんが、先頭に立って、お母さんが言い出すと、ま、兄も言い出しますね。

今井通子:
うーん
で、お兄さんに対してお母さんは優しいの?

相談者:
まあ、甘いですね。
口では、色々、言いますけどお、最終的には、甘いですね。
ま、困ったときには、必ず助けています。

今井通子:
うーん・・
それでえ、専門学校で一回家に帰されてえ、

相談者:
はい、はい

今井通子:
2年ぐらいは、自宅にいらしたの?

相談者:
その2年間も、友だちと暮らしたりい、

今井通子:
ええ、ええ

相談者:
ま、◆#$人(ひと)が出来て、恋人と暮らしたりい、

今井通子:
ああ

相談者:
で、まあ、実家に、

今井通子:
あまり、じゃ、実家にはもう寄らなかったの?

相談者:
寄らないようでした、ま、でも、そのときは、良好な関係を築きたいと思ってたので、

今井通子:
ええ

相談者:
実家によく顔を出したりい、

今井通子:
ええ

相談者:
外でお母さんとご飯を食べるとかあ、っていうことは、していました。

今井通子:
なるほどお・・
それで、22歳からあ、今のところに、移られてえ、現在なに?、お一人で生活してらっしゃるの?

相談者:
今は、恋人と暮らしています。

今井通子:
あ、そうなんですか。

相談者:
はい

今井通子:
で、今は、そうすると、経済的には大丈夫?

相談者:
今は、恋人の、に甘えさしてもらって、暮らしています。

今井通子:
やあ、いいですね。

相談者:
ただ、恋人も、あの、余裕がないのでえ、

今井通子:
うん

相談者:
貯金、を切り崩しながら、わたしを養っている形なんですね。

今井通子:
ま、でも、その、金銭的な面はそうだとしてもお、割と、心の落ち着く生活はしてるわけね?

相談者:
ま、そうですね、今、あの、直接的に、ストレスになるものは、何もないです。

今井通子:
うん・・
ま、そういった状態でいらしてえ、

相談者:
はい、はい

今井通子:
お母さんがあ、縁を切ると言った理由は?

相談者:
わたしがですね、

今井通子:
うん

相談者:
えと、去年の今あ、ぐらいから、体調、を壊し・・ま、ちょっと精神ともに弱ってしまって、ちょっと生活が上手くいかなくなってしまって、お金にも困ってえ、援助をお願いしたんですね。

今井通子:
はい

相談者:
助けてくださいと。

今井通子:
はい

相談者:
で、それを断られてえ、

今井通子:
はい

相談者:
ま、今までずうっと黙ってたんですけど、今までの不満や、あのときは大変だったとか、そういうことを、一気にぶつけてしまったんですね。

今井通子:
で、もう、縁を切ると言われた。
そこであなたは腹を括って、縁を切るなら切られよう。

相談者:
はい

今井通子:
だけど、お父さんの、遺産はもう、そこでもう、分けてもらおうって、いう、ことに、決めたの?

相談者:
そうですね。
じゃないと、このまま、縁を切るのは納得、いかないですね。

今井通子:
ふうん・・
そこでじゃあ、今日のご質問は、どうやったら、お父さんの遺産を分けてもらえるか?っていうこと?

相談者:
そうです。

今井通子:
ちなみに、今までは、お父さんの遺産を分けてもらってなかったの?

相談者:
はい、分けてもらってないです。

今井通子:
それでお母さんは、この遺産は全部自分のものだから、って言われたわけ?

相談者:
そうです、その援助を断られたときにい、

今井通子:
うん

相談者:
じゃ、もお、じゃ、援助をしてもらえなく◆#$ですけどお、お父さんが、亡くなったときにい、

今井通子:
うん

相談者:
残ったあ、わたしに貰える分のお金を、じゃあ、頂戴って、言ったんですね。

今井通子:
うん

相談者:
で、最初の頃は、あんたの名義で、通帳に口座を作ってあるって言われてたんです。

今井通子:
はい

相談者:
じゃ、それを今、わたしに、渡して自由に使わしてはくれないか?っていうことを◆#$%言ったんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
そしたら、
「わたしのもんだ」
って。
「え?その通帳の話はどこにいったの?」
って聞いても、何も返って来なかったです・・

今井通子:
で、あと、もう一つは、お父さんが、遺書を書いてるということは、ない?

相談者:
ないです。
出て来てないですね。

今井通子:
ああ、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
分りました。
今日はですねえ、弁護士の坂井眞先生がいらしてますのでえ、

相談者:
はい

今井通子:
そのお、遺産分け?に、ついてちょっと、

相談者:
はい

今井通子:
お伺いしてみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。