勤続24年を捨てて独立?、42歳の家庭持ち男の甘い考え


テレフォン人生相談 2015年12月22日 火曜日

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 男42歳 妻42歳 大学生の長男18歳 中学生の長女15歳

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもしい、

相談者:
あ、もしもし

柴田理恵:
テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、どうもお世話になりますう。

柴田理恵:
はい、よろしくお願いします

相談者:
よろしくお願いします。

柴田理恵:
はい
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
今、ちょっと、転職するかどうか、自分の方で悩んでおりまして、

柴田理恵:
あー、えと、お歳はおいくつですか?

相談者:
えーと、42になります

柴田理恵:
はい
で、ご結婚なさってるんですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
奥さんはおいくつですか?

相談者:
えー、同い年の42です。

柴田理恵:
お子さんは?

相談者:
長男が18、大学生です。

柴田理恵:
はい

相談者:
えー、長女が15、中学校3年生です。

柴田理恵:
はい
それで転職ですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
現在お仕事は、何なさってるんですか?

相談者:
えーと、会社員なんですけれども、

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
ちょっと、どちらかと言ったら、現場あ、の仕事をするような、ものが、主においてる、ようなんですけど、

柴田理恵:
あ、はい
すいません、現場って言うと、どういう現場・・

相談者:
新築の大きいマンションとか、

柴田理恵:
あ、はい、はい、はい

相談者:
◆#$%とか、そういう感じですね。
商業施設とか・・

柴田理恵:
ああ、はい
んで、それで、お仕事を変えたいと?

相談者:
はい

柴田理恵:
うん、どうしてですか?

相談者:
去年なんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
もう、その会社に勤めて、24年になるんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
あのお、ちょっと異動がありまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
やってる部署は変わらない、ちょっと規模が大きくなったのでえ、

柴田理恵:
ふん

相談者:
そこで、あのお、まあ、仕事のやり方とか、進め方とかあ、ま、先方さんと付き合い方と、色々、ちょっとお、悩むところがありましてえ、

柴田理恵:
うん

相談者:
でえ、自分なりに、まあ、一年間ずっとやってはみたもののお、ちょっと、悩んでるところが多々、というか、あるんですけども・・

柴田理恵:
はい

相談者:
具体的にい、まあ、ま、毎月お給料は頂いて、ボーナスもちゃんと出るんですけれども、

柴田理恵:
はい

相談者:
それほど、ま、金額が大きいわけでもないのでえ、ちょっと、自分でも、個人事業主い、ていう形で、ま、自立してもいい、のかな?というとこ、ちょっと考えてたんですけどお。

柴田理恵:
ああ・・
じゃ、今まで、ま、この一年で、今までやってらっしゃった、お仕事のお、こう、内容とだいぶ変わっちゃって、

相談者:
そうですねえ。

柴田理恵:
少し、合わないなあ、と思ってらっしゃるんですね?

相談者:
はい、はい、正直なところ・・

柴田理恵:
はあ、はあ、それで、個人事業で自立、っていうふうに考えてらっしゃると。

相談者:
うん、個人でもやってみたいな、というのもありますしい、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、個人が難しいんであればあ、まあ、小規模の、ながら、友人たちもやっている所の、そういう会社も、ま、就職先っていうんじゃないんですけどもお、そういうのもあるんでえ・・

柴田理恵:
うん・・

相談者:
ま、いずれにしても、ま、転職という形でちょっと、どうなのかな?というのを考えて、たんですけどお・・

柴田理恵:
個人で事業起こすのと、

相談者:
はい

柴田理恵:
その、ご友人の会社にもう一回、お勤めになるっていうのは、だいぶ違いますね?

相談者:
そおですねえ・・はい

柴田理恵:
その、どっちい、が、おやりになりたいのかなあ?と、思って・・しまうんですけど。

相談者:
ああ、そうですよね。

柴田理恵:
うん・・

相談者:
はい、ま、どうせやるなら、ま、やった分だけ稼げるじゃないですけれどもお、ま、個人事業主としてえ、ま、やってみたいなとは思ってるんですけどお、

柴田理恵:
あー
失礼ですけど、どのぐらい・・頂いてらっしゃるの?

相談者:
えーと、年収ですか?

柴田理恵:
はい

相談者:
年収だと、700ちょっとぐらいですかね。

柴田理恵:
ああ、結構ね、

相談者:
はい

柴田理恵:
お稼ぎですね?

相談者:
・・

柴田理恵:
資金とかお有りになるんですか?

相談者:
多少なりとは(笑)

柴田理恵:
うん

相談者:
あるのでえ・・

柴田理恵:
奥様には相談なさいました?

相談者:
はい、一応は、して、

柴田理恵:
はい

相談者:
そこまでは怒ってるわけではないんですけども、まあ、路頭に迷うのは、ちょっと勘弁だよみたいな、そういう、ぐらいだったんでえ・・

柴田理恵:
なるほどね、やっぱ、女としたらそう思いますよね。

相談者:
そおですねえ・・

柴田理恵:
今だって大学生の息子さんいらして、

相談者:
はい

柴田理恵:
中3の、お嬢さんでしょう?

