「ほら」が口癖の女の深層心理。「迷惑掛けたくない」が意味するもの


テレフォン人生相談 2016年1月25日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 女46歳 22歳の息子と二人暮らし 夫は20年前に他界

今日の一言: 他人に、迷惑がかかることの恐怖は、怒りの間接的な表現です。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願い致します。

加藤諦三:
はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:
はい、46歳です。

加藤諦三:
46歳。
結婚してます?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
えーと、ご主人何歳ですか?

相談者:
あのお、な、早くに亡くなりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
私と子供お、だけにな・・

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお、ご主人亡くなられてから何年ぐらい経つんですか?

相談者:
20年ぐらい。

加藤諦三:
20年ぐらい?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今、お子さんと2人ということですけど、お子さん何歳ですか?

相談者:
22です。

加藤諦三:
22歳。
男の子?女の子?

相談者:
男です。

加藤諦三:
男の子?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな、相談ですか?

相談者:
えーとー、私、あの、会社に勤め、ておりまして、

加藤諦三:
あ、はい

相談者:
あのお、仕事でえ、ミスがあ、目立ってきたんです。
それで、あの、周りに、迷惑をかけているので、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、会社から見たら、お荷物状態なのかな?ということで、

加藤諦三:
はい

相談者:
あとそれえ、そのせいもあったせいか、ストレスで、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、体調、悪くして、

加藤諦三:
うん

相談者:
休職う、してえ、るんですけど。

加藤諦三:
あ、今休職中なんですか?

相談者:
うん、うんうんうん

加藤諦三:
はいはい

相談者:
それでえ、もう、今までその、迷惑かけたこともあったし、

加藤諦三:
ほお

相談者:
それでこう、今後のことも考えて、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、転職を、と思って考えー、てました。

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、ウフッ、ところが(笑)、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの・・もう1か月?

加藤諦三:
はい

相談者:
あの・・あの、「判断がそこじゃ早いので、」

加藤諦三:
うん

相談者:
「あと1か月、もう1か月考え直してくれないか?」って言われまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
会社の方(ほう)からですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
それえー、でえ、そ、まあ、その、時は、もうほんとに自分としては、もう転職するつもりで、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんですけど、だんだん日が経つにつれて、

加藤諦三:
うん

相談者:
こう、新しいことへ、足一歩踏み出す、この不安と言いますか、

加藤諦三:
うーん、それあ、新しい一歩ってのは不安ですよ、誰でもねえ?

相談者:
うーん。
そして一般論で言えば、

加藤諦三:
うん

相談者:
まあ今勤めてる会社があるんだから、

加藤諦三:
うん

相談者:
またそこで?

加藤諦三:
うん

相談者:
勤めたら、いいんじゃないかって、ほら、今、

加藤諦三:
うん

相談者:
就職すごく今日も厳しい、からあっていう、

加藤諦三:
うん

相談者:
こともあるんでしょうけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
それで年齢も年齢えー、ですからね?

加藤諦三:
はい

相談者:
んん、でも、その何ていうんだろ、周りの、お、気持ちを考えると、今度自分としては、もう、会社に気持ちはないんだけど・・

加藤諦三:
会社に気持ちがないってのはどういうこと、ですか?
会社がもう好きではないっていうこと?
それとも・・

相談者:
ほら、会社で、も、もう1回、頑張っていこうかっていう?

加藤諦三:
あ、今の会社でもう一度頑張っていう気持ちはもうないということ?

相談者:
う~ん、まあ、それはほら、今のほら、ストレス状態のせいがあるんだかどうかは分からないんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
エネルギーが?もう、そういうエネルギーがなく、

加藤諦三:
う~ん

相談者:
ていう状態で、

加藤諦三:
うん・・
今体調を、崩してるという、ことですけど、ん、あの、具体的に言うと、どういう、なんか、体がだ、だるいとか・・頭痛がするとか、なんかそういう、どんな状態ですか?
体調。

相談者:
あ、あの、ストレスによって、あのお、

加藤諦三:
うん

相談者:
軽い、適応障害・・

加藤諦三:
うん。
でえ、ていうことはお医者さんに、行って・・

相談者:
はい、通院して・・

加藤諦三:
あ、今通院してるんですか?

相談者:
うん、はい

加藤諦三:
したらその、お医者さんが、「適応障害だ」という言い方したんですか?

相談者:
んん、そうです。

加藤諦三:
ふうん。
それで今、今日の相談ていうのは、ま、こういうような状態で今、休職中だと。

相談者:
うんうん・・

加藤諦三:
どうしたらいいでしょうか?ってことですね?
で、会社からは、「もうこのまま辞めてくれ」って言われているんではないんですよね?

相談者:
ん、「辞めてくれ」、とは言われていません。
ん、ただ私の気持ちとしては、やっぱりほら、「また?そういう迷惑をかけてしまう・・じゃないかなあ?」と思い・・

加藤諦三:
うん。
人に迷惑をかけるのがすごく怖いんでしょ?

相談者:
うん、そうですね、怖いというか、また、おんなじことになってしまっては、折角、そうやってねえ?会社の方(かた)も、「もうちょっと・・が、辞めないで頑張ったらいいんじゃないかあ?」って言われたことに対して、その・・気持ちに答え、られなかった時の・・方が辛いのかなあ、と思って・・

加藤諦三:
うん。
うん、期待に応えられない不安があるということですよね?

相談者:
うん、そうそうそうそうそう

加藤諦三:
え、ですから、それで今はもう、どうしようか?にっちもさっちも、分かんなくなってるということね?

相談者:
その日によって、あ、やっぱり・・ほら、転職した方がやっぱり、良いんだって思ったり、

加藤諦三:
ええ

相談者:
なんか、ほんとに、ねえ?周りの意見を聞かないで、自分の?あの・・気持ちに素直になって行動して?

加藤諦三:
うん

相談者:
ほんとに後から良かったんだろうかって言えるかーっていう、そこの、かっさいですよね(笑)

加藤諦三:
ん、そう、そうですか、そうですよね。
要するに、メーリーゴーランドみたいなもんで、

相談者:
うん

加藤諦三:
おんなじところを、ぐるぐる、ぐるぐる、回ってんでしょ?

相談者:
ウフッ’、ああ、そうだと思います、フフ(笑)

加藤諦三:
ねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はスタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので、

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、はい

(回答者に交代)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。