【KBC限定】驚く系列パーソナリティ。疎遠の娘に会いたい母へ「心配するにも資格が要る」


テレフォン人生相談 2016年4月5日 火曜日
【KBC(九州朝日放送)ラジオ限定放送】

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(作家・翻訳家・三石メソード主宰)

相談者: 女64歳 夫66歳 二人暮らし 音信不通の既婚長女42歳 既婚次女39歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?
テレフォン人生相談です。

相談者:
もしもしい?
よろしくお願いします。

今井通子:
はあい、こちらこそ。
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
17年ぐらい、音信不通になっている、娘のことで、相談したいんですけども。

今井通子:
はい。
あなたおいくつ?

相談者:
64歳です。

今井通子:
64歳。
ご主人は?

相談者:
66歳です。

今井通子:
66歳。

相談者:
はい

今井通子:
あのお、お子さんは、そのお嬢さんお1人?

相談者:
えとお、次女が39歳なんですけども。

今井通子:
その、17年ほど音信不通になってるお嬢さまはおいくつ?

相談者:
長女で、

今井通子:
はい

相談者:
42歳です。

今井通子:
42歳。
お子さんお2人?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
そのお、次女の方は今、もう、独立されてます?

相談者:
ええ、もう結婚して、

今井通子:
ええ

相談者:
子供はいないです。

今井通子:
ああ、なるほど。
そうすると今、

相談者:
はい

今井通子:
あのお、お住まいになってるのは、ご主人と2人?

相談者:
夫、と、はい、そうです。

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
そのお、ちょっと経緯を伺わないと分かんないんだけど、17年前に?

相談者:
はい

今井通子:
お嬢さんが?突然いなくなったの?

相談者:
いえ、「もうー、電話も、家にも来ないでほしい」ということで、それから、もう、音信不通、ちゅうか。

今井通子:
25歳の時に、

相談者:
はい

今井通子:
ですよね?

相談者:
はい、はい

今井通子:
そもそもお、えー、おじょう、そのお嬢さんは、

相談者:
はい

今井通子:
この、ん、25歳ぐらいの時、何してらしたわけ?

相談者:
あ、もう結婚してました。

今井通子:
あ、結婚してらしたの?
はい。

相談者:
え、して、子供が1人、います、はい。

今井通子:
お、女の子さん?男の子さん?

相談者:
男の子です。

今井通子:
男の子さん、1人?

相談者:
はい

今井通子:
それでえ、そのご主人は?
おいくつなんでしょう?

相談者:
と、娘とおんなじいー、ぐらいだと思います。

今井通子:
じゃ、42歳ぐらい?

相談者:
はい

今井通子:
そうすると、坊ちゃんは?
あ、だから、あなたにとってはお孫さんは?

相談者:
あ、その時はあ、2歳でしたね。

今井通子:
2歳?

相談者:
はい

今井通子:
で、ご連絡が取れてる間は、何年ぐらいあったの?

相談者:
んー、5年ぐらい、ですね。

今井通子:
ていうことは、お嬢さんが二十歳(ハタチ)ぐらいで、結婚されたわけ?

相談者:
ええ、そしてあのお、家(うち)の近くに、住んでいたので、

今井通子:
うん

相談者:
普通の付き合いをしてたんです。
そし、

今井通子:
で、それが・・

相談者:
それからあの、

今井通子:
うん

相談者:
転勤になって遠くへ行ったんですよね。

今井通子:
その後、はい、転勤になりました。

相談者:
はい

今井通子:
ご主人が。
これは国内ですか?

相談者:
あ、そうです、はい。
あ、その時はちゃんとお、あの、引っ越しも手伝って、

今井通子:
うん

相談者:
ちゃんと、送り出しました。

今井通子:
うん

相談者:
そして、向こうに行ってから、

今井通子:
うん

相談者:
娘が、突然、家(うち)に来たんです。

今井通子:
はい

相談者:
子供を連れて。

今井通子:
ええ

相談者:
それで、あのお、何ていうことなく、帰ってったんですけど・・

今井通子:
それは何?あのおー、えーと、転勤になってから何年ぐらい?
もしくは、

相談者:
いや、だい・・

今井通子:
な、何カ月ぐらい?

相談者:
いやあ、1年、まだ経ってないと思います。

今井通子:
じゃあ、もう、1年弱で?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
それでえ、あのお、家(うち)もちょっと貧しかったもんですから、

今井通子:
はい

相談者:
あのおー、おやつ程度、のお金しか渡せなくて、

今井通子:
うん

相談者:
で、返したんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
間もなく、

今井通子:
うん

相談者:
旦那から、

今井通子:

相談者:
婿さんから電話がきて、

今井通子:
うん

相談者:
あの、娘が?

