離婚時の言葉を真に受けて元妻の外泊をチェックする51歳の男が大迫砲に沈む


テレフォン人生相談 2016年4月13日 水曜日

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 3年前に離婚した男51歳 実家で暮らす元妻36歳 二人の子ども(男5歳 女4歳)の親権は妻

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?
テレフォン人生相談です。
よろしくお願いします。

相談者:
はい、よろしくお願いしますう

ドリアン助川:
え、今日はどんなご相談でしょうか?

相談者:
えっとお、前の女房のことで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
相談したいなと思いまして

ドリアン助川:
はい

相談者:
3年前に、離婚してるんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、止むを得ず、離婚したわけなんですが、

ドリアン助川:
止むを得ず?

相談者:
あのお、ある事情がありまして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、それでえ、ま、形(かたち)上、「離婚届け出しに行こう」っていう話になってえ、で、まあ、子どものことなんですけどお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
まだ小っちゃいので、「もう少し、手が掛からなくなったら、また一緒になろうね」、ていう話だったんですよ。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、そしてなんかあ、ここ最近・・ちょっと様子が変だなあ、と思いまして、で、ちょっとお、夜遊びも、ヒドイんじゃないかなあ、と思いまして、子どもたちい、ほっぽり投げて、そういうふうにしてんだったら、ちょっと子どもが可愛そうだな、と思いまして・・

ドリアン助川:
は、は、は、は

相談者:
だったら引き取ろうかなあ、みたいな・・

ドリアン助川:
まず、あなた様はおいくつでしょう?

相談者:
51です

ドリアン助川:
51歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
奥様は?

相談者:
36です

ドリアン助川:
36歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
最初の結婚だったんですか?

相談者:
いや、自・・あ、お互いに2回目です。

ドリアン助川:
で、2回目の家庭であなたは、お子さんを何人、作られたんですか?

相談者:
二人です。

ドリアン助川:
二人

相談者:
はい

ドリアン助川:
息子さん?お嬢さん?

相談者:
えっとお、上が男で、下があ、女です。

ドリアン助川:
今、何歳なんですか?

相談者:
上が5歳、で、下が4歳です

ドリアン助川:
下が4歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
3年前にある事情で、え、離婚届を出されたと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
このある事情っていうのは、どういうことなのか、

相談者:
はい

ドリアン助川:
教えてください

相談者:
えっとお、結婚して途中から、むこうの親と同居お、することになりまして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、同居したんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、ちょっとある日、父親と自分がぶつかってしまって、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
まあ、色々、口論になった上、

ドリアン助川:
はい

相談者:
父親が、
「じゃ、お前たちもう、離婚しちゃえ」・・
の一言で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、女房の方が、「じゃ、離婚しよう」って話になってえ、

ドリアン助川:
はあ・・
何があったんですか?

相談者:
いや、まあ・・ちょっと自分があ、仕事お、から帰ってくるのが早いもんで、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
3時、4時ぐらいに、

ドリアン助川:
はい

相談者:
だいたい家に帰ってくるんですけどお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、もお、夕方暇なら、もっとお、アルバイトでもして、ちょ、もうちょっと稼いできてくんないか?みたいな、話になってえ、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
んん、とはいってもお、結局う、起きて出勤するのがあ、夜中起きてえ、2時とか3時に会社に出勤するもんでえ、

ドリアン助川:
あ、随分早いお仕事なんですね

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんでえ、寝るのも、8時とかあ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そんなんで、もお、寝てえ、で、夜中起きて仕事行くっていう形の仕事だったんでえ・・

ドリアン助川:
日が昇る前にはもう、職場に行くと。

相談者:
はあい

ドリアン助川:
ということはもう、目一杯働いても、3時、4時には帰ってくるのは当然だということですね。

相談者:
はい・・

ドリアン助川:
うん・・

相談者:
でえ、少し落ち着いた頃に、色々話した結果、とりあえず離婚届とか出しに行ってえ、子どもたちの手が掛からなくなったらあ、また一緒になろうよ、って話だったんですよ。

ドリアン助川:
うーん・・

相談者:
うん・・で、それで、「分った」ってなってえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、養育費とかも10万づつう、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それからもうずうっと、あのお、振込みしててえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、それ、信じて(?)きたんですけどお、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ここんところ・・様子が・・あまりにもおかしく、

