良い子を持つ親必読!手が掛かるからこそ子どもは心理的に成長する


テレフォン人生相談 2016年2月12日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女71歳 一人暮らし 3ヶ月前に離婚した長男44歳 元嫁と暮らす9歳と6歳の孫 次男41歳

今日の一言: 現実に、上手く適応している子が、必ずしも心理的に、上手く成長してるわけでは、ありません。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
お世話になります。

加藤諦三:
はい、最初に・・

相談者:
よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:
71歳です。

加藤諦三:
71歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚、してます?

相談者:
主人は亡くなっております。

加藤諦三:
そうすと今は、1人で暮らしてらっしゃるの?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
えと、お子さんは?

相談者:
2人おります。
はい。

加藤諦三:
何歳ですか?

相談者:
44歳と、41歳でございます。

加藤諦三:
はい、分かりまりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
それで、長男が離婚致しまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
私(わたくし)としては、孫に、学校の行事い、で、会いたいなと、見に行きたいな、ていう希望がありますので、

加藤諦三:
はい

相談者:
それを、別れた、あちらの、お母さんが親権をも、取られたので、

加藤諦三:
はい

相談者:
直接私がお話しした方がいいのか?

加藤諦三:
あ・・

相談者:
ていうこと、を、お聞きしたかった。

加藤諦三:
学校の行事っていうのは例えば・・

相談者:
運動会とか、

加藤諦三:
あ、はい

相談者:
学芸会とかっていうことお、の、成長を見たいと、

加藤諦三:
はい

相談者:
思っております。
で、息子は、月に2回っていうお約束で、会えるそうです。

加藤諦三:
ん・・

相談者:
で、その時は私(わたくし)のところへも、顔を出します。

加藤諦三:
このお孫さんがね?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
お孫さん今何歳ですか?

相談者:
孫は、6歳と、

加藤諦三:
はい

相談者:
9歳です。

加藤諦三:
そうすと、2人は同じ小学校行ってるってこと?

相談者:
そうなんです。

加藤諦三:
そうすると、学芸会、うん、運動会は、一緒にやってるということですね?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
ただ、お母さんと暮らしてえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
いてえ、で、そっから学校に行ってえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
学校の行事がありますねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
すと、当然お母さんは出るわけですよね?

相談者:
勿論だと思います。

加藤諦三:
そうすると、だからその行事に、自分も参加したいっていうことですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あ、はいはい

相談者:
「できれば、私(わたくし)も小学校にいる間ぐらいは、見届けたいかな」、と思うのが、姑の気持ちなんで、孫に対する気持ちなんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
「我が儘を通すると、先方にも良くない、ならば、控えなくてはいけないかなあ」、とは思うんですけど。
孫は、「見に来て良いんだよ」とは、言ってくれたんですけどね、上の子は。

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
でも、両方の親の気持ちを、多少は、孫はちょっと分かるかなあとは思うので、

加藤諦三:
はい

相談者:
切ないな、と思って、私はそれを言うのが、控えようかな、とは思うんですけれど(笑)、

加藤諦三:
ええ

相談者:
押しつけえー、は、あまりしたくないので、筋からすると、私(わたくし)の方から、

加藤諦三:
ええ

相談者:
向こうの、まあ、別れた奥さんに、

加藤諦三:
うん

相談者:
「あの、こういう行事があるそうだけど、行ってもいいかな?」っていうぐらいの、大人の?

加藤諦三:
うん

相談者:
を、した方がよろしいのか?

加藤諦三:
うん

相談者:
そこら辺が、すごい心が、緩んでるんです。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、私が一生懸命会いに行こうと思えば、会いに行けれる距離なんですけれど、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、そこまではいかがなものかと、私もブレーキかけてるんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
今後のこともありますので、

加藤諦三:
ええ

相談者:
私(わたくし)の対応の仕方?
孫に対する・・

加藤諦三:
なるほどね。

相談者:
ええ

加藤諦三:
それで、ん、別れた奥さん、再婚はしてないんですね?まだ。

相談者:
はい

加藤諦三:
そしてえ、あなたとあなとの息子さん45歳ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
この関係も、ぎくしゃくはしていないんですね?

