毎朝の車の送り。母親同士の感情のズレが13歳の娘に飛び火する


テレフォン人生相談 2015年12月7日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者:  大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 女43歳 夫42歳 娘13歳

今日の一言: 何事も当たり前と思うな。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?、

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いいたしますう。

加藤諦三:
はい
最初に年齢教えてください。

相談者:
43歳です。

加藤諦三:
43歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えーと、ご主人何歳ですかあ?

相談者:
42歳です。

加藤諦三:
42歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
13歳。

加藤諦三:
男の子女の子?

相談者:
女の子です。

加藤諦三:
女の子。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分りました、で、どんな相談ですか?

相談者:
娘のトラブルの件でえ、あのお、

加藤諦三:
この13歳の女の子ね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
で、近々、あの、話をしたいということでえ、相手方、トラブルの、相手先ですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
そちらの親御さんから、お話がありましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのときに、どのように対応したらいいか?とお、今後、あのお、ま、トラブルにならないように、

加藤諦三:
はい

相談者:
娘に対してどのようにしていけばいいか?っていうのを相談させていただきたいです。

加藤諦三:
はい
トラブルっていうのは、どんなトラブルですかあ?

相談者:
すぐご近所に、あのお、Aちゃんっていう、

加藤諦三:
はい

相談者:
今回の相手先のお子さんがいらっしゃるんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
うちの子が小学生のときにい、こちらに、わたしたち家族が引っ越して来ましたので、

加藤諦三:
はい

相談者:
こちらに来た当初からあ、Aちゃんの、お母さんが、あの、子ども関係のの地域のことですとかあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
学校の、ことを教えてくださったりとかあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
Aちゃんがどこかに遊びに行くときには、うちの子も誘ってくださる、といういうような状況でえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、通学も一緒にい、行くので、

加藤諦三:
はい

相談者:
毎朝、Aちゃんのお宅が、車で送ってくださってるというような状態なんですね。

加藤諦三:
車で送ってくれてる?

相談者:
はい

加藤諦三:
要するにあれですか?、そのAさんのお宅が、お子さんを、車で、学校に送るのにい、

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
あなたの、この13歳のお嬢さんも一緒に送ってるっていうこと?

相談者:
そうです、そうです。

加藤諦三:
はい、はい
車で行ってるわけ?

相談者:
そおですね。

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
それでえ、一月ほど前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
Aちゃんのお母さんから、相談がありましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
内容はあ、あ、半年ほど前からあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
娘がAちゃんに意地悪をするのとお、

加藤諦三:
はい

相談者:
娘に直接関係ない、トラブルに、娘が首を突っ込んでえ、自分と仲良しの、ま、グループの方について、ま、口を出すので困っているう、といったような、内容だったんですね。

加藤諦三:
んん、Aさんに、意地悪するのと?

相談者:
はい

加藤諦三:
もう一つは、あなたの、この13歳のお嬢さんの仲のいいグループ?

相談者:
はい
あの、その、例えば、Aちゃんとお、また別のBちゃんっていう子がいるとして、

加藤諦三:
はい

相談者:
その子たちが、ちょっとしたトラブルになったときに、そのBちゃんの方についたりとかしてえ、

加藤諦三:
ああ、なるほどねえ。

相談者:
こう、

加藤諦三:
はい

相談者:
話を(笑)かき混ぜるというかあ、

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
そういったことになっているので、困ってるう、というような話でえ・・

加藤諦三:
はい、はい
Aちゃんに、意地悪するっていうのは、相手方のお母さんの話だと、

相談者:
はい

加藤諦三:
どういう意地悪をしてるんですか?

相談者:
えっとお、例えば、学校でAちゃんの陰口を言ったりとかあ、

加藤諦三:
ああ、はい、はい

相談者:
はい、元々、Aちゃんと仲良しだったお友だちを、うちの娘が、ま、取り上げるといいますかあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
そういった内容で、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、あのお、Aちゃんがお家でよく泣いてしまうようになりましたと。

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
いうことだったりとかですね・・

加藤諦三:
うん・・

相談者:
で、この状態が続いてえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、あのお、Aちゃんが登校拒否とか、その先の、もっと最悪な事態になってしまった場合にい、名前が上がる・・

加藤諦三:
これ今は、

相談者:
はい

加藤諦三:
今は、登校拒否ということですね?

相談者:
・・

加藤諦三:
今不登校?

相談者:
いえいえ、そんなことには、なってなくてですね。

加藤諦三:
あ、今、不登校ということじゃなくてえ、

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
このままでいくと、

相談者:
この状態が、

加藤諦三:
はい

相談者:
続いてしまうと、そういうことになるんじゃないでしょうか?っていうことでえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
今のうちに話をしたくってえ、ということでえ、そのとき相談があったんですね。

加藤諦三:
うーん・・
はい

相談者:
それが、一月ほど前だったんだけどもお、

加藤諦三:
うん

相談者:
結局う、あのお、様子を見てるうちに、今になってえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
結局それから、一ヶ月ほど経ったけどお、

加藤諦三:
うん

相談者:
まだ、謝ってもらってないし、また、うちの娘は悪口を言われてる、っていうことでえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
近々、親も、同席して話をさしてくださいっていうことで、申し出があったんです。

加藤諦三:
ん、それは、あの、お母さんの方から、

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
の、申し出ですね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
そいで、こういうトラブルう、を、する前(まえ)、後(あと)、

相談者:
はい

加藤諦三:
そのお、家の中での、あの、あなたのお嬢さんは、何か変わったことってのはありますか?

相談者:
そおですね、ま、わたしい、が、主人との仲が、あまり良くなくてえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
娘・・それは娘が小さい頃からそうだったんですがあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、娘のことをよく見ていなかったんじゃないかなあ、(泣)というふうには自分で思います。

加藤諦三:
うーん、うん・・
そうすと、それは、その最近出てきたことではないんですね?
前々から、あったことであってえ、

相談者:
それは、はい、そうです、そうです。

加藤諦三:
そいで、今、こういう事件が起きていてえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
相手の家(うち)からあ、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
話し合いをしたいと言って来たと。

相談者:
はい、はい。
ま、本人にはあ・・娘にですね、

加藤諦三:
うん

相談者:
相手方から聞いた話の内容を、確認してみたんですがあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
ピンとこない、というような返事だったので・・あのお・・

加藤諦三:
あ、要するに、自分は、あの、Aちゃんに、イジメなんか、していないということね?

相談者:
そうですね

加藤諦三:
で、Aちゃんの悪口なんか、陰口なんか、学校で、していないということね?

相談者:
いや、たぶん、そのお、話の様子からするとお、陰口、なども言ってた、ようなんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
ただ、何て言うんでしょう、女の子どうしのグループの対立う、というような感じでしか受け止めていなくてえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすと、相手方の言ってることと、お嬢さんの言ってることとの間には多少違いがあるけれども、

相談者:
そお

加藤諦三:
いずれにしても、相手方から、話し合いを申し込まれてるということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分りました。
今日はスタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。