労働力として当てにするフィリピン人の嫁が許せない男77歳の抑圧してきた不満


テレフォン人生相談 2015年12月16日 水曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者:  塩谷崇之(弁護士)

相談者: 男77歳 妻73歳 息子48歳 娘40歳 嫁40歳 孫7歳

今日の一言: 過去の不満を今の事柄に持ち込まないこと。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生そうだんです。

相談者:
よろしくお願いしますう。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えてください。

相談者:
77歳

加藤諦三:
77歳ですか

相談者:
妻が73歳

加藤諦三:
73歳、お子さんは?

相談者:
息子が、

加藤諦三:
はい

相談者:
48歳

加藤諦三:
ご子息が48歳

相談者:
ええ

加藤諦三:
お一人ですか?

相談者:
妹がおりまして

加藤諦三:
はい

相談者:
40歳

加藤諦三:
はい、分りました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
えー、この娘の嫁の件で

加藤諦三:
あ、そうですか。
で、奥さんは何歳なんですか?

相談者:
40歳

加藤諦三:
奥さんは40歳。
あのお、もう、お子さんいるの?

相談者:
ええ、一人おります。

加藤諦三:
一人、何歳ですか?

相談者:
7歳です。

加藤諦三:
7歳
はい、分りました。
で、どういうご相談ですか?

相談者:
この嫁が来日、8年目なんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
約2、3年前から、精神的に非常に不安定になりまして、えー、息子が飲食業をやっているもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
それの手伝いに以前はよく連れて行ったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、朝になると、気分によって、行くとか、行かないとか、勝手なことを自分で言い出すもんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
うちの息子もほとほと困っている点と、

加藤諦三:
はい

相談者:
一番困る点は、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのお、わたしに言わせりゃ、一番可愛い孫をですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
フイリッピンに連れて帰りたいって言うんですよ。

加藤諦三:
フイリッピンに連れて帰りたいということは、奥様は・・?
フイリッピンの方ですか?

相談者:
そうです、そうです。
来日8年目の、フイリッピン人です。

加藤諦三:
今あ、も、そうすると、国籍はフィリピン?

相談者:
ええ、国籍はフィリピン。

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
入管の方は、永住許可証を貰ってるんです。

加藤諦三:
永住権はもうすでにあるということですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい
で、当然、このお、7歳のお孫さんは、そうすると、国籍は日本?

相談者:
日本人です。

加藤諦三:
ですね?、はい
それで、そのお、精神的に不安定というのは、今、あなたの仰るように、朝、行くとか行かないとか、

相談者:
ええ、それと、

加藤諦三:
はい

相談者:
息子の会話が全然成り立たない。
返事をしない。

加藤諦三:
息子さんと会話が成り立たないということは、日本語があまり・・

相談者:
上手じゃない。

加藤諦三:
ああ、そうですか。
結婚するときはあ・・

相談者:
全然だめでした。
それから、だいぶ、日本語学校、その他、行きましたけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
その後、この2、3年は、その、勉強するって意欲の、全然見受けられない。

加藤諦三:
でえ、そうしますとね、7歳の、お子さんは・・つまり、子どもとの会話はどうなってるんですか?

相談者:
子どもとの会話はそれなりにあるみたいですね。

加藤諦三:
ふうん・・

相談者:
食事もちゃんとして、やってくれてるし、

加藤諦三:
はい

相談者:
身の回りの、お風呂入ったり、夜寝かしたりね、

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうことはやってるみたいです。

加藤諦三:
母親としては、きちんと、役割を果たしているということですね?

相談者:
対子どもの関係はね。

加藤諦三:
はい

相談者:
対息子との関係は、もう、全然だめですねえ。

加藤諦三:
うーん・・
そいで、一緒に住んでないんですね?

相談者:
ええ、別です。

加藤諦三:
別ですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
うん・・
そいで、あなたが・・この40歳のフイリッピンの女性の方にい、今仰ったようなことを言うのは・・とにかく、面白くない、ということですか?

相談者:
でしょうねえ・・

加藤諦三:
ですよね?
この女性がね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
日本の、体質的に合わないんじゃないかと思って・・

加藤諦三:
うーん、ま、あなたから見て、あなたと、この40歳の女性とが合わないと・・
あの、奥さんとはどうなんですか?

相談者:
だめです、おんなじです。

加藤諦三:
奥さんとも合わない?

相談者:
同じ。

加藤諦三:
あなた自身が具体的に、困るというのはどういうことですか?

相談者:
あの、孫を、

加藤諦三:
はい

相談者:
フイリッピンに連れて、

加藤諦三:
はい

相談者:
帰りたいと。
もお、去年の暮れに、いー、3年ぶりに帰って、息子連れて、

加藤諦三:
はい

相談者:
息子を護衛みたいに連れて、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、また今年の夏になったら、夏また帰りたいと。

加藤諦三:
はい

相談者:
夏休みあるから。

加藤諦三:
はい

相談者:
これは分るんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、夏、ムリだ、行かさない、ダメえ!って言って、拒否してたら、今年の冬休みにまた帰りたいと。

加藤諦三:
はい

相談者:
ちゅうことで、えー、も、いつでも、フイリピン帰りたい帰りたいと・・

加藤諦三:
すると、あなたとしては、フィリピン帰りたい帰りたい、ってこの40歳の奥さんが言ってることが、面白くないということですね?

相談者:
当然そうでしょう、お金も掛かりますしねえ。

加藤諦三:
うん・・
と、今日の相談というのは、こういう状態の中で、

相談者:
ええ、息子夫婦を、

加藤諦三:
はい

相談者:
離婚させて、孫を引き取りたいと。

加藤諦三:
いうことですか?

相談者:
ええ

加藤諦三:
はい、分りました。
今日はスタジオに、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてんので、

相談者:
はい、ありがとうございます。

加藤諦三:
はい、伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。