相談者:
はい

柴田理恵:
ねえ、これからね、色々大変だもんねえ。

相談者:
そおなんですねえ・・

柴田理恵:
うーん・・

相談者:
ま、やってて、今の仕事もやってて、あれなんですけど、体調的にも、すごい心配症のとこもあるのでえ、

柴田理恵:
うん

相談者:
考えると、ちょっと眠れなかったり、まあ、夜中起きてしまったり、まあ、朝もそうでね、早く起きちゃうしい、

柴田理恵:
うーん・・

相談者:
ま、休日も、ま、携帯電話もありますので、いつ、も、携帯な、鳴るか、ま、ちょっと、ま、ドキドキじゃないんですけど、ちょっと、休みの日も、休んでる、感じが全然出来てないんですよねえ。

柴田理恵:
それってさあ、

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、あれですか?、あの、今、現在ちょっと合わないなあ、と思ってるお仕事のことを、

相談者:
そおですねえ。

柴田理恵:
思うとお、

相談者:
はい

柴田理恵:
そういうふうになっちゃうわけですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
あー・・
なあにがそんなに合わないんだろうか、せっかく、24年も勤めて来て、それまではねえ、一生懸命やれてたのに、急に何で、かねえ・・

相談者:
うーん・・ま、具体的に仕事内容がガラリとちょっと変わってしまったのでえ、

柴田理恵:
あー
でもね、

相談者:
はい

柴田理恵:
あたし、は、素人だから、あんまりよく分からないですけども、

相談者:
はい

柴田理恵:
その、小規模の所を、ずうっとやってらっしゃってえ、

相談者:
はい

柴田理恵:
大規模な工事というか、

相談者:
はい

柴田理恵:
そういうものを任されたっていうのは、

相談者:
はい

柴田理恵:
それはその、あなたがそこのおっきな所でも出来る人だからじゃないですか?

相談者:
うん、ま、

柴田理恵:
そうでしょう?

相談者:
上司とかにも、まあ、異動の際に、まあ、「お前なら」っていうことで、一応は、買っていただいて、そういうところに、上がったんですけれどお・・

柴田理恵:
うん・・うん
それ、誰でも、そのさあ、

相談者:
はい

柴田理恵:
小さい仕事から、おっきい仕事を任されたときに、誰でもそりゃあ、しんどいもんですよ。

相談者:
はい

柴田理恵:
だけど、そこを、そう、せっかく任されたんだからあ、

相談者:
はい

柴田理恵:
そこで勝ち取ってく方が、あたしは格好良くていいんじゃないかと思うんだけどもお、

相談者:
はい

柴田理恵:
違うかね?

相談者:
いや、それはごもっともで、分り、ますよ、言われてみれば。

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、分るんですけども、なんか、うーん、ま、正直なところ、色々、考えちゃうところがあって、もっと、ま、楽な方って言ったら、あれですけどもお、

柴田理恵:
いや、いや、楽っていうんじゃ、誰だって、楽したいにきまってるもん。
その、楽に逃げてるわけじゃなくて、

相談者:
はい

柴田理恵:
そりゃあ、なかなかあ、おっきいところで成功するのは大変だけど、こう、どうですかね?、もっともっと、こう、やり方によって、いけるんじゃないか?って実はご自分でも思ってらっしゃるんじゃないかしら?

相談者:
うーん

柴田理恵:
違いますか?

相談者:
まあ、そこ、それなりにはこなしては、きたんですけどお、

柴田理恵:
うん・・

相談者:
どおも、やる気も、そおですしい、

柴田理恵:
うん

相談者:
今、昔ほどの、モチベーションが全然、上がらないですし、ああ、また朝が来ちゃった、みたいな感じでえ(笑)

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま、一日、こう・・

柴田理恵:
あの、部下の方、たちとか、はいらっしゃるんですか?

相談者:
はい、もちろん、いらっしゃいますしい、

柴田理恵:
その方たちとは、上手くいってますか?

相談者:
はい、もちろん、あのお、悩みというか、そういう現場のやり方とか、

柴田理恵:
うん

相談者:
色々、進め方とか、相談とか、色々乗ってくれたりしますので、

柴田理恵:
あ、いい部下ですねえ。

相談者:
はい

柴田理恵:
うん・・上司の人は?

相談者:
や、あのお、ちゃんとお、あれ、受け答えちゅうか、相談に乗っていただけますのでえ、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
あの、その、作業場、うん、職場の雰囲気は全然、もう、全然、言うことはないんですけどもお、

柴田理恵:
うーん・・

相談者:
ま、対、こう、先方のデベロッパーさんだったり、元請けさんだったり、

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっと、まあ、きついことを言われてしまうとお、

柴田理恵:
あー

相談者:
ま、萎縮するじゃないですけどもお、ま、ちょっと仕事のやり方もわからないので、ま、ちょっとすぐに返事が出来なかったりいとか、返答が出来なかったり、答えが出せなかったり、というのがあって・・

柴田理恵:
うん・・あ、それは辛いですよね。

相談者:
はい

柴田理恵:
それは辛い。
でもお・・出来ますよ。

相談者:
(笑)

柴田理恵:
こおれ、ちっちゃい所からおっきい所に変わって、まだ・・まだ一年でしょう?、一年経ったばっかりでしょう?

相談者:
そおですね、はい

柴田理恵:
ここからじゃないですかあ?

相談者:
そうすか・・

柴田理恵:
うん、どお、どうですかね、ちょっと、今日のね、回答者の先生におつなぎしますね。

相談者:
はい

柴田理恵:
えー、今日の回答者は、弁護士の坂井眞先生です。

相談者:
はい

柴田理恵:
よろしくお願いします。

相談者:
よろしくお願いします。

(回答者に交代)

スポンサードリンク


勤続24年を捨てて独立?、42歳の家庭持ち男の甘い考え」への2件のフィードバック

  1. テキストで読ませていただいただけですが、この相談者はしっくりきてないでしょうね、、、
    言われてるのは正論だけど。別の方々に相談できたらよかったのにね、という印象です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。