ドリアン助川:
結っ、うん

相談者:
もう、あなたとは復縁する気もないしい、

ドリアン助川:
うん・・

相談者:
子どもたちとも会わせる気ない・・とか、◆#$%・・

ドリアン助川:
うん・・

相談者:
ま、ずっとお、女房の言葉を信じてえ、一応、頑張ってきたつもりだったんで・・

ドリアン助川:
うん、むこうのお父さんの言いなりになるしかなかったんですかねえ。

相談者:
普通でしたら、あの、女房も、たぶん旦那の方について来るとは思うんですがあ、

ドリアン助川:
ま、子どもいるわけですから、

相談者:
はい

ドリアン助川:
「だったら、わたしたち出ます」ということになりますよね?

相談者:
はい、そうなんです、あの、父親に言ったんですけどお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
女房の方が嫌だとか言ってえ・・

ドリアン助川:
ふうん・・

相談者:
ていうのは、あのお、仕事をし始めたあ、ばかりで、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
「仕事したら子ども看る人いないから」、みたいな感じで、そしたら親が「わたしたち看るから」って、そういう、ちょっと、甘いような考え・・だったんですね。

ドリアン助川:
あー、奥さんも仕事をし出した、ところで、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたと奥さんが家からいなくなっちゃったら、もう子ども二人、親に頼るしかないと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
うん

相談者:
それじゃ、あの、「子どもたちが手が掛からなくなってきたらあ、また一緒になろう」って話しだったんです・・

ドリアン助川:
うん・・

相談者:
はい・・

ドリアン助川:
で、えー、今そのお・・前の奥さんのそのお、生活というか、あなたがおかしいというのはどういう点ですか?

相談者:
なんかあ、態度があ、急変って言ったらいいか・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
一ヶ月う、ほど前にもお、「会える?」って言ったらあ、「もう仕事中なんだから、『会う』とかそういうこと言わないでよ!」

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
突然、言われたもんで、
「あれ何か、おかしいな?」
「あれ、もしかしたら、誰かいるのかな?」
みたいな。

ドリアン助川:
ああ

相談者:
そしてえ、なんか、あのお、ある日に、子どもの夢を見たんですよ。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
朝方

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、起きて、「アレ?、なんか嫌な予感する」と思ってえ、自宅に行ってみたところ、車が、朝方なかったと。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、次の週も、もしかしたらと思いまして行ったらあ、やっぱり、夜う、からあ、朝にかけて、も、車がないんですよ。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、子どもお、に電話したところ、「ママは?」って言ったら、「お仕事」

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、親に代わってもらったところ、「仕事行ってるよ」って言うから、
「そういうあれだったら、子ども可愛そうだから引き取りますよ」って◆#$%

ドリアン助川:
と、いうことを話したんですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
そしたら、あのお、「本人に話しとくから」ってなってえ、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で、結局う、本人とも、メールのやり取りだけしか出来ないんですけどお、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
「話しい、◆#$%あるから、会って話したい」って言っても、
「もう、一切会う気はない」

ドリアン助川:
うーん・・

相談者:
で、話に全然、ならないんですね。

ドリアン助川:
あなたとしてはあ、本来、元の約束どおり、

相談者:
はい

ドリアン助川:
いつかまたタイミングを見て、

相談者:
はい

ドリアン助川:
よりを戻して、一緒に暮らしたいという思いがあるわけですね?

相談者:
出来ることなら4人で一緒に住みたいんですよ。

ドリアン助川:
はい

相談者:
でもお、「どうしても」って言うんだったら、もう、今の状況を見れば、どうしても子どもたちがあ、子どもたちをほっぽって置くわけにはいかないんでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
もう最終的には、もう、自分が引き取ろうかな・・

ドリアン助川:
分りました。
えー、今日の回答者の先生紹介します。
弁護士の大迫恵美子先生です、よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


離婚時の言葉を真に受けて元妻の外泊をチェックする51歳の男が大迫砲に沈む」への1件のフィードバック

  1. 小心者でボンクラのエゴイスト。
    ホームレスに多い性格だが、相談者は養育費を払えるほどには収入があるのでホームレスは免れるだろう。今回の相談みたいにエゴに塗れた欲を掻かなければ。
    「子供に手がかからなくなったら一緒になろう」と「子供を引き取る」が論理的に破綻していることに気が付かないボンクラだけど、そこそこ仕事はできているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。