相談者:
あ、はい。
おかげさまで。

加藤諦三:
まあまあ、ごく普通?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
に話していると?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
そうすると、非常にそのお、円満に離婚というのは、

相談者:
そうですう。

加藤諦三:
言葉おかしいけれども、円満に離婚をしてえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
その後も、いろんな約束事をきちんと守られていて、そうすと、別れた奥さんも、あの、結構、ま、情緒的に成熟してるっていうかあ、結局子供に対して、父親の悪口を言っていないってことですよねえ?

相談者:
でしょうね。
でも、生活は、ぎくしゃくしてた時期があると思いますので、

加藤諦三:
ええ

相談者:
上の、子供は、感じてたと思いますねえ。

加藤諦三:
うーん・・
あなたのところにも、

相談者:
はい

加藤諦三:
お孫さんは、その、月に2回の時に、

相談者:
はい

加藤諦三:
お父さんと一緒に来るんですか?

相談者:
あ、そうなんです。

加藤諦三:
それ、その時の、お孫さんは、どうなんですか?
お父さんとも、楽しそうだし、お祖母ちゃんとも、なんか普通?

相談者:
そうですね。
家(うち)へ来る時は、走って上がってきて、まずお参りに行くんですけど、仏様のところ行って、

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、「お食事はどうするの?」っていう感じになるんですけど、

加藤諦三:
ん・・

相談者:
そんな時間に、来ますので、

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、私(わたくし)と、4人でっていうことには・・

加藤諦三:
4人で食事をする?

相談者:
そうですなんですよね。

加藤諦三:
うーん。
子供の、あーする、側からすると、非常に良い子(よいこ)を演じて、

相談者:
はい

加藤諦三:
2つの自分を、演じてるってことはないんですかねえ?

相談者:
あるかもしれません。

加藤諦三:
子供はもう、立派ですもんね?

相談者:
はい
下の子は、まだ、幼いかなと思うんですけど、

加藤諦三:
はーい・・

相談者:
上の子供は、やはり、とても感じられますね。
そういうところを。

加藤諦三:
ええ

相談者:
そういうことも含めて、

加藤諦三:
うーん

相談者:
これから?
あたしい、も、どんな風にね?
関わっちゃいけないって言うんだったらもう、

加藤諦三:
うーん

相談者:
関わらないし・・

加藤諦三:
結婚してる時も、間も、この子は、達はきっと良い子(よいこ)だったんだろうねえ?

相談者:
う~ん

加藤諦三:
つまり、お母さんがね?

相談者:
はい

加藤諦三:
「はあっー!なんって、手のかかる、子だ!」って悲鳴を上げる時に、子供は前を、す、うん、進めんですよ。
そのぐらいで、成長、するための、

相談者:
うん・・

加藤諦三:
その、欲求を満たすってことは、大変なこと、なんですよ。

相談者:
うん・・

加藤諦三:
お母さんの前でね?

相談者:
はい

加藤諦三:
良い子を演じて、

相談者:
はい

加藤諦三:
そしてまた、お父さんとあなたと、4人の時にまた、良い子を演じていると、

相談者:
はい

加藤諦三:
ちょっとキツイこと言うようだけど、誠意がない、調子のいい子になっちゃう、ことがあるんですよね。

相談者:
あ・・はい

加藤諦三:
その場その場を上手くやっていくっていうね?

相談者:
あ、はい、はい

加藤諦三:
本当の自分の、感情に気が付いて、

相談者:
はい

加藤諦三:
周りと、ぎくしゃくするとね?

相談者:
うん・・はい

加藤諦三:
社会的には非常に問題ですよ。
周りとぎくしゃくするんですから。

相談者:
そうですよねえ。

加藤諦三:
だけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
子供の心理的に見ると、

相談者:
はい

加藤諦三:
子供は自分の、感情には、忠実ですからね?
自分を裏切ってないわけですよ。

相談者:
はい、そうですよね。

加藤諦三:
だけど、社会的には非常に問題ないと、非常に上手くいってるようだけども、子供自身が自分の感情を裏切ってるっていう場合には、

相談者:
はい

加藤諦三:
5年先、10年先に問題が出てきますよね。

相談者:
そうですよね。

加藤諦三:
ですから、そこら辺の見極めですけれどもね。

相談者:
はい

加藤諦三:
ひじょーに、我慢して、良い子(よいこ)を演じているのか?

