【KBC限定】私のどこがナルシストですか?ナルシストの母に怒りがわく女53歳がソックリ


テレフォン人生相談 2016年4月7日木曜日
【KBC(九州朝日放送)ラジオ限定放送】

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 最上雄基(心理療法研究)

相談者: 女53歳 夫59歳 娘二人(22と19)と4人暮らし 実母 弟

今日の一言: 自己陶酔していながら心の底は孤独と恐怖。自分に囚われているけれども他人に無関心。ナルシストといいます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい。
最初に、年齢を教えてください。

相談者:
53歳です。

加藤諦三:
53歳。
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
59。

加藤諦三:
59。
お子さんは?

相談者:
えっとお、女の子2人で22歳と19歳です。

加藤諦三:
今、4人で暮らしてんですか?

相談者:
はい、そうです、はい。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでどんな相談ですか?

相談者:
えーとお、私の実母とのことなんですけれども。

加藤諦三:
はい

相談者:
もう大分前からなんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、会って話をすると、もう、凶暴な怒りが沸きだしてきて(笑)

加藤諦三:
あなたの方がお母さんに怒りを表現・・

相談者:
はい、そうです、はい、はい

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
子育て中そうでもなかったんですね。
子供のことを話したりとかして、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、あのお、話題が結構、過去のことに及ぶ、とお、それが引き金になるって言いますか。

加藤諦三:
うん、うん

相談者:
す、ちょっと悩んでおります。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、小さい頃、から、抱いてもらったり笑いかけてもらったり、した覚えがなくって、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、凄い寂しい、かったんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、不安の中で、育ってきまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、母がいつもその、怒ってるんですね、私から見ると、母がいつも。

加藤諦三:
あああ、はいはい

相談者:
で、あのお、私の、ことを話しかけても、見てもくれない。
それどころじゃないっていう感じで怒ってて、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、弟はもう、思いっきり母の膝の上に乗って甘えて、

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
もう、「今日はこんなことがあった、あんなことがあったり」って。
で、私は全然そんなことしてもらったことないし。

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
で、あの、大人になって、「あんたは大人しくて何にも言わなかった、大人しい子だった」って。

加藤諦三:
うん

相談者:
それを今言われると、すっごい腹が立ってくる。

加藤諦三:
腹立つよねえ?

相談者:
で、何度も言われたのがその、「あんたは恐ろしい子だ」っていう風に言われるんですね。

加藤諦三:
はいはいはい、はいはい

相談者:
で、そういう風にあの、怒鳴ったりとか。
で、まあ、あの、物心ついた時からあ、その、無視されてきたっていうのが寂しかったので、

加藤諦三:
はいはい

相談者:
あのお、感情が爆発する時があってえ、なんか、女の子が激しい感情を、表すの嫌う、人で、まあ、それは昔の、

加藤諦三:
うん

相談者:
人だったんですが。

加藤諦三:
うん

相談者:
私に対してそういう態度、それから弟に対しては手のひらを返したみたいに、その、親身になって。

加藤諦三:
ええ、そうなんですよねえ。

相談者:
ん、そういう二面性、みたいなのが、ありまして。

加藤諦三:
全く違った態度をとるわけでしょ?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
で、人に対してもそうで、

加藤諦三:
うん

相談者:
ものすっごく人当たりが良くって、

加藤諦三:
うん

相談者:
「人気者である」と、自分が。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、小さい頃から、聞かされた、事といえば、そんなことばっかりで、私の話を聞いてくれないのに、自分の話ばっかりするんです。

加藤諦三:
ああ、そうですね。

相談者:
で、私の人生とリンクするぐらい母の、エピソードは、耳にタコが出来るぐらい?

加藤諦三:
はい

相談者:
それこそ、異常だと思うんですが、聞かされてきたので、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんか、一生のような感じになっ、てしまって、それもなんか・・

加藤諦三:
んで、まあ、あのお、お母さんは結構体裁を気にして?

相談者:
はい、あの、そうですねえ。

加藤諦三:
そうですよね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
あのお、注目はされたいけど、また、人は自分のことをどう思ってるか?を物凄く気にするし。

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん

相談者:
ていうか、そればっかりで、で、私も・・

加藤諦三:
うん、もう、そう、だから、要するに、人に褒められると凄く嬉しいわけですよ。

相談者:
あ、そうですね。
ですから今も、私が行って、

加藤諦三:
うん

相談者:
「ほんとにママはもう、苦労、した中でね」、

加藤諦三:
うん

相談者:
全然、私は母が苦労したとは思ってないんですが、なん、あの、苦労した中で・・

加藤諦三:
うん、や、いやいや、苦労してる、苦労したんですよ。
普通の感覚からすると全く苦労してないんだけど、本人は、苦労・・

相談者:
そうです!そうなんです!
それで私がそれを認めて、「偉かったわねえ」

加藤諦三:
ああ、そうそうそう、

相談者:
って、あのお・・

加藤諦三:
効くでしょ?その言葉(笑)