今井通子:
うん

相談者:
「あのお、金融会社か、6社ぐらいから、」

今井通子:
うん

相談者:
「400万ぐらい借りてる」って。

今井通子:
うーん

相談者:
「そ、それで、話したいので、」

今井通子:
うん

相談者:
「こっちに来てほしい」って、

今井通子:
うん

相談者:
言われまして、

今井通子:
うん

相談者:
急いで行ったんです。

今井通子:
はい

相談者:
そして・・話し合ったんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
あのお・・「何で、何に使ったの?」って言っても、これといってはっきりしてないので、

今井通子:
うん

相談者:
「きっと払えなくて段々、増えてったんではないのかな?」と思いました。

今井通子:
うん

相談者:
でもお、婿さん達は、「実家に仕送りしてたんでないか?」って、私らに責めました。

今井通子:
うん

相談者:
「親なんだから、何とかしてほしい」と。

今井通子:
うん

相談者:
でも、私達に余裕ある生活じゃなかったので、

今井通子:
うん

相談者:
「お金はないので出せないし、」

今井通子:
うん

相談者:
「嫁に出した、娘だから、」

今井通子:
うん

相談者:
「結婚してからのことだから、」

今井通子:
うん

相談者:
「そちらで何とか、してもらえないだろうか?」と頼みましたが、

今井通子:
うん

相談者:
姑さんに、「死んででも払うべきじゃないか?」と言われ、

今井通子:
うん

相談者:
話し合いにならず、

今井通子:
うん

相談者:
夜行で帰ってきました。

今井通子:
うん

相談者:
で、次の日?娘より電話で、

今井通子:
うん

相談者:
「これからは、」

今井通子:
うん

相談者:
「電話も、」

今井通子:
うん

相談者:
「家にも、」

今井通子:
うん

相談者:
「来ないでほしい」って。

今井通子:
うん

相談者:
それで、私は、「何もしてあげられなくてごめんね」って。

今井通子:
うん

相談者:
「でもお、家(うち)にはいつでも来てくれて良いし、」

今井通子:
うん

相談者:
「電話、もしてくれても良いからね」って。

今井通子:
うん

相談者:
それで、終わったんです。

今井通子:
うん

相談者:
で、私の頭の中から離れることはないのですが、

今井通子:
うん

相談者:
娘にその気があれば、

今井通子:
うん

相談者:
電話掛けてくれるだろうと、今日まで?

今井通子:
うん

相談者:
待ってるし、とこなんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
あの、なん、どうしていいのか?分からなくて。

今井通子:
ええ

相談者:
探してでも会うべきか?
娘のために、そおっとしておいた方がいいのか?

今井通子:
うーん

相談者:
分からなくて、電話しました。

今井通子:
この、あの、転勤になった時の、

相談者:
はい

今井通子:
あのお、ご住所。

相談者:
はい

今井通子:
そこにい、例えば今?連絡しても、

相談者:
はい

今井通子:
分かんないわけですよね?

相談者:
居るか居ないか分からないです、はい。

今井通子:
じゃあその、結婚されてる相手の、義理のお、親御さん、

相談者:
はい

今井通子:
そっちの方はどうなんですか?

相談者:
そことも何も、連絡は、取ってないです。

今井通子:
うーん。
そうすると、妹さん、だっけ?もう1人。

相談者:
はい、はい

今井通子:
妹さんの方は?お姉さんと連絡取ったりしてない?

相談者:
いや、時々私、ナゾ掛けて、

今井通子:
うん

相談者:
「あの、今頃、姉ちゃんどうして、どこにいるのかなあ?」って、

今井通子:
うん

相談者:
「あの、同級生に?」

今井通子:
うん

相談者:
「クラス会の、連絡あるんだけど、住所聞かれたけど『分かんない』って、言ったんだ」って言ったら、

今井通子:
うん

相談者:
娘が、「どこで何してるのかね?」って言うだけで。

今井通子:
うーん

相談者:
うん、はっきり・・

今井通子:
じゃ、妹さんもよく分かってないっていうことですね?

相談者:
と、思うんです。

今井通子:
なあるほど。

相談者:
はい

今井通子:
でえ、その、お嬢さんに、例えば、賭け事をやるとかっていう、趣味ありました?

相談者:
いえ、全然、何もないです。
あ、

今井通子:
で・・

相談者:
高校、卒業するまで家(うち)に居たんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
それから、あのお、その、遠い方に、

今井通子:
うん

相談者:
就職したもんですから。
で、職場結婚で、

今井通子:
うん

相談者:
一緒になったんですね、向こうでね。

今井通子:
うん

相談者:
で、結婚式も、

今井通子:
うん

相談者:
2人で、あのお、海外に行って、

今井通子:
うん

相談者:
挙げてきたので、両親(りょうおや)は行ってないんです。

今井通子:
でもお、あれですね。
海外で、2人で結婚式やるって、そんなにじゃあ、お金に困ってるわけでは無かったよね?

相談者:
だから、うす、生活費、大してもらってなくて、

今井通子:
うーん

相談者:
大きいことや、あの、使ってたのかな?とか。

今井通子:
で、その後なんか、離婚届出したとか、そういう話もないんですか?

相談者:
あ、そんな話は聞いてないです。
「もし、そうなれば、何とか頼ってえ、帰ってくるだろうかな」と思ってたんですけど。

今井通子:
うーん

相談者:
はい

今井通子:
じゃあ、そうすると、今日のお話は?

相談者:
あの、現在どうしているのか?

今井通子:
はい

相談者:
知りたいし、

今井通子:
うん

相談者:
連絡取りたいんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
娘のためには、

今井通子:
うん

相談者:
こ、あのお、探さないでそおっとしといたほうが、良いのかな?とか。

今井通子:
うん

相談者:
私さえ我慢すれば・・

今井通子:
で、それを、で、連絡を、探した方が良いのか?それとも、

相談者:
はい

今井通子:
そっとした方が良いのか?っていうことが、お聞きになりたいっていうことですか?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
今日はですね、三石メソード主催で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますで、伺ってみたいと思います。
先生よろしくお願い致します。

相談者:
あ・・

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。