中学にも行かず日がな一日猫と暮らす娘35歳。対人恐怖症の母の心配の今さら


テレフォン人生相談 2016年3月25日 金曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(作家・翻訳家・三石メソッド主催)

相談者: 農家の女61歳 10年前に離婚 別棟で猫と暮らす娘35歳 息子(娘の兄)は10年前に他界 父は2ヶ月前に他界

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?
テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いします。

今井通子:
はい。
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
35歳の娘のことで、ご相談したいんですけども。

今井通子:
はい。
あなたはおいくつ?

相談者:
私は61歳です。

今井通子:
ご主人いらっしゃいますか?

相談者:
離婚しました、10年ぐらい前に。

今井通子:
あ、10年前?

相談者:
はい

今井通子:
はい。
お嬢さんはお1人?

相談者:
はい。
あの、兄がおりましたけど、20年ぐらい前に亡くなりました。

今井通子:
あらまあ

相談者:
はい、はい・・

今井通子:
それで、どういったご相談でしょう?

相談者:
あのねえ、小学校3年ぐらいの時から、こ、登校拒否をやって、まあ、あの、高学年なっても行ったんですけどね、

今井通子:
はい

相談者:
中学が、行って、おりません。

今井通子:
はい

相談者:
なので、あの、祖父が勉強しっかり教えてくれましてね。

今井通子:
はい

相談者:
あの、新聞読んだり、何度も、ほとんど、あの、できるんですけどね、かい、読み書きもできるし、

今井通子:
はい

相談者:
計算もできるし。

今井通子:
はい

相談者:
なんですけど、その、人間関係がね、なかなか、こう、作れないっていいますかね、そういうところがありましてね。

今井通子:
はい

相談者:
それもこう、私(わたくし)の、性格、が物凄く影響してると思うんですよね。

今井通子:
はあ

相談者:
よろしいですか?
私(わたくし)の性格を、あの、は、お話しても。

今井通子:
はい、どうぞ。

相談者:
あの、神経症ってびょう、病気でね、

今井通子:
はい

相談者:
あの、対人恐怖って言われてるんですけどね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
あの、人なたが苦手で、子供の頃からずうっと、こう、人なたを避けるような、こう、生き方を、ねえ?娘にはさせてしまったのです。

今井通子:
はい

相談者:
このことが物凄く、あのお、彼女の人生には、影響してると思います。

今井通子:
はい

相談者:
それでもね、もう、済んでしまったことですので、

今井通子:
はい

相談者:
こう、これからの、どうやって、娘に接してったらいいか?

今井通子:
うーん

相談者:
そしてまた、自分もどんな心構えで、こう、生きてくのがいい、よろしいか?なんて思いましてね。

今井通子:
はい。
まず、あなたは、

相談者:
はい

今井通子:
えー、普通に学校は卒業されたの?

相談者:
私(わたくし)もね、中学の時、ちょっと躓きましたけど、卒業はしました。

今井通子:
はい

相談者:
あはい

今井通子:
中学は卒業した?

相談者:
はい

今井通子:
高校は?

相談者:
高校は行きませんでした。

今井通子:
はい。
で、あの、お祖父さんていうのは、お嬢さんにとってのお祖父さんですよね?

相談者:
はい、はい

今井通子:
あなたのお父様?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
お父様は、まだご存命ですか?

相談者:
いえ、2か月ほど前に亡くなりました。

今井通子:
ああー

相談者:
そのこともあってね、

今井通子:
うん

相談者:
ちょっと、あのお、娘、落ち込んでるものですからね。

今井通子:
そうすると、お嬢さんは、

相談者:
はい

今井通子:
ま、お祖父さん子だった?

相談者:
そうですね、ええ。

今井通子:
で、お祖父さんがいろいろ教えられたということで、

相談者:
そうなんです、はい。

今井通子:
今、そうするとお、あなたの、お家に、一緒にいらっしゃるの?

相談者:
あのね、別棟に、おります。

今井通子:
ああ

相談者:
まあ、私(わたくし)の、方に来たりもします。
猫飼っておりましてね。

今井通子:
ええ

相談者:
両方の、あの、家(うち)で猫飼ってるもんですからね。

今井通子:
はい

相談者:
私(わたくし)の、住んでる方にも来ますけども、

今井通子:
うん

相談者:
別棟で、ほとんど暮らしております。

今井通子:
お1人で?

相談者:
そうです。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
で、何かお仕事はされてる?

相談者:
いえ、あの、実は農業でありましてね。

今井通子:
ああー、なるほど。

相談者:
あの、たまたま手伝ってくれたり、あの、助かった、時期もありましたしね、

今井通子:
ええ

相談者:
そんなに、苦にしなんで。

今井通子:
ああ

相談者:
あの、性格もねえ、

今井通子:
うん

相談者:
あの、私には不満はあるものの、言うことは聞いてくれますしね、

今井通子:
ええ

相談者:
それほど苦にはしなんできたんですけどね。

今井通子:
うん

相談者:
あの、35歳っていう歳になって、「私(わたくし)が死んだらね、」

今井通子:
うーん

相談者:
「あの、どうすれば、いいか?」っていうようなことを思いましてね。

今井通子:
あのお、農業は、そうすると、あなたもやってらっしゃるの?