相談者:
そうなんです。
そう言ってくれえ、ると、凄く、喜ぶ。

加藤諦三:
喜ぶんですよねえ。

相談者:
そ、それも・・

加藤諦三:
も、手に取るように分かります。

相談者:
で、あのお、ん、何ていいますか、その・・で、変な時に家を買ったりしたんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、あのお、計画的ではなかったものですから、ずうっとその、経済的なことを、言い続けてまして、で、それはあ、ためにかどうか?分かんないんですけども、父がちょっと神経を病みました。
晩年なんですが。

加藤諦三:
はい

相談者:
ああ、それで、その、時、あのお、母は、「私はこんなに苦労して良いことしてるのに、」

加藤諦三:
うん

相談者:
「病気になるなんて、」

加藤諦三:
うん

相談者:
「なんって酷い、人なんだ」と、

加藤諦三:
うん

相談者:
「私に、これ以上苦労掛けてどうするつもりだ?」って、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、父に対してえ、ちょっとこういう言い方は変かもしれないんですけど、虐待めいた言葉とか、その、態度が、あったんですね。

加藤諦三:
だって、お父さんって、夫から、

相談者:
はい

加藤諦三:
もう無条件で、無制限に愛されたいと思ってる訳だから、

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
だ、無条件に無制限に、自分を愛せない、夫お、に対する、それは憎しみは当然出ますよ。

相談者:
そうなんです。
◆#$%□&・・

加藤諦三:
うん、だ、あなたも、お母さんにそれほど、あの、関心がなかったからね?
怖かったけど。

相談者:
え、怖かったんです。
そうです。

加藤諦三:
こわか、あのね、お母さんから愛されたいと思ったけど、

相談者:
ええ

加藤諦三:
お母さん自身にあなたも関心がないんですよ。

相談者:
ああ、そうですかね?

加藤諦三:
うん。
お母さん自身に対する関心があったら、

相談者:
ええ

加藤諦三:
「あ、この人ナルシストで、」

相談者:
ええ

加藤諦三:
「誰も人のこと愛してない」、とかな・・

相談者:
あ、先生、でも、あの、最近それに気が付いたんです。

加藤諦三:
関心が出てきたからね。

相談者:
はい、はい、はい、そうです。
あの・・

加藤諦三:
で、お母さん自身は、

相談者:
ええ

加藤諦三:
他者に対する関心は、全くないです。

相談者:
あ、そうです、そう思います。
で、そういう、親に対して、

加藤諦三:
うん

相談者:
どうしたらいい?っていうか(笑)

加藤諦三:
どうしたらいい?って、あなた自身も、自分、は愛されなくて欲求不満だと。

相談者:
あはい

加藤諦三:
それ分かってるわけですよね?

相談者:
あはいはいはい

加藤諦三:
でえ、母親が自分に甘えていて、

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
自分は母親に甘えられなかったと。

相談者:
あ、そうなんです。

加藤諦三:
弟は可愛がられて、

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
私は無視されたと。

相談者:
はい

加藤諦三:
全部分かってるわけですよね?

相談者:
はい。
あのお、母は、私のことは、もう、「とても、とっても可愛がった」っていう、断言するんです。

加藤諦三:
あ、そうですよ。
もう、そうですよ。

相談者:
「こんなに可愛がってやったのに、」

加藤諦三:
そう、そ、こんなにかわい・・

相談者:
「何て恐ろしいことを言うの!」

加藤諦三:
そうそうそう、恐ろしいですよ。
もう、自己陶酔してるわけですから。

相談者:
ええ、ええ、ええ、ええ

加藤諦三:
こんな、立派な、母親っていうことに、もう、陶酔してるわけですから。

相談者:
ええ、そうなんです。

加藤諦三:
うん、それなのにあなたが、こんなことやったら、「何てこの子は酷い子供だ」と思いますよ。

相談者:
ええ、それで、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、段々・・

加藤諦三:
こ、こういうのは、あの、典型的な、もう、手に取るように分かるナルシストなんですよね。

相談者:
はい

加藤諦三:
でえー、こんなに素晴らしい母親、と本人は自己陶酔してますけども、

相談者:
はい

加藤諦三:
心の底は、ものすっごい孤独と、恐怖感です。

相談者:
ええ、ええ、ええ、ええ

加藤諦三:
だから褒められると猛烈に嬉しいの。

相談者:
はいはいはい

加藤諦三:
批判されるともう、ひっくり返っちゃうの。

相談者:
ええ、そうなんです。

加藤諦三:
うーん

相談者:
それで大喧嘩になるんです。

加藤諦三:
うん、そう、そりゃ大喧嘩になるでしょうね。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日は幸いですね。

相談者:
ええ

加藤諦三:
あのお、心理療法研究の、最上雄基先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご意見を伺ってください。

相談者:
ありがとうございます

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。