祖母の憂さ晴らしのはけ口にされた恨みを断ち切りたい39歳の女


テレフォン人生相談 2016年2月27日 土曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 森田浩一郎(医学博士)

相談者: 女39歳 夫39歳 結婚1年2人暮らし

今日の一言: 本当の許しは憎しみを通して生まれてきます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい、もしもしい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いいたします。

加藤諦三:
はい
最初に年齢教えてください

相談者:
39歳です。

加藤諦三:
39歳
結婚してますか?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
同い年です。

加藤諦三:
同い年

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
いないです

加藤諦三:
すと、今、お2人で暮らしてんですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、分りました
そいで、どんな相談ですか?

相談者:
もう、亡くなっているんですけどもお

加藤諦三:
はい

相談者:
祖母、の、精神的に? ◆#$%されているというかあ、逃れられないのが、辛いので・・ご相談いただきたいです。

加藤諦三:
祖母と言うと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
と、まず、あなたのお母さんは?

相談者:
母、は、います。
父、母といます。

加藤諦三:
ええ、何歳ですか?

相談者:
70歳です。

加藤諦三:
お母さんは70歳?

相談者:
はい

加藤諦三:
そいで、祖母は、いつ?、亡くなられたんですか?

相談者:
3年前に、亡くなりましてえ、

加藤諦三:
ああ・・はい

相談者:
母方の祖母になります。

加藤諦三:
そいで、何歳ぐらいで亡くなられたんですか?

相談者:
91、だったと思います。

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、そいで?
そのお、祖母、が?、どういうことですか?、忘れられないという・・

相談者:
祖母もそうなんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
あと、両親?

加藤諦三:
両親っていうのは、先ほど言った、

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
お母さん、70歳のお母さんと、

相談者:
はい

加藤諦三:
お父さんは?

相談者:
70歳

加藤諦三:
はい

相談者:
を、ちょっと、すごく恨んでるというかあ・・

加藤諦三:
恨んでるということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
で、も、なんか、気分の波がすごく激しくてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、もう、イライラしてきてるときはもう、何も、手に付かない?

加藤諦三:
ええ、気分の波が激しい、イライラしてるってのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたが?
それとも・・

相談者:
あ、あたしがです。

加藤諦三:
あなたがね?、はい

相談者:
はい
で、もう、自分が嫌でえ・・ほんと、し方がないのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
この先どうやって、前向きに生きていけばいいのか?

加藤諦三:
はい、分りました、そうすると、その、あれですか?
その、あなた今、自分の気分がね?、不安定だと。
イライラしてると。

相談者:
はい

加藤諦三:
いう、その、原因が、やっぱり、その両親じゃなくて、祖母だというふうに、あなたは考えてるということですか?

相談者:
そうですね、あ、両親もなんですけどもお、祖母、と、ずっと子どもの頃からあ、同居してましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、祖母は孫に対して、全部否定するというかあ・・「もう、あなたには何の能力もない」だとかあ・・

加藤諦三:
はい

相談者:
あと、自分の思っていることを、言うとお、

加藤諦三:
はい

相談者:
その、「子どものクセに」?
「偉そうに言うな」とかあ・・

加藤諦三:
はい

相談者:
祖母が経済的に、面倒看てくれていたのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
「誰のおかげで」?
「生活が出来てると思っている?」とかあ・・

加藤諦三:
はい

相談者:
「お前さえ我慢すれば」?
「家は上手くいく」とかあ・・

加藤諦三:
はい

相談者:
いうふうな、言葉の、暴力というかあ・・

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうのが、すごく、あったんですね。

加藤諦三:
その、誰のおかげでね?生活出来てると思うんだ、とか、

相談者:
はい

加藤諦三:
子どものクセに、エラそうなことを、って、そういうような言葉は、あなたが何歳の頃ですか?

相談者:
中学、高校、と・・

加藤諦三:
高校の頃になってもまだそういうことを言われていた?

相談者:
あ、あのお、働いていてもそれは言われました。

加藤諦三:
働いてからも言われてたんですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
誰のおかげで、生活出来てんだ、っていうことをね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、「お前さえいなければ」っていう、その言葉は、ま、覚えてるんですけどもお、

相談者:
はい

加藤諦三:
それはいつ頃ですか?

相談者:
「お前さえ居なければ」っていうか、「お前さえ我慢すれば」っていう・・

加藤諦三:
はい

相談者:
それは、祖父が亡くなってから、すごくそういう言われ方をするようになりました。

加藤諦三:
ああ・・そうすと、祖父、は、いつですか?、亡くなられたの。

相談者:
小学校の、4年生か、5年生のときだったと思います。

加藤諦三:
それで、あなたが、その、主として、あの、お父さん、お母さんじゃなくて、

相談者:
はい

加藤諦三:
祖母に、面倒看てもらっていたというのは何でなんですか?