相談者:
私(わたくし)がやってますけど、あの、そんなに沢山は、できないんですけどね。

今井通子:
元々は、お祖父さん、お祖母さんがやってらっしゃ・・

相談者:
そうです、農業、そうなんです。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
で、そこを、継いでらっしゃるわけ?

相談者:
そうですね。

今井通子:
生活にはあんまり困らない?

相談者:
そうですね。

今井通子:
ああ

相談者:
ま、生活には困るという状態ではありません。

今井通子:
うーん。
じゃあお嬢さまは、

相談者:
ええ

今井通子:
今、別棟に、暮らされてるけど、

相談者:
ええ

今井通子:
まあ、一日どんな感じで?

相談者:
あのねえ、猫が好きでねえ、

今井通子:
ええ

相談者:
あの、猫の世話を、したり、

今井通子:
はい

相談者:
そして、まあ、ね、やることないもんだから、ぼんやりとして、

今井通子:
ええ

相談者:
おりますけどね。

今井通子:
あの、朝昼晩のご飯食べたりするのも、全く別なんですか?

相談者:
あのね、祖父がおりました頃は祖父と一緒に食べておりましたけどね、

今井通子:
うん

相談者:
今はあの、あんまり食欲もない子なもんですからね。

今井通子:
はい

相談者:
あの、カップラーメンやラーメンぐらいなら、自分で作るけど、他の物は作らないもんでね。

今井通子:
ええ

相談者:
私(わたくし)が、体のためにも、悪いかと思って、あの、持っていきます。

今井通子:
あー

相談者:
はい

今井通子:
あ、じゃあ、持って行って別に食べてるわけ?(笑)

相談者:
そうです(笑)

今井通子:
お、お嬢さんご本人としては、お母さんが、

相談者:
ええ

今井通子:
「もしも、あの、ことがあった時は、どうしようと思う」っていう風には、も、考えてんのかしら?

相談者:
そういうことは話しましてもね、考えていないようです。

今井通子:
あー、そうなんですか。

相談者:
ええ、ええ、先のことは。

今井通子:
ということは、

相談者:
はい

今井通子:
その、お嬢さんも、あのお、登校拒否をされたりとかって、して、

相談者:
ええ、はい、はい

今井通子:
中学も行かないで、でも、まあ、知識的なものは、

相談者:
ええ、ええ、そうです。

今井通子:
お祖父さまから、ちゃら、ちゃ、習ってるから、常識はあるだろうし、

相談者:
ええ、はい、はい

今井通子:
テレビ・・

相談者:
ま、世間のことは知りませんけどね。
そういう、あの、読んだり書いたりっていうようなことはできますけどね。

今井通子:
うーん

相談者:
私(わたくし)、あのお、通院しておりますとこでお聞きしましてもね、

今井通子:
ええ

相談者:
あの、娘は、立派にやることやってるって、まあ、あの、父・・がおりました頃は、あの、世話をしてましたからね、

今井通子:
なるほど。

相談者:
細々したことはやってくれてたんですよ。

今井通子:
ふんふんふんふん

相談者:
それで、あのお、父から見れば、いなくてはならない存在でしたしね。

今井通子:
うーん。
医者の方からも、

相談者:
はい

今井通子:
「お嬢さん問題ない」っていうこと?

相談者:
そうですね。

今井通子:
なるほどね。

相談者:
ええ

今井通子:
それで、

相談者:
はい

今井通子:
彼女にとってはお祖父さまが亡くなっちゃって、

相談者:
そうです、はい、はい。

今井通子:
そうすると、ちょうどお、今、一番、こう、あの、今まで、相手のために尽くしてたのに、

相談者:
ええ、ええ

今井通子:
やることがなくなっちゃって、

相談者:
それはありますよね、ええ。

今井通子:
それで、落ち込んでると?

相談者:
そうですね。

今井通子:
で、お母さまとしては、そのお嬢さまを、今、どう立ち直らせるか?っていうより、

相談者:
ええ

今井通子:
あなたがなんか、あった時の、

相談者:
ええ

今井通子:
将来のことが心配?

相談者:
そうですね。
将来のことや、こう、私(わたくし)自身の、気持ちの持ち方が、あ、もう、ね、どんな風にしてったら娘のためになるか?っていうのは・・

今井通子:
なるほど。

相談者:
そんなような、ことが、

今井通子:
はい

相談者:
お聞きしたいんですけども。

今井通子:
分かりましたあ。
今日はですね、三石メソッド主催で、作家で翻訳家の、三石由起子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
よろしくお願いします。

今井通子:
先生、よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。