パパにグズる6歳のお兄ちゃんはママにはグズらない


テレフォン人生相談 2016年1月20日 水曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(作家・翻訳家・三石メソッド主催)

相談者: 男45歳自営 妻29歳会社員 グズる長男6歳 次男3歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもし?
テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

今井通子:
今日はどういったご相談ですかあ?

相談者:
6歳のお、息子の、件についてなんですけれども。

今井通子:
はい

相談者:
保育園に今、通ってるんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
朝あ、行くとき、泣いちゃって、

今井通子:
ええ

相談者:
で、「行きたくない」って言うんですよね(笑)。

今井通子:
ほお・・

相談者:
それで、もうここんとこ、1週間ずーっとそういう感じで、

今井通子:
はい

相談者:
で、ちょっと困っちゃってるんですけども(笑)。

今井通子:
ああ・・
あなたおいくつですか?

相談者:
45です。

今井通子:
45歳。
奥様は?

相談者:
29です。

今井通子:
29歳。
で、お子さんは、そうすると、6歳のお子さんお1人?

相談者:
と、あと次男が、3歳です。

今井通子:
3歳の方がいらっしゃる、はい。

相談者:
はい

今井通子:
あなたは、自営ですか?
会社員ですか?

相談者:
えと、自営です。

今井通子:
え、自営でいらっしゃるのねえ?

相談者:
はい

今井通子:
はい。
で、奥様は?

相談者:
会社員です。

今井通子:
あ、会社員でいらっしゃる、はい。

相談者:
はい

今井通子:
あ、そうすると、送り迎えは、あなたがしてるわけね?

相談者:
そうですね、はい。

今井通子:
分かりました。
このお、6歳の、息子さんは、

相談者:
はい

今井通子:
えー、保育園には、何歳の時から行ってらっしゃる?

相談者:
えーとお、3歳・・

今井通子:
3歳?

相談者:
はい

今井通子:
で、今までは、「行きたくない」って言ったことありました?

相談者:
あります。
さい、もう、最初っから(笑)、ずーっと、行きたくないって・・

今井通子:
あ、最初っからそうなの?
はい。

相談者:
そうです、はい。
まあ、5歳・・で、なってて、段々、あの、泣くう、のが減ってきたんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
えっと、年長になって、しばらくなかったんですけども、それでもやっぱり、たまーに?

今井通子:
はい

相談者:
うん・・あるんですよね。
それでえ、ここ1週間ぐらいは、もう、ほんとに、もう毎日。

今井通子:
うーん・・
この、話っていうのは、先方の、その、スタッフの方とかとは、されました?

相談者:
あ、担任の先生え、に、一応、「こういう子お、もう年長なんでえ、」

今井通子:
はい

相談者:
「年長のお兄さんであって、えーと、こういう子っているんですかねえ?」って相談したら、あのお、「まだ見たことない」って言われたんで。

今井通子:
ああ、そうなんですか。

相談者:
ええ

今井通子:
で、そのお、実際に、

相談者:
はい

今井通子:
保育園にいる時のお、状況というのは、どういう状況だとか、そういうことは、お聞きになりました?

相談者:
あ、えーとおー、行っちゃえば楽しく、遊んでるんですよね。
ただほんとに、送って行く時だけ、なんですよね、泣いてるのは。
もう、園に入って、始まれば、普通に、過ごすう、みたいなんですけども。

今井通子:
取り立てて言うような、いじめに遭ったりとか、

相談者:
あ、そういうのはあ、ないです。

今井通子:
そういうのもないの?

相談者:
あ、はい

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
まず、その、えーと、じゃあ、スタートの時ですねえ。
まず、朝ご飯はみんなで一緒に召し上がる?

相談者:
はい。
みんなで。

今井通子:
はい。
で、ご飯を食べました。

相談者:
はい

今井通子:
その後、最初に出掛けるのは誰?

相談者:
嫁です。

今井通子:
で、その後、保育園に、行く準備?

相談者:
はい

今井通子:
みたいなのは、あなたがなさるの?

相談者:
あ、いや、嫁がもう、用意して、て、

今井通子:
はい

相談者:
でえ、あとは僕が送っているだけえ、みたいな。

今井通子:
あー、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
そうすると、全部用意が出来ました、お母さん「バイバイ」って行っちゃう。

相談者:
はい

今井通子:
その時、あなたは、その場にいます?

相談者:
ああ、いますね、はい。

今井通子:
うん・・
で、「じゃあ行こうかあ」っていうので、あなたが、連れ出そうとするわけね?

相談者:
ん、そうですね、はい。

今井通子:
で、勿論もう3年も通っているんだから、行くことは、

相談者:
ええ

今井通子:
ご本人は、分かっているのよね?

相談者:
ああ、分かってます、はい。

今井通子:
で、準備もちゃんとするのね?

相談者:
します。

今井通子:
はい

相談者:
あ、ただ、やっぱり、たまーに、もう、ノロノロ、したりは、しますけど、

今井通子:
うん

相談者:
でも一応、出るんですよね。

今井通子:
はい。
お家を出るのは、出るんだ?

相談者:
出るのは出ます。
出ます。

今井通子:
はい

相談者:
もう、あの、送ってっ、た時に、もう入っ、た時に、泣いたり、するんですよね。

今井通子:
あ、なるほど、なるほど。

相談者:
ええ

今井通子:
で、その時になんか聞きますか?

相談者:
まあ、帰ってきてからあ、「何であん時泣いたの?」ってえ、へへ(笑)、聞くと、とにかく、「寂しくなっちゃったんだもん」とか、「パパと離れるのがやだ」とか。

今井通子:
あ~、なるほど。

相談者:
そういう、感じなんですよねえ。

今井通子:
そうすると、それがほんとだとすれば、

相談者:
ええ

今井通子:
所謂う、なんか、問題が起こってるわけではないのよね?

相談者:
ああ、じゃないと、思うんですよねえ。

今井通子:
う~ん・・
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
それで?
結局?
今日のご相談は何ですか?そうすと・・

相談者:
えーと、あの、小学校に上がるんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
「こおのまま、だと、ちょっと困っちゃうなあ」と思ってえ。

今井通子:
なるほど。
今日はですねえ、

相談者:
ええ

今井通子:
三石メソッド主催で、作家で翻訳家の、三石由起子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、はい

今井通子:
先生、よろしくお願い致します。

相談者:
はい、すいません。
はい、よろしくお願いし・・

(回答者に交代)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。