相談者:
はい

加藤諦三:
いや、僕はなんか、そんな感じがするんですよねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
一番恐れるのはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
大人のズルさをこの時期に身につけちゃうと、

相談者:
はい

加藤諦三:
やっぱり本当の友達が出てこない、んだよねえ。

相談者:
うーん、やはりねえ。

加藤諦三:
うん、なんかいろんな問題を起こしながら、

相談者:
はい

加藤諦三:
成長してっても、

相談者:
うん

加藤諦三:
ほんとの自分の感情と、そして、人とつながる時はほんとの気持ちで繋がってくっていう、そういう、健全な成長ではなくて、

相談者:
うん・・

加藤諦三:
あの、非常に周りと上手くやるという、

相談者:
うん

加藤諦三:
まあ、大人になると、社会で生きてくためにはね、

相談者:
はい

加藤諦三:
そういう、ことをせざるを得ない、ということはあるでしょうけれども、

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
子供のうちからね、

相談者:
はい

加藤諦三:
やっぱ大人のズルさを身に付けると、

相談者:
うん・・

加藤諦三:
さっきも言ったように、ひじょーに、調子のいい子になっちゃう、ことがあるんですよね。

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
ただあれですね、これは、孫から見ると、父親と母親が上手くいってないってことは、もう、小さい頃から分かってるわけですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで今、母親と一緒に暮らしてる。

相談者:
はい

加藤諦三:
それで月2回会うという、

相談者:
はい

加藤諦三:
このことをきちんと守られて、

相談者:
はい

加藤諦三:
月2回も会っている。

相談者:
はい

加藤諦三:
これはもう、現実適応としては、もの凄い、見事な現実適応なんですよ。

相談者:
は、はい

加藤諦三:
だから、それに、更にあなたが、加わってくるわけですね。

相談者:
はい

加藤諦三:
すと、更にまた、あなたとも、上手くやるという、

相談者:
あー・・

加藤諦三:
現実適応は、するけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
本音ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
「親父憎らしい」とかね?
「お母さん勝手だ」とかね?

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか更にお祖母ちゃんも、勝手なこと言ってるのがね?

相談者:
はい

加藤諦三:
もう、全部、自分の周りの大人たちを、心の中で切っちゃうってことが、恐ろしいことですよね。

相談者:
ああー、なるほどねえ。

加藤諦三:
で、そこら辺の判断は、

相談者:
はい

加藤諦三:
ちょっと現実を見ないと、よ、よく分かんないんですけど。

相談者:
あ・・

加藤諦三:
ただ、6歳と9歳っていうのは、手がかかってほんとですからね?

相談者:
そうですよねえ。

加藤諦三:
うん、手のかからないってことはおかしいことなんですよ。
だからもう、ほんっとーに、父親と母親が悲鳴上げてるっていうんなら、逆に安心するんです。

相談者:
うーん・・

加藤諦三:
ところが、自分たち離婚してんのに、なんか、あまりにも、立派すぎんだよね、子供が。

相談者:
なるほどね・・

加藤諦三:
9歳と6歳の、子供、が、ここまで、見事な現実適応ができるか?っていうのも、

相談者:
うーん・・

加藤諦三:
ちょっと、相当、我慢し・・

相談者:
我慢してますよねえ?やはり。
うん、うん、うん、やはりねえ・・

加藤諦三:
してんじゃないかなあ?という気がしてんですよね。
ですから、ここら辺はね、

相談者:
はい

加藤諦三:
その、あなたが、走って遊びに来て、お線香上げるっていうようなね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
いう、来た時の中に、

相談者:
はい

加藤諦三:
この子が、演技をしているのかどうか?っていうことを、

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
まず、

相談者:
はい

加藤諦三:
見極めることかな、と思うんですけど、

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はですねえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、こういう問題について、ほんとに解決、のためにはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
事の本質を見るってことは、もう、最も大切なことなんですけども、

相談者:
はい

加藤諦三:
その、事の本質を見ることに、本当に、あのお、長けてらっしゃる、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので、

相談者:
あ・・ありがとうございます。

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。