相談者:
長男、があ、◆#$%からの仕事を、辞めてしまいましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
別居とかもし始めまして、生活費も入れてくれなくなったんですう。

加藤諦三:
父親が、仕事、

相談者:
はい

加藤諦三:
辞めて、生活費、入れなくなったのはいつ頃からですか?

相談者:
仕事辞めたのは、もう、わたしが高校生のときだったと思うんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
父は、小さい頃は、ほんと、普通の父親だったと思うんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
祖父が亡くなってからあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
態度がガラッと変わりましてえ、

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
で、母、と、しょっちゅう喧嘩をしたりい、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんか、暴言吐いたり、

加藤諦三:
はい

相談者:
暴力振るったり、母に対して。
で、それから態度が変わってえ、あんまり生活費とかも、

加藤諦三:
はい

相談者:
入れなくなってえ、でえ、わたしが中学生のときに別居始めてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
高校生のときに、もう仕事辞めてしまいました。

加藤諦三:
そうすると、お父さん、お母さんではなくて、祖母の方が、あなたの面倒を看ていたと。

相談者:
そおですね。

加藤諦三:
そうすと、あなたにとって重要な、人物っていうのは、お父さん、お母さんよりも、祖母だったわけですね?

相談者:
そおですね。

加藤諦三:
そいで、その、あなたにとって重要な人物の祖母から、まあ、「誰のおかげで、生活出来てんだ」とかあ、「能力がない」とか。
ま、色んな言葉を言われて・・

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あなたの兄妹は?

相談者:
姉が2人います。

加藤諦三:
お姉さん2人?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、お姉さんの方は、どうなんですか?
そのように言われてたの?、それとも言われてなかったの?

相談者:
わたしだけではなくてえ、姉2人も、同じように・・言われてました。

加藤諦三:
あ、お姉さんも同じように言われてたということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、はい、分りました。
そして?、結婚したのは?、何歳ぐらいのときですか?

相談者:
あの、1年前です。

加藤諦三:
1年前ですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすと、あなたとすると、「もう、これで祖母から逃れられるな」、と思ったけれども、まあ、今も、祖母から離れられないと。
あの、離れられないっていうのは心がね?

相談者:
はい

加藤諦三:
恨んでいる。

相談者:
そうですね、祖母も、両親に対しても、恨んでますね。

加藤諦三:
最初っからずうっと恨んでました?

相談者:
大学出てからです。

加藤諦三:
大学に、卒業してから、

相談者:
はい

加藤諦三:
その、恨みだしたということですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
そいで、そのときはそうすると、お父さん、お母さんと、

相談者:
はい

加藤諦三:
大学に入学して、別に住みだしたの?

相談者:
いえ、26歳のときに、一人暮らしを・・

加藤諦三:
26歳のときに、何で家を出たんですか?

相談者:
この家が、異常でえ、そう・・いうこと言われるのも、ものすごく辛かったのでえ、あの・・

加藤諦三:
あ、そうすると、26歳の、家を出るまで、同じように、「子どものくせに偉そうなことを言って」っていうようなことを言っていたと・・

相談者:
そうですね。
で、もう、何回も、仕事を始めてからあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
自分ひとりで生活していこうと、家を出ようとしたんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
そうすると、邪魔を、するんですね。

加藤諦三:
邪魔っていうのは具体的に言うとどういう、邪魔をしました?

相談者:
「あなたが、一人で生きていけるはずがない」とかあ・・

加藤諦三:
ああ、はい、はい、はい

相談者:
「生活力がないのに」?

加藤諦三:
はい

相談者:
「生意気なことを言うな」とかあ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
そういうこと言われました。

加藤諦三:
ああ、はあ、はあ、はあ
そいであなたの今日の相談というのは・・

相談者:
主人がすごく穏やかで、優しくてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
すごい、いい人で、この人と結婚して良かったなあ、と思ってるんですけどもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんか、こう、いつまでも?
自分で新しい生活を始めようとしてるのに、

加藤諦三:
はい

相談者:
いつまでも、こう、祖母とか両親、引きずってるんですね。
で、主人に、◆#$のことで、心配と、迷惑を、掛けてるんじゃないかな?っていうの・・があるんです。

加藤諦三:
うん

相談者:
でもう、祖母も、亡くなったことですしい、で、自分の家庭も出来たことですしい、

加藤諦三:
うん

相談者:
もお、その、祖母を、両親のことを、断ち切ってえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
自分の?、人生を生きたいなってすごく、

加藤諦三:
うん

相談者:
思います。

加藤諦三:
はい、分りました。
今日はスタジオに医学博士の森田浩一郎先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。